‘ペンギン’ カテゴリーのアーカイブ

君の名は

2020年11月21日 (土)17:32

「名前、決めました!」

「おっ、何?!」





「ちゃちゃ です!!」

というわけで、今年孵化したジェンツーペンギン
ジェンピー2020は、「ちゃちゃ」になりました!!

性別はオスということが判明したので、
ちゃちゃくん ですね。

翼のバンドの色は、自分でもわかりやすい





この組み合わせです。
ちゃちゃくんも






足湯好きみたいなので
足湯しているジェンツーがいたら






バンドの色、チェックしてみてくださいね。

ちなみに、ちゃちゃくんの名前の由来ですが・・・

あなたが頭に浮かんだのは






森の住人ですか?

それとも





鬼と化しても主との約束を守るネコですか?



名付け親(担当者)は森の住人からとったそうです。


自分は真っ先に後者でした。(ちょっとはまっている)




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

うまくできないはづくろい

2020年10月21日 (水)11:30

2020ジェンピーですが、





(画面中央に割って入ってくる個体)大きくなり、親と一緒に
いることもほとんどなくなってきたようです。






先輩方の間に割って入るとは、なかなか度胸がある個体かも
しれません。






こうして他のジェンツーと比べても、ぱっと見ほんの数か月前に
孵化してきたとは思えませんね。
じっくり見ていると、他の個体よりしぐさがぎこちないとか、
なんか足元がぽよんとしてるとかあるんですけど・・・
あ、足元ぽよんは個人的な印象かもしれませんが。






羽繕いも






全然大丈夫。かと思いましたが









頭部はまだうまくできないらしいです。
よく見ると写真1枚目も、頭部のセット決まってなかったですね。


内容とは関係ありませんが、このとき偶然に飛行物体をとらえていました!









キタイワトビ吹っ飛んできてました。
(撮影時は全く気が付いていなかった)



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

ペンギン通信

2020年10月07日 (水)15:37

今年生まれたジェンピーですが、当然のことながら
もうすっかり大きくなられたとのことで・・・





(関係ないジェンツーの背中)

実はもう泳げるし、色バンドもつけてもらったとのこと。
観覧側からだとわかりにくいかな~と思っていたのですが


一発で分かりました。






泳ぎが






バタついているんです。






潜っていきたいけど浮力に苦戦している。






ふう・・・。

今年生まれのジェンツーのバンド色ですが、
ピンク1個・黄色2個・青1個とわかりやすくなっています。

陸場にいるときはバンドの色で、
水槽にいるときはなんかまだ慣れない泳ぎのジェンツーを
探してみてください!





バタついている泳ぎも今だけですね。




うれしい話に続いては、お別れの報告です。

ジェンツーペンギンのバンド色「灰・紫」が
天国へ旅立ちました。






愛称「ゼスト(メス)」(この年に孵化した個体には車種の名前が
つけられていました)。

ゼスちゃん実は前から体調を崩すことがしばしばあり、その度に
治療を繰り返しては良くなりを繰り返していました。

先日も元気がない様子から裏の部屋で点滴等の
治療を続けており、死ぬ前日には前より元気になったような
兆しがあったとのことですが・・・。。

6日の朝、亡くなっていました。
その後解剖を実施し、死因については調査中です。


自分が最後に見た時は、別室ながらも
ふつーにしている(ように見えた)姿でした・・・。


ゼスちゃん、6歳とのことでまだ若い個体でしたが、
お疲れ様でした。きりっと美人で、個人的には
クールビューティー的な感じでしたね。






またGAOに来てもいいんだからね。水族館だけど・・・。



ゆっくり休んでね。






※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

おおきくなりました

2020年09月06日 (日)10:57




ジェンピーどーこだ。

正解は。





右の背中です。

というわけで・・・






あっという間に大きくなりました!
大きさはすでにイワトビを追い越しちゃってますね。
ヒナ特有のふわふわ羽根もほとんど抜けてます。
今年のジェンピー、ちょっと早いかもですが





ヒトの手からおさかなごっくん練習を始めたとのことで
見に来たのです。

じたばたするかな~ と思いきや・・・






あれっ?!





