‘ペンギン’ カテゴリーのアーカイブ

おおきくなりました

2020年09月06日 (日)10:57




ジェンピーどーこだ。

正解は。





右の背中です。

というわけで・・・






あっという間に大きくなりました!
大きさはすでにイワトビを追い越しちゃってますね。
ヒナ特有のふわふわ羽根もほとんど抜けてます。
今年のジェンピー、ちょっと早いかもですが





ヒトの手からおさかなごっくん練習を始めたとのことで
見に来たのです。

じたばたするかな~ と思いきや・・・






あれっ?!





ごっくん。






ふっ・・・。

ご覧のように、積極的ではないですが






クチバシにうまく挟まれば






するんと飲み込めるようです。






ほお、食べれるようになりましたか。
(親じゃないギャラリー)





孵化したての時は、例年よりも体重が軽いのではと心配もされていましたが
順調に成長してくれて、よかったよかった。


これは初泳ぎも近そうですね!






太陽の塔ごっこ。






写真撮っていたら換羽中の大人がダッシュで近寄ってきて
なんか怖かった。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン, 未分類 |投稿者: | コメント (1)

冒険はじめました

2020年08月15日 (土)14:08

展示場の中には
何か所かカメラが付いているところがあり

ペンギン展示場にもあって、展示場から離れたところでも
観察できます。

通りすがりにふと見てみたらば






・・・ん?
(画面右に注目)






ヒナヒナヒナヒナ!
巣から出てきちゃってるよ!


というわけで、7月13日に孵化したジェンピー(ジェンツーペンギンのヒナ)は
巣からよちよちあるいてお散歩しはじめました!

ついに観覧側からふつーに見えるようになりましたよ~。

しかしだ。






何ですかこのりりしさ。
親はどこだ。






いやいや、






そこはキミの巣じゃないんだが・・・


展示場内に入ってみると






すっかり大きくなりました!
しかしまだまだヒナちゃん。このふわふわの羽根では
泳ぐことができません。
野生では、泳げなければエサを採ることができません。
ですので、ずいぶん大きくなってもまだまだ「ヒナ」なのです。
親からエサをもらいます。



飼育下では限られたスペースに親子がいますので
親と同じような大きさになってもしばらくはエサをねだり続けます。


この時はちょうどエサのじかんで、親が
ヒナにエサを与えていました。

ヒナはお腹がすくと




ピイピイ鳴きながら小刻みに親のクチバシをつつきます。
それが合図なのか、






親は自分が一度食べたエサを吐き戻してヒナに与えます。


このくらいの体の大きさ・クチバシの大きさになると、親は自分が食べた直後、
魚そのまんまヒナにエサを与えるようです。ヒナも特に問題なく
まるのみしていきます。





↑証拠写真。
(親と子のタイミングが合わなかったんだと思います)


これ見ると、ヒトが与えるエサの魚が一度親ペンギンの胃袋を経由する意味
あるのだろうかと毎年思います。


もう手からとって食べればいいのに・・・。。



ヒナが小さいころは、丸のまんまのおさかなを飲み込むとは
できませんので、胃で消化してドロドロの流動食を与えます。
しかしヒナの成長につれて、ヒナも要求量が多くなってくるので
エサを食べては与えての繰り返しになります。
そうなってくると、ほぼ消化もされない胃袋に貯蔵された
魚をヒナに与えることになるのです。
野生ではオキアミなどの甲殻類も食べ貯めします。


今年のジェンピー、展示場の中をけっこうお散歩していますので






大きさ的にはイワトビサイズのふわふわペンギンを探してみてくださいね!




※このサイトの画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

本日のジェンピー

2020年07月24日 (金)13:19

今日はタイミングよく
7月13日に孵化したジェンツーペンギンの
ヒナ「ジェンピー」の体重測定をみせてもらいましたよ♪

孵化した体重はちょっと軽めだったとのことですが




順調に大きくなっております。

一番最初の写真が




これでしたので、ちなみに使っているボウルも
同じなので、成長度合いは一目瞭然ですね・・・




ドアップ撮影だって動じません。

突然ですが、ペンギンの耳って・・・
意識したことあります?

