‘ペンギン’ カテゴリーのアーカイブ

10羽のお引越し

2018年04月18日 (水)18:47

別室に

 ジェンツーが
集団移動・・・

18日朝、

 ケージに
入って


 出発です。


GAO生まれのジェンツーペンギン、この度
栃木県にある那須どうぶつ王国へ引っ越しました。

その数なんと10羽!もはや集団移動。


ここ最近、繁殖が進み、おかげ様で
個体数が増えてきたジェンツーペンギン。

個体数が増えてきたのはうれしいのですが
今度は密度が高くなってきました。

かつ、兄弟姉妹が増えてきており移動先を探していたところ
那須どうぶつ王国さんが受け入れてくれる、ということに
なったんです!

那須どうぶつ王国の方にもジェンツーペンギンがいるそうで、
新規ペアの形成も期待できます。

一度に10羽出すのは初めてだったんですが

 みんな
静かでしたね。

1羽で行くよりも他のも一緒だってわかった方がいいのかもしれない。

お迎えに来てもらっていたので、

 車に


 積み込んで
いってらっしゃいませ です。


 元気でねー。

・・・いや、元気すぎるのもどうだろう。
10羽で行ったからって、迷惑かけるんじゃないよー!
仲良くするんだよー!!(現在那須どうぶつ王国にいる数より多いらしいから)


心なしか
 ちょっと
少なくなったなあ・・・と実感。
(いやこれでも多いって という声もありますけど)

ジェンツー39羽が、29羽になりました。

正直、「約40から約30になってもあんまりわからないだろ」と
思っていたのですが、さすがに10羽の集団がいなくなると
変わるもんですね・・・。



さみしくないですか、と言われることもあります。

GAOから出ていく、ということに関してだと
それほどさみしくない。。
なんだろうな、慣れてきちゃったのかな。。

こんなこと言っちゃああれですが
最近だと「このひと(ジェンツー)誰だっけ?」みたいなことも
ありまして・・・数が多いだけに・・・


そもそも今回の移動は
GAO個体数・兄弟姉妹の増加、
新規ペア(血統)形成、
同居しているキタイワトビの繫殖の促進という
希望があり、10羽という数を受け入れてもらったのですが

決めたのって、ヒトだからなー。。


瞬間的な物悲しさもありますが
この移動が実現したことに感謝です。
移動するジェンツーたちが
この日まで元気でいてくれて本当によかったし、
何と言っても10羽という集団を
受け入れてくださる那須どうぶつ王国の方にも。

天気もそんなに悪くなくて
移動は予定どおりだったことも。


そもそも、
今生の別れじゃないし。
動物園水族館におけるジェンツーペンギンの飼育の歴史の中で、
意味のないものだなんて思わないし。

あーでも動物の移動をこういう風に
捉えるようになったということは
「慣れ」てきちゃったのかな。

なんてことを考えることが多い今日この頃です。


那須どうぶつ王国に行ったら
GAOジェンたちが調子に乗っていないか
チェックをお願いします!!





出発の瞬間はすこし悲しいと言ってるけど
じゃあ、GAOで生まれた比較的数が多くて
いろんなところで見ることができる
小さな魚が数十匹単位でどこかに移動されるとき
1匹1匹に対してどう感じる?

ヒトなんて勝手なものです。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (2)

シーズン到来

2018年03月29日 (木)12:59

2018年も
 来たなあ・・・

3月中旬から、キタイワトビペンギンの産卵シーズンです!!

1卵目が確認されて
あれよあれよという間にみな産卵が始まりまして

現在は10個ほど?確認されています。
あれもっと増えてるかもしれない。。


今年一番産卵が早かったのが
 ここ

バンド色オスが黒、メスがピンクの「クロピ夫妻」です。
私はこのペアがキタイワトビの中で最強だと思っています。
素手で近寄ろうもんなら生傷覚悟で挑まなくてはいけません。
凶暴です。

 こちら

お隣さんのオス青、メス黄色の「アオキ夫妻」も産卵しました。

 ピーちゃん!(右)
君が素敵な相手を見つけることができて、本当によかったよ。
キューさん(お相手のこと)、ピーちゃんを選んでくれてどうもあ・・・


 あんた、
うちのヒトの何なの。


あ、すみません・・・


ピーちゃんはGAOで初めて、ヒトの手で育てられたペンギンです。
親が育児放棄したとかそういう理由ではなく。

キタイワトビは通常、1シーズンに2個の卵を産みます。
1個目のあと3~5日経過し、2個目を産みます。

一般的に2個目の卵が大きく、孵化するヒナも大きいです。
野生下では2個の卵からヒナが孵化しても、2羽とも育つことは
稀だそうです。

産卵した日に差はあるのに、親元で孵化するタイミングは
ほぼ同じ。不思議ですよね~。

卵の中で、「そろそろハシ打ちする?」とか言ってるんでしょうか。

ピーちゃんの場合、孵化して5日くらいまでは親元にいたのですが、
ピーちゃんは1卵目からのヒナでした。
もう1羽のヒナは孵化したときからピーちゃんより大きく、
そうなると成長スピードも速く、あっという間に体格差が
できてしまいました。