ごっくん。






ふっ・・・。

ご覧のように、積極的ではないですが






クチバシにうまく挟まれば






するんと飲み込めるようです。






ほお、食べれるようになりましたか。
(親じゃないギャラリー)





孵化したての時は、例年よりも体重が軽いのではと心配もされていましたが
順調に成長してくれて、よかったよかった。


これは初泳ぎも近そうですね!






太陽の塔ごっこ。






写真撮っていたら換羽中の大人がダッシュで近寄ってきて
なんか怖かった。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン, 未分類 |投稿者: | コメント (1)

冒険はじめました

2020年08月15日 (土)14:08

展示場の中には
何か所かカメラが付いているところがあり

ペンギン展示場にもあって、展示場から離れたところでも
観察できます。

通りすがりにふと見てみたらば






・・・ん?
(画面右に注目)






ヒナヒナヒナヒナ!
巣から出てきちゃってるよ!


というわけで、7月13日に孵化したジェンピー(ジェンツーペンギンのヒナ)は
巣からよちよちあるいてお散歩しはじめました!

ついに観覧側からふつーに見えるようになりましたよ~。

しかしだ。






何ですかこのりりしさ。
親はどこだ。






いやいや、






そこはキミの巣じゃないんだが・・・


展示場内に入ってみると






すっかり大きくなりました!
しかしまだまだヒナちゃん。このふわふわの羽根では
泳ぐことができません。
野生では、泳げなければエサを採ることができません。
ですので、ずいぶん大きくなってもまだまだ「ヒナ」なのです。
親からエサをもらいます。



飼育下では限られたスペースに親子がいますので
親と同じような大きさになってもしばらくはエサをねだり続けます。


この時はちょうどエサのじかんで、親が
ヒナにエサを与えていました。

ヒナはお腹がすくと




ピイピイ鳴きながら小刻みに親のクチバシをつつきます。
それが合図なのか、






親は自分が一度食べたエサを吐き戻してヒナに与えます。


このくらいの体の大きさ・クチバシの大きさになると、親は自分が食べた直後、
魚そのまんまヒナにエサを与えるようです。ヒナも特に問題なく
まるのみしていきます。





↑証拠写真。
(親と子のタイミングが合わなかったんだと思います)


これ見ると、ヒトが与えるエサの魚が一度親ペンギンの胃袋を経由する意味
あるのだろうかと毎年思います。


もう手からとって食べればいいのに・・・。。



ヒナが小さいころは、丸のまんまのおさかなを飲み込むとは
できませんので、胃で消化してドロドロの流動食を与えます。
しかしヒナの成長につれて、ヒナも要求量が多くなってくるので
エサを食べては与えての繰り返しになります。
そうなってくると、ほぼ消化もされない胃袋に貯蔵された
魚をヒナに与えることになるのです。
野生ではオキアミなどの甲殻類も食べ貯めします。


今年のジェンピー、展示場の中をけっこうお散歩していますので






大きさ的にはイワトビサイズのふわふわペンギンを探してみてくださいね!




※このサイトの画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

本日のジェンピー

2020年07月24日 (金)13:19

今日はタイミングよく
7月13日に孵化したジェンツーペンギンの
ヒナ「ジェンピー」の体重測定をみせてもらいましたよ♪

孵化した体重はちょっと軽めだったとのことですが




順調に大きくなっております。

一番最初の写真が




これでしたので、ちなみに使っているボウルも
同じなので、成長度合いは一目瞭然ですね・・・




ドアップ撮影だって動じません。

突然ですが、ペンギンの耳って・・・
意識したことあります?

