‘ペンギン’ カテゴリーのアーカイブ

2ジェンピー

2019年06月04日 (火)10:27

さかのぼりますが5月29日

 もふけつ
2羽目!
ということで、今年2羽目のジェンツーペンギンが孵化しました~。

 それにしても
相変わらずかわいいですね~銀のもふけつは。

このサイズだと、親の足元にすっぽりはまってしまうので
なかなか見ることはできないのですが
この時はラッキーでしたね、

体重測定もやるよ~とのことで

 見せてもらいました!
この子はかわいいぞ!


 まだまだ
線は細いですが


 黄色い
あんよが、ジェンツーですね。

さて、このジェンピーの親ですが
このペア、バンド色茶赤(メス)とオレンジ茶色(オス)のペアなんです。
昨年に続いてヒナの誕生です。

昨年の記事にありますように、

「じぇンピー」ペアなんですね~。
若い個体が繁殖に携わることは、うれしいことです。
婿入りしてきたじぇじぇ君、ありがとう!


一方、先にヒナが孵化したキタイワトビは

 もうすっかり
ペンギン。こちら黒ピンクの凶悪ペア。
しっかり立ってる。

 こちら
青オレンジのピーちゃんと9番のきゅーピーペア。


 で、
オレンジと灰黒の「おはぐろペア」。←※コメントから採用させて
いただきました。

3ペアのヒナとも、しっかり大きくなりました。
最近では巣の上にしっかり立っているので、観覧側からも
非常に見えやすくなりました。
黒いもふもふがいたらそれはキタイワトビのヒナです。

ジェンピーはまだ小さくて見えにくいかもしれませんが
親のおなかの下からひょこっと顔を出すこともありますので
探してみてくださいね!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, ペンギン |投稿者: | コメント (2)

令和ジェンピー

2019年05月28日 (火)19:04

5月27日、
「ジェンツーペンギンが孵化しました!」
と、ペンギン担当者が教えてくれました。

令和初めてのジェンピーですよ!
(ここではジェンツーペンギンのヒナのことを
「ジェンピー」と呼んでいるのだ!にしても
もう何年経ったかな・・・)

というわけで見せてもらいたいのですが

 まあ
そうですよね。


 見せてください
はいどーぞなんて
そんな簡単にお腹を持ち上げてくれませんよね。

今ヒナを温めているバンド色「茶黄」さん(オス)は
GAOで孵化して育ったジェンツーなんです。
で、ちゃきさんの父親もGAOで孵化したジェンツーなのですけど・・・

ちゃきさんの父親は
2010年にGAOで初めて孵化したジェンツー「ハムカツ」の
カツくん(バンド色青黄のほう)なんですよ!!

ということは・・・
カツくんがうちの2世代目。
ちゃきさん3世代目。
今回のジェンピーは4世代目ということになるのかな?!
すごいぞちゃきさん!!!
ちなみに奥さんの白赤さん、通称コーラちゃん(色から)は
GAO2世代目なんです。
GAOで孵化した個体どうしがペア組んで
また新しい命が生まれるなんていうのも、時の流れを
感じますね。


なんて考えていると

 おおっ!
ちゃきさん、見せてくれるの?!


 令和
初ジェンピーです!!
相変わらず銀灰色のふわふわした羽根がかわいいな~。


 見せて
くれたのはいいのですが・・・


 ヒナが
動かない。



 ちょっと、
大丈夫だよね?



 あ、
動いた。


 寝てたかな?









 おとーさん、
おなかすいた~。



 何とラッキー



 給餌シーン。

毎度毎度、ヒナが食べられているようにしかみえないこの画ですが
ペンギンはこのようにヒナにくちばしうつしでエサを与えます。
子育てしているペンギンはヒナにエサをあげるために
胃に食べたものをためておきます。

こんなに小さなヒナなので、孵化して数日の間は
固形の魚というよりも流動食的な、ドロドロしたものを
与えています。
哺乳類でいえば、初乳みたいなものなのでしょう。

本来であれば胃の内容物は消化されてしまいますが、
この時期のペンギンの胃の機能自体が変化し
胃の中にヒナ用のエサをためておくことができるという話を
聞いたことがあります。

ヒナがある程度

 でかくなったら
消化してから云々待ってられないので(キタイワトビ)
食べたそばからすぐにヒナに与えます。証拠に、あげたばかりの
魚が・・・。

おそらくヒナにあげようとして、クチバシからあふれたんだと思います。


 ちゃんと



 食べてるかな?
エサあげられてるかな?