ペンギンは親が一度食べたエサをクチバシうつしでもらいます。
そうなると体が大きいほうが親のクチバシに届きますし、
小さいほうを押しのけてエサを食べちゃうこともできます。


やっぱり体重はなかなか増えず、でもまだ元気で
でも体重の減少が見られるようになり
このままいくのであれば
元気なうちに・・・と親元から取り上げ、暖かい部屋に連れて
いったんですよねー。
当時書いた記事こちら


親元から取り出したときの、ピーちゃんを
手にのせたときのことは今でも覚えています。
親から取り出した瞬間、最悪の事態(=死)を考えましたし
これでいいのかと思いましたが

当時は「このままだといずれ成長できず死ぬ」と判断し
2羽いたうちの体重が軽い方を取り出しました。

今だったらどうするかなー。

なるべく、親元にいた方がいいと思っています。
考え方の違いと思いますが、当時は
「大きくならなかったらヒトが育てる」ということに
とらわれすぎていたのだと思います。

ヒトに育てられたペンギンは種的にはペンギンですが
ペンギンが本来行う繫殖は可能なのか。
ペンギンとして自分の次の世代を育むことは可能なのか。
このペンギンの家系は、ずーっと、ヒトに育てられることに
なりはしないだろうか。
後々そんなことを考えるようになっていきました。


「どうすれば、ペンギンに育ててもらい、ペンギンとして大きく
させることができるか」を考えるべきでした。

交代でピーちゃんともう1方を時間を決めて取り上げて
どちらも親からエサをもらえるようにするとか。
(実際ジェンツーペンギンでこれをやったことがあり、2羽とも
親元から巣立ちました)

他にもヒナを育てていたペアがいたので、当時は
ピーちゃん含めてヒナが4羽、ペアが3組だったので
ペア3+ヒト1で、ヒトのもとにいるヒナをローテーションさせて・・・
とか。

いずれにせよ、ピーちゃんの存在は自分にとってとても大きな
ものなんです。

なもんだから、ペアを組んで繫殖したってゆーときにゃ
うれしくてうれしくて・・・

今でも(自分だけにじゃないかもしれないけど)
展示場に入ると、ペタペタと寄ってきてくれます。
それもなくなるくらいになってほしいと思っていながら
その瞬間はうれしくなってしまいます。


 今
卵あるから、動けないの・・・

いやいや、いいんですよーそれで。
ヒトを見たら、ガンガン攻撃するくらいになってくれなきゃ。

さて、GAOでは
キタイワトビは2個卵を産むものの
1個目からの孵化数がとても低いです。

野生では2個うんでもわざと転がしたりすることもあるそうですが
ここは飼育下。
加えて、キタイワトビは国内において数が多いわけでは
決してありません。かつ、高齢化も視野に入れなくてはいけません。


ということで
 1個目を

あったかい箱「孵卵機」にて管理することを試みています。
孵化しそうになったら、ペンギンに託す作戦です。


 1日1回、
卵の重さもはかります。
順調だと、減っていくんですって。
なんか増えそうなイメージあるけどなあ・・・。

卵の表面は、細かい孔が開いていて(もちろん肉眼ではわからない)
ガス交換とか、ちゃんとされているそうです。

順調にいくと、4月下旬あたりからヒナが孵化するのかな?