顔の両側についていることは間違いないとは思いつつも
明確に「これが耳です」って、なかなかわからないですよね。


実は・・・ジェンピー時代の時がいちばんわかりやすいんです。

目のななめ下、







これです!
他の種類のペンギンでも、ヒナの時というか
ヒナ特有の羽根(幼綿羽)の時代は耳の切り込みがわかります。
成長すると、




わかりにくいです。

ただ、言われてみると
なんとな~~くへこんでるかな~~って部分がありますので
探してみてください。

ささ、それではジェンピーを親元に返しましょう。





おなかをぐぐっと持ち上げて




ささっと足の間にヒナを戻します。


ヒナがいない間どうしているの?と聞かれますが
そのまんまです。代わりのものを入れておいたりはしません。

体重測定は数分で済みますが、その程であれば
親はヒナを抱いたままの姿勢を維持しています。
長い時間離していれば、親も巣から離れてしまうと思いますが。

また、ここのペアは経験者同士ですので、初めての子育てとか
不安定な要素がある場合は代わりのものを入れておいた方が
良いかもしれませんね。
いずれにせよ、みなさん優秀です。




親ジェンツーの足元にうまくはまりましたね。



と思ったら





ちょっと待てー!





ヒナヒナヒナヒナ!!!
なんか危ない体勢になってるって!!!!





気づいたパパ。





自らポジショニングをする子。





何か?


パパが大雑把パターンなのかしら、このペア。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (2)

銀のもふけつ

2020年07月20日 (月)11:20

先に、他のSNSでお伝えしていますが
7月13日の開館日にジェンツーペンギンのヒナが孵化しました~。


1週間ほど経ってしまいましたが、ジェンピー(GAOで孵化する
ジェンツーペンギンのヒナのこと)ちゃんと成長しております。


12日、





ヒナが卵の殻を割る「ハシウチ」が確認され、
13日無事に卵から出てきたとのこと。

最初の体重測定時の写真が





こちら!
相変わらずかわいいですね~ジェンピーは~。

体重測定はヒナがちゃんと親からエサをもらえているか、
成長できているかを確認するため重要な作業です。

初日は線が細くてなんか心配なんですよね・・・


さてそれでは自分は自分の目でジェンピー2020を見ていないので
ペンギン展示場へ行ってみましょう!









15分待ちましたが
親のガードが堅い。

今回の親ペンギン、オスが「じぇじぇ」。島根県の水族館、
しまね海洋館アクアスで産まれてGAOにやってきました。
そしてメスがバンド茶+赤色の「グランピー」です。
このペア、恒例のペア名をささっと考えるとなんと
「ジェンピー」なんですよ!!
このネタ過去にも出しているとおり、ジェンピーペアは初めての子育て
ではないので、何事もなければまあ育ててくれるんだろうと
思っていたのですが・・・






巣を作った場所がこれまた・・・

最近、ペンギン展示場では個体数が増えてきており
強い個体から巣を決めていきます。

また、新しいペアの組み合わせもできてきたりで(キタイワトビも)
巣の位置が変わったりしています。

今年、無事孵化したのはこの1羽のみでした。
開館から16年経過して、それまで繁殖を担っていた
個体の高齢化、個体数の増加からくる密度の変化、
若い個体が台頭してきたりと、世代が移っていく過渡期なのかも
しれません。

にしてもじぇじぇ君、ぜんっぜん動かない。
今までなら待ってれば結構ちょっとお腹持ち上げて
くれたりしたんだけどな~。。




相方のグランピーちゃんが帰ってきました。

ヒナだっこ係交代するかな?と思ったのですが・・・
(その瞬間なら確実にヒナを見れるので)





小石を選んで









巣にぽとん。





またも小石を選んで







巣に・・・

何をしているかというと、巣材である小石を
ヒナが孵化したあとも追加しているんです。

こうしていくと、どんどん巣が高くなっていきながら
ヒナをあたためている場所がすり鉢状になっていくようなんです。
今はまったくわかりませんが、ヒナだっこ係のおなかの下は
全くぬれていません。乾いています。

巣がすり鉢状になっていくと、ヒナが巣からころげおちる
確率はとても低くなります。
ヒナをだっこしていない間も、こうしてサポートするわけですね~。


とか思いながら眺めてたら





なんか背後から圧を感じる・・・何もしないって・・





ガードされました。

結局、この日自分が見れたのは





わずかな銀のもふけつ。

というわけで、必殺お願い担当者!