ここで気付いたことがある。


 寝起き直後。



 エサ
もらってたあと。

お腹!ぽこーんとふくれているではありませんか!!

親も子もいまのところ順調そうです。


28日、別の卵でも中からヒナが出てきそうだとのことです。
頑張って殻割って出てきてほしいですね!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

今年は3羽

2019年05月24日 (金)18:33

キタイワトビペンギンのヒナの話書こうとしたら

5月7日、3羽目に孵化したヒナのことを
取り上げずにおりました・・・

というわけで、2019年は
3羽のヒナが孵化しましたよ!!

3羽目のヒナ、孵化直後は・・・

 こんなんでした。
このペア、メスが通称9番の「きゅーちゃん」、オスが「ピーちゃん」。
途中からヒトが育てたキタイワトビなんです。
いわゆる人工哺育・・・というかより詳しくいうと人工育雛(いくすう)です。

ヒトの手で育てたペンギンが、子育てするのかな?って
思ってたんですよ、正直。

成長はしたものの、それが不安でした。

そんな心配をよそに、ピーちゃんはペアを組み、我が子を
育てています。これが2回目です。

この時、ヒナをあっためていたのが嫁さんのきゅーちゃんなんですが

 顔が
怖いです。

実はこの若手ペア、他の個体に比べてヒナにエサをやるのに
ひじょ~~にムラがある。
すごくあげてる日と、そうでない日がある。

最初、なかなか体重が増えず
補助的にエサをあげたりしていたのですが・・・

数日後。
キューピーペアのヒナの体重を計るところを見せてもらいに
行ったら

電子計りが

 エラー。
重すぎるんです。
この計りでこのヒナを計測するには、もう重たすぎるんです!

というわけで、順調に大きくなっていました!
よかったよかった。

計れなくなったので
大きいので体重測定するようになりましたが・・・

相変わらずヒナの体型がおかしい。

親に戻すと

 こんな
状態。
もうお腹の下は卒業ですね。

相変わらずキタイワトビヒナの成長はすさまじいですね・・・

自分はあの状態を「千と千尋の神隠しに出てくる、太ったあとの
カオナシ」と呼んでいます。



3羽目に孵化したヒナがこんなだと、

 あ、
もうペンギンだ。


 あまりに
普通に立っているので、逆にヒナを見つけるまで
ちょっと探しました。


 こっち
本能半端ない凶悪ペア。
ほらもうヒナをガードしてるし。
それだけ立ってるんなら、もう大丈夫ですって。(といいつつ近寄れない)


昨年は残念ながら、キタイワトビペンギンのヒナの孵化が
無かったんです。

開館当初から繫殖に携わっていた個体は高齢化しています。
12月には開館当初からいた個体が亡くなり
他の個体の衰えも何となく感じていました。
さらに、若い世代がなかなか繫殖に参加せずにいたのですが・・・


今年は安定の凶悪ペアと
開館当初からいたベテランと若手の新しいペア
そして当館で繁殖した個体(ピーちゃん)と
神奈川県の京急油壺マリンパークから来た個体(きゅーちゃん)の
ペア
計3ペアでの繁殖となりました。


飼育下において、新しい世代が繁殖に入ってきたことは
うれしいですね。


みんな

 すくすく
育ってほしいですね。
ちなみに、凶悪ペアはどちらも開館当初からいる個体なので
若い者に負けずまだまだ現役でいてほしいものです。
ですが少し穏やかになってほしいです。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