元気な鳴き声が、展示場いっぱいに響くことを願います。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

ちびジェンピー

2017年08月24日 (木)15:16

ちょっと前のお話になりますが
今年GAOでは4羽のジェンツーペンギンのヒナが孵化しました。

そのうちの1羽が
 どーも
小さいのでは・・・というお話です。
詳細こちら


 なんだか
ちょっと、線が細いですね。

同時期に孵化したジェンツーと比べても体重の伸びが少ないことも
気になるのですが
息をするときに、どーも苦しそう・・・というか、
深く深く呼吸をしていました。

とはいえ、自力でエサを親にねだり
ちゃんと食べている様子も確認されていたので
親から離すことはせずにいました。

ヒナが食べるものは親が一度胃袋にためた魚などです。
おなかがすくとピーピー鳴いて親のくちばしをつつきます。
すると親はくちばしを開け、ヒナに直接胃袋からの
エサを流し込む・・・という方法でヒナはエサをもらいます。

そのため、親に与える魚に薬を入れて
間接的にヒナにいくようにしました。

また、呼吸器系にと
 こんな
治療を・・・

これ、ドライアイスじゃないですよ。

 薬を
専用の装置に入れて気化させて、呼吸器系に直接届けるそうです。

ヒトだと、ぜんそく気味の人にこういう方法で治療したりするそうですが


 数日間
続けて・・・


ある日
「あの子、どうなったの?」

「いますよそこに」


 ん?


 んん?!

ジェンツーじゃん!!

というわけで、白いバンドがトレードマークのジェンツーペンギンに
なっていました!ヒナ特有のふわふわ羽根もすべてきれいに
大人の羽根にかわっていました!
(この過程を見過ごしてしまってごめんなさい・・・)

呼吸するときのぜ~ぜ~感もなく、言われなければ気が付かないくらい
元気になっていました。

しかし、大きくなったものの
これまでのジェンツーのヒナの成長に比べると体格が小さいような
気がするのです。

このときは落ち着いていましたが、今後も注意して
見ていく必要がある個体です。

ともあれ、大きくなってくれたことに
今はうれしく思います。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (2)

ジェンピーイワヒナ便り

2017年07月03日 (月)09:06

 あなたね、
一度小笠原に行ったくらいで、ちょっと浮き足たってるんじゃない?

知らないことを知るっていうのはいいことだと思うけど、
楽しかったのを言い訳にして自分のまわりのことを見失うのは
良くないわ。

少しの間、余韻を楽しむのもいいけど

 ちゃんと
足元見なきゃだめよ。


あ、はい、すみません・・・。。

というわけで、今年生まれたジェンツーペンギンのヒナたちは
あっという間に大きくなりました。

今年はジェンツーのヒナ、通称「ジェンピー」は4羽、
キタイワトビのヒナ「イワヒナ」は1羽が孵化、成育しています。


 こちら。
うーん毎年見てるけど
 いい目つき・・・。
このヒナの母親は、初繫殖です。
数年間ずっとペアも組まず、繁殖期になっても
その気が見られなかったのでどーしたもんかなーと思っていましたが
今年初めて繁殖、ヒナの誕生に至りました!
このぶんだと順調にすくすく大きくなりそうです。

さて、ジェンピーはというと

 まず
この1羽でしょー。

 この
1羽でしょー。(何だかよくわからない)

そして

 2羽が見守る
この1羽・・・。

ちょっと小さいなと思った方もいるかもしれません。

実はこのジェンピー、前の2羽と孵化した時期は変わらないのですが
なかなか体重が増えません。

親の子育てがうまくいっていないわけではなく、むしろベテランペアなのです。
エサもねだるし、ただ体重が増えません。
こうしてちゃんと立っているし、動き回ることもできます。
エコー検査や採血検査等々できる検査はしたのですが
はっきりとした原因は不明で、現在親元に置きながらも、治療をしながらの対応です。

何でしょうね・・・これまであまりそういうことはなかったのですが・・・
不安ながらも自力で動いていますので、そっと応援を続けたいと思います。

あれ?もう1ジェンピーは?

 あ。
写りこんでた。

独立心が強そうです。。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

なんだかんだいって魔法なんだと思う

2017年05月24日 (水)16:18

当然のことですが
生き物の誕生に慣れてはいけない。
生き物の死に慣れてはいけない。。

誕生はうれしいものですが
卵の中で生命体が出来上がっていくのって
どう考えても不思議で仕方ない。

いくら生物学的に説明されても
魔法でしかないと自分は思っています。


2017年、

 ペンギン
誕生です!!
この場での報告が遅くなってごめんなさい。

5月15日、キタイワトビのヒナが1羽、ジェンツーペンギンのヒナが2羽誕生しました。
現在、3羽とも元気に成長しております。
写真はキタイワトビのヒナです。孵化当日の体重は約77グラムでした。


でもってこちらが
 ジェンツーの
ヒナ通称「ジェンピー」(ここ毎年言っているが、GAOではジェンツーのヒナを
ジェンピーというのだ!)です。こちらも孵化当日の体重が約74グラムと
キタイワトビと大差はありませんでした。

