• Home
  • GAOの生き物たち

GAOの生き物たち

GAOの生き物たちをちょっとだけ紹介します。
GAOには400種1万点の生き物がいます。
写真と文章だけでは魅力を語りつくせないので、ぜひ会いに来てくださいね!

男鹿の海大水槽

春から夏の男鹿の海を再現しています。水量800tの水槽には約40種2000匹もの生き物を展示しています。GAO最大、大迫力の水槽です。

日本の海水魚コーナー

食卓でもおなじみの魚や地元秋田で獲れる魚など、日本海に生息している生き物を主に展示しています。

秋田の川コーナー

自然豊かな秋田の森にすむ魚たちと田畑が育む湖沼にすむ魚たちを多数展示しています。絶滅危惧種にも指定されている希少種なども展示しています。

サンゴコーナー

日の当たる明るいサンゴ礁に生きる鮮やかな魚をはじめ、水深100m以深の世界に住むちょっと変わった魚を展示しています。

アマゾンコーナー

世界最大の淡水魚として知られるピラルクや大型のナマズの仲間、美しい熱帯魚、アマゾン川流域に生息する多種多様な生き物を展示しています。

ホッキョクグマ

ホッキョクグマは陸上最大の肉食獣です。当館ではオスの豪太とメスのクルミを飼育展示しています。                              2012年12月4日、クルミがメスの赤ちゃんを出産しました。 名前は多数の応募の中から「ミルク」に決まりました。 ミルクは2014年1月30日に釧路動物園へ移動しました。 (オスの豪太は別の展示場にて展示しています。) 【エサの時間】 豪太◆12:00〜

ペンギン

GAOでは2種類のペンギンを飼育展示しています。展示場では毎年ヒナが誕生しています。 【エサの時間 ◆10:30〜 ◆15:30〜】 ☆イワトビペンギンは3月に産卵、4月にヒナが孵化します。ジェンツーペンギンは5月に産卵、6月にヒナが孵化します。繁殖時期には展示場からかわいいヒナの鳴き声が聞こえてきます。

クラゲコーナー

GAO付近で採集できるクラゲをはじめ、四季折々のクラゲを展示しています。ふわふわと水中を漂うクラゲを見ていると、時間を忘れてしまいそうです。

ハタハタ(ハタハタ博物館)

秋田県の魚「ハタハタ」に特化した展示エリア。 ハタハタの知られざる生態や秋田に根付いている食文化、漁の歴史について詳しく知ることができます。

タッチプール

磯に生息する生き物たちに触れる事ができます。 触って、学んで、楽しめるコーナーです。

アザラシ・アシカ(ひれあし's館)