平成最後のヒナマジック

2019年04月30日 (火)16:41

昨日29日にお伝えした
キタイワトビペンギンの

 ヒナ。

今日30日、体重測定をするということで
見せてもらいました。

ヒナの体重測定は、親からちゃんとエサをもらえているかを
確認するために行います。
親は、自分が食べたものを胃に貯めておいて
おなかがすいたヒナにくちばしうつしで与えます。

写真のバンド色オレンジ(オス)・灰黒(メス)ペアに
とって、初めてのヒナです。
オレンジさんは経験者だとしても、灰黒ちゃんが初めての
子育てだからな~。
体重が増えていれば、エサをあげている証拠です。


初日、体重測定をしたところ
65グラムほどだったとのこと。
う~ん、これまでのヒナに比べるとちょっと軽いかな・・・

この世に生まれて2日目の体重が気になるところです。




 ?!

何かの

 間違いなのではと
疑うほどの増えっぷりではないですか。
いや、ちょっと疑いましたけど。でも
昨日ヒナの体重測定をしたスタッフに聞いても
間違いはないだろう。

にしても65⇒93グラムって・・・


ペンギンのヒナが1日に数十グラム増えていくのは
それほどめずらしいことではないのですが

初日にこの増加は・・・GAO史上初ではないだろうか・・・



 育って
いるのであれば、いいのですけどね・・・。

平成最後のヒナちゃんは
GAOにおいて平成最大のヒナマジックをみせてくれました。
あ、この場合見せてくれたのは親ペンギンかな。




令和初日、ホッキョクグマ

 豪太と


 ユキ

同居させる予定です。
時間は13時40分頃から。

多少時間の前後があるかもしれませんが、よっぽどのことが
なければ閉館まで同居させる予定です!

いつものことですが、急きょ変更または中止の可能性も
ありますのでご了承くださいね。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, ペンギン, ホッキョクグマ |投稿者: | コメント (2)

2019 キタイワヒナ孵化しました!

2019年04月29日 (月)19:03

4月28日・29日と
キタイワトビペンギンのヒナが1羽ずつ孵化しました!!!

どちらも親がしっかりあたためているとのことで・・・

 ちょっと
張り込んでみた。のわりにすぐ見せてくれました♪

ひょこっと
おなかの下から、顔を出してくれないものかと・・・
ちなみに28日にヒナが孵化したペアは

 こちら
GAOで一番凶悪と名高い・・・
いやいや、本能が半端ないクロ(オス)とピンク(メス)
略して「クロピ」夫妻のところ。

そして29日にヒナが孵化したのが

 1枚目
バンド色オレンジ(オス)と灰黒(メス)のペアです。
実はここ、新しいペア!(うーんなんかいいネーミングありませんか??)

オレンジさんはGAO開館当初からいるんですが、灰黒ちゃんは
GAOで孵化した個体なんですよ~。。

オレンジさんはこれまでもヒナを育てた経験があるので
ベテランなんですが、灰黒ちゃんが初子育てなのです。

なのでちょっと心配・・・

このとき、ヒナちゃんをあっためていたのが
まさに灰黒ちゃんでした。

 おっ?

よくよく見ると

 かわいい
あんよが見えてるよ状態!!



 おおっと
おなかの下でころんとバランス崩しちゃった状態?!



 くちばし
見えてますよー。


 その後
こんにちは!!


 体重
60グラム程度とちいさなヒナちゃんです。


 おなかが
すいたのか、親のクチバシをつついてエサをねだります。

さてここで心配なのが

 灰黒ちゃん
エサあげること、できるのかな・・・?

オレンジはたぶん確実にヒナにエサあげれるだろうけど・・・
なんて心配をよそに


 意外と
あっさりあげていた・・・。。


 よかった。
ヒナちゃんと一緒に新しいママも育っているようです。


さて、「オレンジさんは子育て経験者なのに灰黒ちゃんが初めてってことは
オレンジさんは別の相手がいたってことよね?」

そうです。

少なくともGAOのペンギン間では(※ジェンツー含む)
ペアになっても相手が変わることは全然あります。

観察していると、強いオスがいい位置の巣をとろうと
ケンカしているときがありました。
やはり権力というか、強弱は決まってくるのでしょうね。

オレンジさん、かつては最強でした。一番良いと思われる場所に
巣を陣取り、しかもGAOで初めてヒナが孵化したのは
オレンジさんペアでした。
え?じゃあそのときのオレンジさんの相手は?