で、今日、見せてもらったんですよ。

 なんか
おかしくない??
ヒナすり替えたんじゃない?っていうくらいのこの成長スピード。

 (初日)


 こっちも

 なんか
おかしいと思う・・・。

いや、いずれにせよ
すくすく育っているのは、いいことです。

 すくすく
育ってね。

キタイワトビの夫妻、
 オス(奥)が
・・・

おそらく、ヒナが気になって
ほとんど水に入ってないんだと思います・・・・・。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

たゆみぐあい

2017年03月31日 (金)18:39

ぜっっっったい、

 2個め、
あると思う。

 あの
おなかの

 たゆみ具合、
たまご2個、あると思う。


(ペンギンのおなかをちょっとだけ上にあげる)

「ほら!あった~!!!」

というわけで、

 キタイワトビ
バンド色青と黄色ペア、通称「アオキ夫妻」
2個目の卵を確認しました。

イワトビペンギンは通常1個めの卵を産んだあと、3~5日空けて2個めの卵を
産みます。

3月25日に1個目の卵を確認して5日後、2個目の卵を確認しました!


どうだこのおなかのたゆみ具合でたまごが1個か2個か判断できる能力!
ふふんと自分の中でいい気になっていたら
新人くんに
「このおなかの具合は、2個あると思ったんですよ!」と言われました・・・
幻 年の功。


順調にいくと、4月下旬~5月あたりにヒナが孵化しますが
このペア、実はここ数年卵は産むもののヒナの孵化がないのです。

アオキ夫妻はGAOが始まったときからいるのですが・・・

ちょっと気になるのが「もしかして高齢なのかも?」なところです。


2羽とも、もとは野生出身なので
正確な年齢はわからないのですが
体つき等から見ると、ちょっと心配なところもあります。

ヒナが孵化してほしい気持ちはもちろんありますが
アオキ夫妻にも健康でいてほしいと願っています。






さて、3月31日は
 みずきの
9歳のお誕生日でしたよ♪
みずき、お誕生日おめでとう♪

ところで・・・・・

昨日の30日、

 なんか
夜、マリーと一緒に陸の上で休んでたから
これ、そろそろ?なんて言ってたけど

 ・・・・・
こうなってくると、もう心配です。
どうかみんな無事に・・・・・。。





※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

秘湯奪い合い

2017年03月07日 (火)08:15

先日、
「足湯ペンギンがいる」というネタを
ここでお伝えしましたが
(2月12日「気になるあの子」)


 またやってる・・・

しかも

 まったくおなじ場所・・・

ここから新鮮な水が出るとか、ここだけ違うとか
そういうことは全くないのですが
ほぼ場所違わず、ここで「足湯」しているんです・・・。

この日も「ちょっとあのペンギン足湯してる~」とかいう声が
聞こえてきたので
見てみたらこんな感じです。

でもよくよく見ると・・・

 あれ?

これ、トリノかな?

 なんか
違う気が・・・

とその時!

 どけどけ~!
そこはぼくのばしょだ~!!


 ふんっ。

トリノ、定位置。

 後ろで
羨ましそうにしている子・・・
一緒に足湯すればいいじゃない・・・。


一体、その場所に何があるのか・・・

ヒトにはわからない、ペンギン的秘湯。
(よくよく考えたら「湯」ではない。)



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

気になるあの子

2017年02月12日 (日)17:59

気になる子がいます。

 1月14日。


 1月23日。


 2月11日。

ペンギン展示場中央で、いっつも足湯してるジェンツーペンギン・・・

違う個体なんだろなと思っていたら、なんと毎回同じ個体で
「トリノ」というそうです。
(※去年生まれたペンギンたちはオリンピック開催都市の
名前がついています)

こうして泳ぐわけでもなく、
ひたすら足湯しているそうです。


 足湯ペンギン、
探してみてください。

午前中によくやってます。。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (2)

項目増えた

2016年12月25日 (日)13:15

皆様、
カリフォルニアアシカのたんぽぽより、
dsc_1608 メリー
クリスマス~☆
一部で「かなり気乗りしていないのではないか」という微妙な表情ですが。。

さて、12月ももうすぐ終わりますね。

今月は獣医も走る
dscn4576 師走。

何してるんですか~?
dscn4577 ・・・ペンギン?
ペンギンのレントゲンっすか?!