無事、大きくなっているとのことです。

今回の巣、残念ながら観覧側からは
ひじょ~~に見えにくい位置にあるので
銀のジェンピーは見ることができないのですが

そのうちふわふわのジェンピーが展示場内を
駆け回ると思います!




【お知らせ】
7月23日~26日、GAOの営業時間は9時~17時となります。
入館は16時まで可能です。

4連休ということもあり、ある程度の混雑が予想されますので
ご来館の際には皆様にご協力いただければと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。



★ジェンピーが卵の殻から出てくる様子を動画で公開しています★






※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

 

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (2)

11月30日のさんぽんず

2019年12月02日 (月)17:53

12時、タッチプールを過ぎたあたり
外のデッキに出るところに


 この
張り紙があったら、今日はお散歩♪

11月30日はお日柄もよく、気温もちょうどよかったので
ジェンツーペンギン「ぽんず」のお散歩、「さんぽんず」できました♪

ペンギンの散歩・・・というと、
「こっちだよ~」と、ある程度ヒトが誘導してよちよちペンギンが
ついていく・・・のを、想像しませんか?


GAOのジェンツー散歩「さんぽんず」は違う。


 なぜか
ヒトが誘導されるパターン。



 ぽんずも
ぽんずで、後ろとか全く気にしないんです。



 一緒に
デッキを走り回るぽんず。



 たまに
爆走。



 ヒトが
いようがいまいが、



 関係
ないんでしょうね・・・。


ぽんず本人ならぬ本ペンも、けっこう楽しそうに見えます。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

危機感&さんぽんず

2019年11月29日 (金)14:20

11月29日。

冷え込みましたね。
雪も降りましたね。

雪が積もるまではいかないのですが・・・
そんな日でもご来館、ありがとうございます。

こうなってくると・・・
特にこの時期の平日

 駐車場
がらーん。。
危機感。どうしよう。うち大丈夫かな。


いいですか皆様!
GAOは1月15日までは毎日営業しております。
(※1月27日~31日はメンテナンスのため休館、
1月16日~2月いっぱいは木曜日休館)
年末年始も元気に営業しております!!

特に平日、

 トン吉
大接近ほぼ独り占め。



 アザラシだって
勝手に外出てきちゃうし。めっちゃ近くで見れますよ!!

最近、もう1種、外出する生き物が増えました。



 あれっ?!


うちのジェンツーが、外にいる。


 はいはい、
あんまりひとりで行っちゃだめだよ~。

そうなんです、最近ジェンツーペンギンの「ぽんず」(メス)を
散歩させています。

場所は

 外が
見渡せる2階のデッキです。

いきなり連れてくるとびっくりしてしまいますので、
展示場から連れてきて少しずつ時間を伸ばしていきます。

最近では

 フリーに
走り回っています。



 お客さんが
いても
「あたしを見て!」的にジェンツーウォーク。


 さて、
ここまで連れてくるとき及び帰るとき。どうしているのかというと・・・

GAOの施設上、展示場からここまでがドアでつながっていません。
抱えて連れてくるなんてこともできません。
じたばたしちゃって、さらにいつもと違う場所に
連れてこられた!なんてなっちゃったらパニックなんてもんじゃ
ありません。

そこで。

 こちら!
ぽんず、なんと自らこのケージに入るというのですよ!

