オビシメ

写真:オビシメ

 1993年に新種として記載された、小笠原周辺にのみ生息する日本固有種です。
GAOにいる個体はまだ小さく、体色が黄色いメスの個体ですが成長するとオスに性転換することが知られています。オスは頭がコブのように出っ張り、青い体色に黄色い一帯の模様ができます。この帯の模様から「オビシメ」という名がつきました。