そうなんです。最近、ペンギンの健康診断の中に
「レントゲン」が追加されました!
dscn4578 横から撮影した図。
そういえば昔、「トリ〇ア」で
ペンギンの脚は長いって、骨を見ればわかるっていうのやってたけど
これを見ればなるほどですね~。


もう一羽、これからやるっていうので
見せてもらえました。


dscn4581 まずは採血。
写真はキタイワトビペンギンのピンクさん(翼帯色:GAOにいるメスの
キタイワトビの中ではおそらく一番凶暴ではないかと噂されている)。
タオルで巻いて、フリッパーがばたつかないようにして
dscn4582 脚に注射針
さして血とります。

dscn4586 血が
来てますね~。
このとき、脚をあまり強く抑えすぎると血がなかなか流れてこなくなるし
そうすると時間がかかってしまう。
だからといって体をゆるく抑えると
フリッパーでばたついて
採血どころじゃないよっていう事態になる。

こうして治療等のために動物を抑えたりすることを
保定っていうんですけど
以前自分がやっていたときは獣医に
「(ペンギンの)採血は9割保定で決まる」といわれたことがあります。
(てことはたぶんそんなにうまくなかったんじゃないかしら・・・)


採血が終わったら、

dscn4591 次はいよいよ
レントゲンでーす。
手前の機械からエックス線がびーっと出て、壁側にあるあの板の中に
骨が映し出されるわけですね!

それではれんとげーん
「あ、あと出ててもらえますか」

ヒトでもその他動物でもレントゲンはエックス線ですので
撮影される動物、補助するニンゲン
しっかり回数や量が守らなくてはいけません。

補助してるヒトはこのあとエックス線の影響がないように
専用の服を着用してレントゲンを使用しましたよ。

まあ、エックス線が目に見えてびーっとでるわけではないので
実際撮影してる最中に見ていても
この写真と何ら変わりはないんですけど・・・。

dscn4593 ピンクさん
はい終了!
おつかれさまでした~。

2017年も健康第一でお願いしたいものです。


※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

 

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

夢のもふもふパラダイス

2016年07月28日 (木)19:30

先月の記事で
ジェンツーのヒナたちは歩けるようになると
ヒナ同士で集まると
そんな状況
もふもふパラダイスだと
お伝えしたのですが
(http://www.gao-aqua.jp/blog/?p=18289)

DSC_0830 どこにも
ありません。(↑夏なんで氷入れてみました)

というか、ヒナがどれだかもうわかりません。

DSC_0853 いた!
1羽発見!隣にいるのが親なんです・・・が・・・

そうなんです、もうこんなにおっきくなっちゃいました・・・。


6月に孵化したジェンツーペンギンのヒナたちはもうすっかり大きくなり、
毎年「早すぎるよ!」とつっこみたくなる時期になってしまいました。

今年は5羽のじぇんぴーが育っています。

DSC_0825 1羽で
たたずむ者。

DSC_0863 明らかに
親とそんなに変わらないのにエサをいまだにねだる者。

DSC_0852 1羽で
たたずむ者。

DSC_0865 親に
べったりな者。

1羽1羽、やっぱり性格はあるみたいです。


結局「ヒナ同士集まる」姿を見ることはできなかったのですが・・・

よくよく考えてみると、野生でヒナが集団になるのは
親がエサを獲りに行っている間です。親不在のときです。

水族館だと・・・・・

うーん、そうだよね。
親がいつも一緒にいれば、わざわざヒナ同士集まる必要なんてないよね。

というわけで、自分のなかで
もふパラでの夢に区切りをつけたのでした。

成長したじぇんぴーたちですが、まだ泳いでる姿を見ていません。
DSC_0844 ヒナ特有の
ふわふわした羽根も抜け始め、もうそろそろ泳いでも大丈夫そうなんですけどね・・・。

ふわふわした羽根では泳ぐことはできませんが、こうしてみると
すでに大人と同じ羽根が生えそろってきています。

ということは・・・あとは度胸のみ!ってところでしょうか。
頑張ってほしいところです。



以下、写真に独り言。

個人的に
DSC_0866 ぽよんとした
この時期特有の脚の部分が好き。

氷にのったジェンツーが
DSC_0869 なんか
合成ぽい・・・。
(白い色は遠近感をつけにくくするっていうけど、そのせい?)

DSC_0858 氷に囲まれて
ご満悦。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (3)

カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
  • 10羽のお引越し
     確かに、人は勝手なものだな、と思います。 そもそも水族館と... はな (4/18)
  • 10羽のお引越し
     水族館には生き物達を飼育、展示する以外に種の保存とかも役割と... えるえる (4/18)
  • 投票期日は15日
     みずきちゃん まんまるですね〜 まるまるちゃん♡ 毛が生... Koko (4/15)
月別で記事をみる