ペンギンのサイズなら抱えて入れられるでしょ?とも思いますが
(もちろんそれもできますが)
無理やり入れられたりというのは基本的に嫌なもの。

自然に入って、中で落ち着いて、お散歩スペースでも
安心して出てきてくれないと困るのです。

そのため、以前からペンギン展示場に
 ケージを
おいて、でも特にだれかを入れようとするでもなく
いつでも入れるようにしておき



 ぽんずが
よく入るようになったということで、お散歩メンバー1号となったのでした。
(たぶん写真はぽんずではない)


それではぽんず、そろそろ

 帰るよ~



 スルー。
こういうの、よくある~。



 付き合う
担当者。



 ぽんずの
気が向いたら、帰ろうね。



 こっちだよ。



 ひょいっと。




 無事
ハウス!



引っ越しの際にペンギンをケージに入れると
ケージの中に落ち着くまで、しばらくかかります。

入る→出る 出たあとも落ち着いている というのは
やはり練習というか、慣れが必要です。

面白がって興味津々でやってくる個体もいれば
しかしやはりこういうのを嫌う個体もいますので
そのあたりはちゃんと見極めてあげないといけないのですが

ぽんずは2018年生まれの若い個体で、もしかしたら
好奇心旺盛なのかもしれません。進んでケージに
入り、デッキをフリーダムに動き回っています。


ぽんずのさんぽ「さんぽんず」(勝手に命名)は
1日1回、12時ころを予定していますが、

条件があります。

ぽんずの機嫌はもちろんですが、外気温とペンギン展示場の気温が
ほぼ等しいときのみ行います。
展示場と外の気温差が大きいときに出入りさせて
しまうと体調を崩してしまう可能性があります。

おさんぽ可能な気温は10℃前後とのことで。
今週末(11月30日、12月1日)あたりは今のところ
さんぽんず日和ではないでしょうか。
実施するかしないか、気になる方は
当日お問い合わせください。(0185-32-2221)

 ぽんずの
ジェンツーウォーク、見れた方はラッキー♪




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, ペンギン |投稿者: | コメント (0)

2ジェンピー

2019年06月04日 (火)10:27

さかのぼりますが5月29日

 もふけつ
2羽目!
ということで、今年2羽目のジェンツーペンギンが孵化しました~。

 それにしても
相変わらずかわいいですね~銀のもふけつは。

このサイズだと、親の足元にすっぽりはまってしまうので
なかなか見ることはできないのですが
この時はラッキーでしたね、

体重測定もやるよ~とのことで

 見せてもらいました!
この子はかわいいぞ!


 まだまだ
線は細いですが


 黄色い
あんよが、ジェンツーですね。

さて、このジェンピーの親ですが
このペア、バンド色茶赤(メス)とオレンジ茶色(オス)のペアなんです。
昨年に続いてヒナの誕生です。

昨年の記事にありますように、

「じぇンピー」ペアなんですね~。
若い個体が繁殖に携わることは、うれしいことです。
婿入りしてきたじぇじぇ君、ありがとう!


一方、先にヒナが孵化したキタイワトビは

 もうすっかり
ペンギン。こちら黒ピンクの凶悪ペア。
しっかり立ってる。

 こちら
青オレンジのピーちゃんと9番のきゅーピーペア。


 で、
オレンジと灰黒の「おはぐろペア」。←※コメントから採用させて
いただきました。

3ペアのヒナとも、しっかり大きくなりました。
最近では巣の上にしっかり立っているので、観覧側からも
非常に見えやすくなりました。
黒いもふもふがいたらそれはキタイワトビのヒナです。

ジェンピーはまだ小さくて見えにくいかもしれませんが
親のおなかの下からひょこっと顔を出すこともありますので
探してみてくださいね!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, ペンギン |投稿者: | コメント (2)

令和ジェンピー

2019年05月28日 (火)19:04

5月27日、
「ジェンツーペンギンが孵化しました!」
と、ペンギン担当者が教えてくれました。

令和初めてのジェンピーですよ!
(ここではジェンツーペンギンのヒナのことを
「ジェンピー」と呼んでいるのだ!にしても
もう何年経ったかな・・・)

というわけで見せてもらいたいのですが

 まあ
そうですよね。


 見せてください
はいどーぞなんて
そんな簡単にお腹を持ち上げてくれませんよね。

今ヒナを温めているバンド色「茶黄」さん(オス)は
GAOで孵化して育ったジェンツーなんです。
で、ちゃきさんの父親もGAOで孵化したジェンツーなのですけど・・・

ちゃきさんの父親は
2010年にGAOで初めて孵化したジェンツー「ハムカツ」の
カツくん(バンド色青黄のほう)なんですよ!!