顔の両側についていることは間違いないとは思いつつも
明確に「これが耳です」って、なかなかわからないですよね。


実は・・・ジェンピー時代の時がいちばんわかりやすいんです。

目のななめ下、







これです!
他の種類のペンギンでも、ヒナの時というか
ヒナ特有の羽根(幼綿羽)の時代は耳の切り込みがわかります。
成長すると、




わかりにくいです。

ただ、言われてみると
なんとな~~くへこんでるかな~~って部分がありますので
探してみてください。

ささ、それではジェンピーを親元に返しましょう。





おなかをぐぐっと持ち上げて




ささっと足の間にヒナを戻します。


ヒナがいない間どうしているの?と聞かれますが
そのまんまです。代わりのものを入れておいたりはしません。

体重測定は数分で済みますが、その程であれば
親はヒナを抱いたままの姿勢を維持しています。
長い時間離していれば、親も巣から離れてしまうと思いますが。

また、ここのペアは経験者同士ですので、初めての子育てとか
不安定な要素がある場合は代わりのものを入れておいた方が
良いかもしれませんね。
いずれにせよ、みなさん優秀です。




親ジェンツーの足元にうまくはまりましたね。



と思ったら





ちょっと待てー!





ヒナヒナヒナヒナ!!!
なんか危ない体勢になってるって!!!!





気づいたパパ。





自らポジショニングをする子。





何か?


パパが大雑把パターンなのかしら、このペア。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (2)

銀のもふけつ

2020年07月20日 (月)11:20

先に、他のSNSでお伝えしていますが
7月13日の開館日にジェンツーペンギンのヒナが孵化しました~。


1週間ほど経ってしまいましたが、ジェンピー(GAOで孵化する
ジェンツーペンギンのヒナのこと)ちゃんと成長しております。


12日、





ヒナが卵の殻を割る「ハシウチ」が確認され、
13日無事に卵から出てきたとのこと。

最初の体重測定時の写真が





こちら!
相変わらずかわいいですね~ジェンピーは~。

体重測定はヒナがちゃんと親からエサをもらえているか、
成長できているかを確認するため重要な作業です。

初日は線が細くてなんか心配なんですよね・・・


さてそれでは自分は自分の目でジェンピー2020を見ていないので
ペンギン展示場へ行ってみましょう!









15分待ちましたが
親のガードが堅い。

今回の親ペンギン、オスが「じぇじぇ」。島根県の水族館、
しまね海洋館アクアスで産まれてGAOにやってきました。
そしてメスがバンド茶+赤色の「グランピー」です。
このペア、恒例のペア名をささっと考えるとなんと
「ジェンピー」なんですよ!!
このネタ過去にも出しているとおり、ジェンピーペアは初めての子育て
ではないので、何事もなければまあ育ててくれるんだろうと
思っていたのですが・・・






巣を作った場所がこれまた・・・

最近、ペンギン展示場では個体数が増えてきており
強い個体から巣を決めていきます。

また、新しいペアの組み合わせもできてきたりで(キタイワトビも)
巣の位置が変わったりしています。

今年、無事孵化したのはこの1羽のみでした。
開館から16年経過して、それまで繁殖を担っていた
個体の高齢化、個体数の増加からくる密度の変化、
若い個体が台頭してきたりと、世代が移っていく過渡期なのかも
しれません。

にしてもじぇじぇ君、ぜんっぜん動かない。
今までなら待ってれば結構ちょっとお腹持ち上げて
くれたりしたんだけどな~。。




相方のグランピーちゃんが帰ってきました。

ヒナだっこ係交代するかな?と思ったのですが・・・
(その瞬間なら確実にヒナを見れるので)





小石を選んで









巣にぽとん。





またも小石を選んで







巣に・・・

何をしているかというと、巣材である小石を
ヒナが孵化したあとも追加しているんです。

こうしていくと、どんどん巣が高くなっていきながら
ヒナをあたためている場所がすり鉢状になっていくようなんです。
今はまったくわかりませんが、ヒナだっこ係のおなかの下は
全くぬれていません。乾いています。

巣がすり鉢状になっていくと、ヒナが巣からころげおちる
確率はとても低くなります。
ヒナをだっこしていない間も、こうしてサポートするわけですね~。


とか思いながら眺めてたら





なんか背後から圧を感じる・・・何もしないって・・





ガードされました。

結局、この日自分が見れたのは





わずかな銀のもふけつ。

というわけで、必殺お願い担当者!