 ピンクさんでした。
オレンジさんは、黒さんに負けたのです。(なんか呼び捨て)

自分の血を残すということは、良い巣を選ぶことも大事です。
自然ではなおさらです。

飼育下でも世代交代とか権力争いは生じるものですね。
というか、生じることが当たり前で
そもそもそういう動きがないと、繁殖ということが
見られないのかもしれないですね。

オレンジと黒は同時期に野生から来た個体なので
正確な年齢は不明ですが、もしかしたら黒の方が
若かったりするのかもしれないし。

というわけで、現在ペンギン展示場では
2組のキタイワトビペンギンが子育て中です。

ヒナはまだ小さく、普段は親のおなかの下にすっぽり
はまっていますので、観覧側から見ることは難しいですが
おなかがすくと頭を持ち上げてエサをねだる様子が
観察できますよ!


ちなみに

 この
本能半端ないペア、この日ヒナを見せてくれることは
当然ありませんでした。

今、自分が一番恐れている生き物です。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

点滴日と検卵日

2019年04月23日 (火)19:27


マリーさん(奥)と、子供プール。
ちび2頭は丸々。

マリーさんは相変わらずです。。

なんで、

 こうして

点滴していることもあります。
なんとか・・・また元気になってくれないものでしょうかね・・・。。

おちび2頭ですが、


気付いたことがある。


 今年の
2頭、

見分けがつかん!!!

なんていうか体格はもちろんですが、ゴマ模様も似ているんです!!!
「腹側を見れば一目瞭然よ」(おっぱいある方がメス)とか
偉そうにのたまいましたが



 わからねー。
お腹までゴマ模様。


 背中に
少し白い模様があるほうがどっちだとかも言ったりしたが
もはやどれがどうどっちだったのか
夕方になってわからなくなりました・・・。

性別が別でよかった・・・。。

さて今日は


キタイワトビペンギンの「検卵」をするということで、見せてもらいました~。

3月から産卵が始まっていたキタイワトビさん。
今年は新しいペアもできたとのことで、孵化が期待されます。

検卵では、親元からそっと卵を借りて
中でヒナが生育しているかどうかを確認します。

 暗くて
写真がいまいちでしたが・・・卵の中の赤い線、見えますかね?
これが血管です。
ということは・・・この卵は中でヒナちゃんが育っているということですね!

さらに文明の力。

 こちら
波打っていますが・・・卵を置くと、中のヒナの心拍が
とれる機械なんですって。
確かに波打ってる!ということは・・・こちらも
ヒナちゃんがいるということですね!

自分はわからなかったのですが・・・この卵はよく見ると
動いていたそうで、孵化も近いのでしょうか。

順調にいけば、連休中にも孵化しそうな卵があるとのこと。

無事生まれてくれますように!!!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:アザラシ, ペンギン |投稿者: | コメント (2)

順を追って話そう

2019年03月21日 (木)20:12

まず。

3月18日から

 キタイワトビ
ペンギンの産卵が始まりました!

このペア、よ~く見ると右の個体の脚の間に

 たまご!