ということは・・・
カツくんがうちの2世代目。
ちゃきさん3世代目。
今回のジェンピーは4世代目ということになるのかな?!
すごいぞちゃきさん!!!
ちなみに奥さんの白赤さん、通称コーラちゃん(色から)は
GAO2世代目なんです。
GAOで孵化した個体どうしがペア組んで
また新しい命が生まれるなんていうのも、時の流れを
感じますね。


なんて考えていると

 おおっ!
ちゃきさん、見せてくれるの?!


 令和
初ジェンピーです!!
相変わらず銀灰色のふわふわした羽根がかわいいな~。


 見せて
くれたのはいいのですが・・・


 ヒナが
動かない。



 ちょっと、
大丈夫だよね?



 あ、
動いた。


 寝てたかな?









 おとーさん、
おなかすいた~。



 何とラッキー



 給餌シーン。

毎度毎度、ヒナが食べられているようにしかみえないこの画ですが
ペンギンはこのようにヒナにくちばしうつしでエサを与えます。
子育てしているペンギンはヒナにエサをあげるために
胃に食べたものをためておきます。

こんなに小さなヒナなので、孵化して数日の間は
固形の魚というよりも流動食的な、ドロドロしたものを
与えています。
哺乳類でいえば、初乳みたいなものなのでしょう。

本来であれば胃の内容物は消化されてしまいますが、
この時期のペンギンの胃の機能自体が変化し
胃の中にヒナ用のエサをためておくことができるという話を
聞いたことがあります。

ヒナがある程度

 でかくなったら
消化してから云々待ってられないので(キタイワトビ)
食べたそばからすぐにヒナに与えます。証拠に、あげたばかりの
魚が・・・。

おそらくヒナにあげようとして、クチバシからあふれたんだと思います。


 ちゃんと



 食べてるかな?
エサあげられてるかな?


ここで気付いたことがある。


 寝起き直後。



 エサ
もらってたあと。

お腹!ぽこーんとふくれているではありませんか!!

親も子もいまのところ順調そうです。


28日、別の卵でも中からヒナが出てきそうだとのことです。
頑張って殻割って出てきてほしいですね!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

今年は3羽

2019年05月24日 (金)18:33

キタイワトビペンギンのヒナの話書こうとしたら

5月7日、3羽目に孵化したヒナのことを
取り上げずにおりました・・・

というわけで、2019年は
3羽のヒナが孵化しましたよ!!

3羽目のヒナ、孵化直後は・・・

 こんなんでした。
このペア、メスが通称9番の「きゅーちゃん」、オスが「ピーちゃん」。
途中からヒトが育てたキタイワトビなんです。
いわゆる人工哺育・・・というかより詳しくいうと人工育雛(いくすう)です。

ヒトの手で育てたペンギンが、子育てするのかな?って
思ってたんですよ、正直。

成長はしたものの、それが不安でした。

そんな心配をよそに、ピーちゃんはペアを組み、我が子を
育てています。これが2回目です。

この時、ヒナをあっためていたのが嫁さんのきゅーちゃんなんですが

 顔が
怖いです。

実はこの若手ペア、他の個体に比べてヒナにエサをやるのに
ひじょ~~にムラがある。
すごくあげてる日と、そうでない日がある。

最初、なかなか体重が増えず
補助的にエサをあげたりしていたのですが・・・

数日後。
キューピーペアのヒナの体重を計るところを見せてもらいに
行ったら

電子計りが

 エラー。
重すぎるんです。
この計りでこのヒナを計測するには、もう重たすぎるんです!