無事、大きくなっているとのことです。

今回の巣、残念ながら観覧側からは
ひじょ~~に見えにくい位置にあるので
銀のジェンピーは見ることができないのですが

そのうちふわふわのジェンピーが展示場内を
駆け回ると思います!




【お知らせ】
7月23日~26日、GAOの営業時間は9時~17時となります。
入館は16時まで可能です。

4連休ということもあり、ある程度の混雑が予想されますので
ご来館の際には皆様にご協力いただければと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。



★ジェンピーが卵の殻から出てくる様子を動画で公開しています★






※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

 

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (2)

11月30日のさんぽんず

2019年12月02日 (月)17:53

12時、タッチプールを過ぎたあたり
外のデッキに出るところに


 この
張り紙があったら、今日はお散歩♪

11月30日はお日柄もよく、気温もちょうどよかったので
ジェンツーペンギン「ぽんず」のお散歩、「さんぽんず」できました♪

ペンギンの散歩・・・というと、
「こっちだよ~」と、ある程度ヒトが誘導してよちよちペンギンが
ついていく・・・のを、想像しませんか?


GAOのジェンツー散歩「さんぽんず」は違う。


 なぜか
ヒトが誘導されるパターン。



 ぽんずも
ぽんずで、後ろとか全く気にしないんです。



 一緒に
デッキを走り回るぽんず。



 たまに
爆走。



 ヒトが
いようがいまいが、



 関係
ないんでしょうね・・・。


ぽんず本人ならぬ本ペンも、けっこう楽しそうに見えます。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

危機感&さんぽんず

2019年11月29日 (金)14:20

11月29日。

冷え込みましたね。
雪も降りましたね。

雪が積もるまではいかないのですが・・・
そんな日でもご来館、ありがとうございます。

こうなってくると・・・
特にこの時期の平日

 駐車場
がらーん。。
危機感。どうしよう。うち大丈夫かな。


いいですか皆様!
GAOは1月15日までは毎日営業しております。
(※1月27日~31日はメンテナンスのため休館、
1月16日~2月いっぱいは木曜日休館)
年末年始も元気に営業しております!!

特に平日、

 トン吉
大接近ほぼ独り占め。



 アザラシだって
勝手に外出てきちゃうし。めっちゃ近くで見れますよ!!

最近、もう1種、外出する生き物が増えました。



 あれっ?!


うちのジェンツーが、外にいる。


 はいはい、
あんまりひとりで行っちゃだめだよ~。

そうなんです、最近ジェンツーペンギンの「ぽんず」(メス)を
散歩させています。

場所は

 外が
見渡せる2階のデッキです。

いきなり連れてくるとびっくりしてしまいますので、
展示場から連れてきて少しずつ時間を伸ばしていきます。

最近では

 フリーに
走り回っています。



 お客さんが
いても
「あたしを見て!」的にジェンツーウォーク。


 さて、
ここまで連れてくるとき及び帰るとき。どうしているのかというと・・・

GAOの施設上、展示場からここまでがドアでつながっていません。
抱えて連れてくるなんてこともできません。
じたばたしちゃって、さらにいつもと違う場所に
連れてこられた!なんてなっちゃったらパニックなんてもんじゃ
ありません。

そこで。

 こちら!
ぽんず、なんと自らこのケージに入るというのですよ!