しっかりと守られております。

キタイワトビは通常1シーズンで2個卵を産みます。
1個目の卵を産んで3~5日後、2個目を生みます。
今のところ2卵目を生んだペアはまだいませんが、
最初の産卵が確認されてから他のペアが1卵目を産卵し、
翌日には他のペアが1卵目を産卵し・・・
どうしてこうも同調するのでしょうか。

順調にいくと、30~35日でヒナが孵化します。



さ~てユキちゃんの歓迎会だぞ~とか思っていたら

 産んだ~。

ゴマフアザラシみずき、出産しました。。

出産が確認されたのは20日午後9時過ぎ。
そろそろ産むんじゃないか?という疑惑が生まれ始めて
いたのですが・・・

無事、出産しました。
よかったよかった。


前回の

 この画像の
司会者くんが、この日の泊まり業務当番だったので

彼は翌日に司会業を控えつつ
ゴマフアザラシの親子を見守らなければならないという
飼育係冥利に尽きる時間を過ごしたのです。。


夜のうちにお乳をあげている姿を確認できて
朝見に行ったら

 まあまあ
なんてしっかりした・・・

ちなみに、性別はメスでしたよ。

・・・ていうか、うちは女系なのかな?
なんか生まれてくるのが姫が多い気がする。


 体重10キロの
かわいい姫様です。


 すくすく
育ってくださいませね。

それにしても・・・
みずき、このタイミングで産むとは・・・

もしや!
「なによ!みんなユキユキって!!
白くてかわいいとか美グマとか噂されてるらしいけど
白くてかわいいだったらこっちだって負けないんだから!」


 ・・・まさかね。
ん?なんかみずきの目つきが・・・


そーこーしているうちに

 21日12時15分
ユキちゃん歓迎会、始まりますよ~!!



すみません、続きます。。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:アザラシ, ペンギン |投稿者: | コメント (1)

年末風景

2018年12月30日 (日)18:20

だいたい、次の年が近づくと
全国の動物園水族館で働いているヒトで
こんな会話は多いはず。

「あのさあ、〇〇(翌年の生き物)の名前がついたり、
なんか由緒ある生き物っていないの?」
「う~ん・・・△△△とか・・・」
「無理がある・・・」

今年は
「あのさあ、イノシシの名前ついたりしてる魚いないの?」

というわけで紹介してもらいました

 こちら!
この魚、和名は「ツボダイ」といいます。2階の海水魚の水槽で
展示しています。

どこがイノシシなのか。

英語の名前が「Japanese boarfish」といいまして、
Boar がイノシシなんだそうです。

そっかー
 顔かな?
ちょっとずんぐりした体全体かな?と思ったのですが・・・

明確な理由にたどり着けませんでした・・・。。

だいたい、名は体を表すっていうふうに
たぶんどこかが外国的にイノシシなんだと思うのですが・・・
皆様、いかがでしょうか・・・

さて、昨日から
 なまはげダイバー



 はじまってますよー!!



 2019年1月3日まで、
13時30分~40分、男鹿の海大水槽に登場しますから
ぜひ見に来てください!


 でもって
豪太は相変わらずもふもふ!


 雪が
また積もって


 毛が
ますますきれいに見えます。


 そこで
遊ぶのかな?


 ・・・
がっっっつり


 木
かじってるじゃないですか。


 絶対
落とす気だ・・・



ペンギン見に行ったら、いつもの子が

 足湯。



 これまた
気持ちよさそうな顔するんですよ・・・

この翼を広げて立ち尽くすしぐさですが、「放熱行動」と考えられています。
フリッパーには細い血管があり、めいっぱい広げることでそこから
熱を放散しているそうなんです。

以前、「ひなたぼっこしている」とも聞いたことがありますが
いずれにせよ体温調節に関係しているようですね。


そんなこんなで12月30日も終了です。
明日で2018年が終わりますね。


自分は、豪太が丸太をプールに落とさないだろうかと
いろんな意味で気にしています。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆イベント情報☆, ペンギン, ホッキョクグマ |投稿者: | コメント (0)

ありがとうございましたスターティングメンバ― 

2018年12月04日 (火)09:30

8月、
 キタイワトビの
タグ「黄色」さんが、体調を崩し


 治療を
している、という記事を載せました。

記事はこちら

 その後
調子が戻って元気に相方の方へ行ったり
泳いでいる姿を見て

はたまた食欲がなくなって
点滴で治療したり・・・をしていましたが

3日朝、残念ながら死んでいました。
高齢も考えられますが、体内の臓器の機能の低下も
見られました。

この黄色さんですが、GAOが開館した時からいた個体なんです。

 最近では


 相方の
青さんと一緒にいる姿も見かけなくなってきていました。

いないな~と思うと、離れたところでじっとしていたり。
そんな時間が増えていました。


黄色さんはこれまで
 産卵は毎年あったものの

孵化したヒナの数はあまり多くありませんでした。
特にここ数年は卵を産んでも孵化がなく、というか
卵の中にヒナがそもそもいないという状況も
少なくありませんでした。


