ハタハタ

写真:ハタハタ

水深200m〜300m付近に生息し、産卵の時期、11月後半から12月に浅い沿岸に移動してきます。
秋田県の魚に指定されており、古くから保存食として秋田の食文化にかかわりのある魚です。
1年を通じて飼育展示をしているのは国内では当館のみです。