ペンギンのサイズなら抱えて入れられるでしょ?とも思いますが
(もちろんそれもできますが)
無理やり入れられたりというのは基本的に嫌なもの。

自然に入って、中で落ち着いて、お散歩スペースでも
安心して出てきてくれないと困るのです。

そのため、以前からペンギン展示場に
 ケージを
おいて、でも特にだれかを入れようとするでもなく
いつでも入れるようにしておき



 ぽんずが
よく入るようになったということで、お散歩メンバー1号となったのでした。
(たぶん写真はぽんずではない)


それではぽんず、そろそろ

 帰るよ~



 スルー。
こういうの、よくある~。



 付き合う
担当者。



 ぽんずの
気が向いたら、帰ろうね。



 こっちだよ。



 ひょいっと。




 無事
ハウス!



引っ越しの際にペンギンをケージに入れると
ケージの中に落ち着くまで、しばらくかかります。

入る→出る 出たあとも落ち着いている というのは
やはり練習というか、慣れが必要です。

面白がって興味津々でやってくる個体もいれば
しかしやはりこういうのを嫌う個体もいますので
そのあたりはちゃんと見極めてあげないといけないのですが

ぽんずは2018年生まれの若い個体で、もしかしたら
好奇心旺盛なのかもしれません。進んでケージに
入り、デッキをフリーダムに動き回っています。


ぽんずのさんぽ「さんぽんず」(勝手に命名)は
1日1回、12時ころを予定していますが、

条件があります。

ぽんずの機嫌はもちろんですが、外気温とペンギン展示場の気温が
ほぼ等しいときのみ行います。
展示場と外の気温差が大きいときに出入りさせて
しまうと体調を崩してしまう可能性があります。

おさんぽ可能な気温は10℃前後とのことで。
今週末(11月30日、12月1日)あたりは今のところ
さんぽんず日和ではないでしょうか。
実施するかしないか、気になる方は
当日お問い合わせください。(0185-32-2221)

 ぽんずの
ジェンツーウォーク、見れた方はラッキー♪




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, ペンギン |投稿者: | コメント (0)

2ジェンピー

2019年06月04日 (火)10:27

さかのぼりますが5月29日

 もふけつ
2羽目!
ということで、今年2羽目のジェンツーペンギンが孵化しました~。

 それにしても
相変わらずかわいいですね~銀のもふけつは。

このサイズだと、親の足元にすっぽりはまってしまうので
なかなか見ることはできないのですが
この時はラッキーでしたね、

体重測定もやるよ~とのことで

 見せてもらいました!
この子はかわいいぞ!


 まだまだ
線は細いですが


 黄色い
あんよが、ジェンツーですね。

さて、このジェンピーの親ですが
このペア、バンド色茶赤(メス)とオレンジ茶色(オス)のペアなんです。
昨年に続いてヒナの誕生です。

昨年の記事にありますように、

「じぇンピー」ペアなんですね~。
若い個体が繁殖に携わることは、うれしいことです。
婿入りしてきたじぇじぇ君、ありがとう!


一方、先にヒナが孵化したキタイワトビは

 もうすっかり
ペンギン。こちら黒ピンクの凶悪ペア。
しっかり立ってる。

 こちら
青オレンジのピーちゃんと9番のきゅーピーペア。


 で、
オレンジと灰黒の「おはぐろペア」。←※コメントから採用させて
いただきました。

3ペアのヒナとも、しっかり大きくなりました。
最近では巣の上にしっかり立っているので、観覧側からも
非常に見えやすくなりました。
黒いもふもふがいたらそれはキタイワトビのヒナです。

ジェンピーはまだ小さくて見えにくいかもしれませんが
親のおなかの下からひょこっと顔を出すこともありますので
探してみてくださいね!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, ペンギン |投稿者: | コメント (2)

カレンダー
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
  • 11月23日のユキさん
     解説がなかったら・・・きな粉に落としたつきたての餅にしか見え... じゃりんこ (11/23)
  • 今日からしばらく会えません
     今日TVでホッキョクグマの母子の様子を見ました。 繁殖実績... Chaso (11/22)
  • 裏側ユキさん
     巨大コーンの搬入レポートありがとうございます。 豪太くんが... はむちん (11/18)
月別で記事をみる