ですが

 子育ては
ま~上手で上手で・・・
これまで何羽育ててもらったことか。

キタイワトビは通常1シーズンに2個の卵を産みますが
野生下だと2羽とも成育することは多くありません。
2羽ヒナが孵化してもだいたい片方が大きい状態で
孵化します。
2羽の体重の差が大きく、あまりに差があると
大きい方がどんどん成長し、小さい方がエサをもらないまま
成長できないことがほとんどです。

飼育下だと、ヒナが孵化しないペアに片方の
1羽を預けて育ててもらうことができるので、ヒナが孵化しなかった
ときの黄色さんには里親になってもらいました。

親ペンギンとしても、1羽育てることと2羽育てるのでは
負担が違いますからね。特に若い個体だと・・・。

黄色さんは
 旦那さんの
青さんと、自分たちの子を含め
何羽ものキタイワトビを立派に育ててくれました。


GAO開館当初、キタイワトビは8羽でした。
黄色さんはその中の1羽なので、キタイワスターティングメンバ―の
中で一番最初に天国へ行ってしまいました。


現在 25羽ほどいるキタイワトビの歴史は
思えば8羽から始まったのです。

もとをたどれば最初の8羽はすべて野生から導入された個体で、
正確な年齢はわかりません。
少なくとも20年以上は生存しているんじゃないかと
推測していますが・・・中でも黄色さんは
最初からちょっとおっとりで、もしかしたら8羽の中では
一番歳をとっているんじゃないかと思っていました。


現在、GAOにはキタイワトビが25羽います。
その25羽、もともとは8羽から始まったのです。

孵化した個体が他に引っ越していったり、
代わりに他の施設から新しい個体が入ってきたり・・・
言い方変えれば嫁入り婿入り引っ越し・・・

黄色さんがいなければ
今生きていない個体だっていたでしょう。


国内のキタイワトビの歴史に大きな貢献をしていたのです。


 性格的には
あまり凶暴でもなく
どちらかというとおとなしめだった黄色さん。


自分がいた時からいた個体でしたので
個人的な思い入れも含んでいますが
黄色さんがいてくれたおかげでどれだけ自分が学ぶことができたか。
自分の世界が広がったか。


お疲れさまでした、黄色さん。
本当にありがとうございました。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, ペンギン |投稿者: | コメント (3)

治療中

2018年08月29日 (水)10:53

 キタイワトビペンギンの


 黄色さん(メス)。

実は黄色さんですが、ここ最近不調です。
エサもあまり食べず、かなり痩せました。

獣医さんによると肝臓の調子があまりよくないとか。
なもんで、

 最近
治療続いています。

背中の上、ちょっと皮をつまみ
たるむところに

 注射して


 薬や
水分を体の中に入れます。

キタイワの黄色さんは、GAO開館当初からいたのですが
それ以前に日本の水族館におり、野生からの個体です。
そのため、正確な年齢はわかりません。

GAOは来年で15ねんですし、
少なくとも20年くらいは生きていると推測されますが・・・
野生でどれくらい生きていたのかはわかりませんので・・・


キタイワ的に20歳は若いわけではありません。

 年齢的な
何かも、そろそろ出てきておかしくないかも。


治療が終わって、

 相棒の
青さんのところにいそいそ帰っていく黄色さん。


実はこの青さんももともとは野生由来個体で、
正確な年齢は把握できないところ。
黄色さんと同時期に野生から連れてこられた個体なので、やはり若くは
ないと思いますが・・・

2羽とも、

 長生き
してくださいね。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (2)

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
月別で記事をみる