というわけで、順調に大きくなっていました!
よかったよかった。

計れなくなったので
大きいので体重測定するようになりましたが・・・

相変わらずヒナの体型がおかしい。

親に戻すと

 こんな
状態。
もうお腹の下は卒業ですね。

相変わらずキタイワトビヒナの成長はすさまじいですね・・・

自分はあの状態を「千と千尋の神隠しに出てくる、太ったあとの
カオナシ」と呼んでいます。



3羽目に孵化したヒナがこんなだと、

 あ、
もうペンギンだ。


 あまりに
普通に立っているので、逆にヒナを見つけるまで
ちょっと探しました。


 こっち
本能半端ない凶悪ペア。
ほらもうヒナをガードしてるし。
それだけ立ってるんなら、もう大丈夫ですって。(といいつつ近寄れない)


昨年は残念ながら、キタイワトビペンギンのヒナの孵化が
無かったんです。

開館当初から繫殖に携わっていた個体は高齢化しています。
12月には開館当初からいた個体が亡くなり
他の個体の衰えも何となく感じていました。
さらに、若い世代がなかなか繫殖に参加せずにいたのですが・・・


今年は安定の凶悪ペアと
開館当初からいたベテランと若手の新しいペア
そして当館で繁殖した個体(ピーちゃん)と
神奈川県の京急油壺マリンパークから来た個体(きゅーちゃん)の
ペア
計3ペアでの繁殖となりました。


飼育下において、新しい世代が繁殖に入ってきたことは
うれしいですね。


みんな

 すくすく
育ってほしいですね。
ちなみに、凶悪ペアはどちらも開館当初からいる個体なので
若い者に負けずまだまだ現役でいてほしいものです。
ですが少し穏やかになってほしいです。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

平成最後のヒナマジック

2019年04月30日 (火)16:41

昨日29日にお伝えした
キタイワトビペンギンの

 ヒナ。

今日30日、体重測定をするということで
見せてもらいました。

ヒナの体重測定は、親からちゃんとエサをもらえているかを
確認するために行います。
親は、自分が食べたものを胃に貯めておいて
おなかがすいたヒナにくちばしうつしで与えます。

写真のバンド色オレンジ(オス)・灰黒(メス)ペアに
とって、初めてのヒナです。
オレンジさんは経験者だとしても、灰黒ちゃんが初めての
子育てだからな~。
体重が増えていれば、エサをあげている証拠です。


初日、体重測定をしたところ
65グラムほどだったとのこと。
う~ん、これまでのヒナに比べるとちょっと軽いかな・・・

この世に生まれて2日目の体重が気になるところです。




 ?!

何かの

 間違いなのではと
疑うほどの増えっぷりではないですか。
いや、ちょっと疑いましたけど。でも
昨日ヒナの体重測定をしたスタッフに聞いても
間違いはないだろう。

にしても65⇒93グラムって・・・


ペンギンのヒナが1日に数十グラム増えていくのは
それほどめずらしいことではないのですが

初日にこの増加は・・・GAO史上初ではないだろうか・・・



 育って
いるのであれば、いいのですけどね・・・。

平成最後のヒナちゃんは
GAOにおいて平成最大のヒナマジックをみせてくれました。
あ、この場合見せてくれたのは親ペンギンかな。




令和初日、ホッキョクグマ

 豪太と


 ユキ

同居させる予定です。
時間は13時40分頃から。

多少時間の前後があるかもしれませんが、よっぽどのことが
なければ閉館まで同居させる予定です!

いつものことですが、急きょ変更または中止の可能性も
ありますのでご了承くださいね。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, ペンギン, ホッキョクグマ |投稿者: | コメント (2)

カレンダー
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
  • おおきくなりました
     こんにちは。ペンギン成長情報ありがとうございます &g... 十月女 (9/18)
  • 水張り中こまち嬢
     こまち姉さんをみる、あんず。(だよね?)。 心の声が、ツボ... まゆみ 九州より (9/17)
  • 放流しました
     こういう取り組みもされているんですね。 素晴らしいです!!... Chaso (9/15)
月別で記事をみる