‘ペンギン’ カテゴリーのアーカイブ

秘湯奪い合い

2017年03月07日 (火)08:15

先日、
「足湯ペンギンがいる」というネタを
ここでお伝えしましたが
(2月12日「気になるあの子」)


 またやってる・・・

しかも

 まったくおなじ場所・・・

ここから新鮮な水が出るとか、ここだけ違うとか
そういうことは全くないのですが
ほぼ場所違わず、ここで「足湯」しているんです・・・。

この日も「ちょっとあのペンギン足湯してる~」とかいう声が
聞こえてきたので
見てみたらこんな感じです。

でもよくよく見ると・・・

 あれ?

これ、トリノかな?

 なんか
違う気が・・・

とその時!

 どけどけ~!
そこはぼくのばしょだ~!!


 ふんっ。

トリノ、定位置。

 後ろで
羨ましそうにしている子・・・
一緒に足湯すればいいじゃない・・・。


一体、その場所に何があるのか・・・

ヒトにはわからない、ペンギン的秘湯。
(よくよく考えたら「湯」ではない。)



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

気になるあの子

2017年02月12日 (日)17:59

気になる子がいます。

 1月14日。


 1月23日。


 2月11日。

ペンギン展示場中央で、いっつも足湯してるジェンツーペンギン・・・

違う個体なんだろなと思っていたら、なんと毎回同じ個体で
「トリノ」というそうです。
(※去年生まれたペンギンたちはオリンピック開催都市の
名前がついています)

こうして泳ぐわけでもなく、
ひたすら足湯しているそうです。


 足湯ペンギン、
探してみてください。

午前中によくやってます。。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (2)

項目増えた

2016年12月25日 (日)13:15

皆様、
カリフォルニアアシカのたんぽぽより、
dsc_1608 メリー
クリスマス~☆
一部で「かなり気乗りしていないのではないか」という微妙な表情ですが。。

さて、12月ももうすぐ終わりますね。

今月は獣医も走る
dscn4576 師走。

何してるんですか~?
dscn4577 ・・・ペンギン?
ペンギンのレントゲンっすか?!

そうなんです。最近、ペンギンの健康診断の中に
「レントゲン」が追加されました!
dscn4578 横から撮影した図。
そういえば昔、「トリ〇ア」で
ペンギンの脚は長いって、骨を見ればわかるっていうのやってたけど
これを見ればなるほどですね~。


もう一羽、これからやるっていうので
見せてもらえました。


dscn4581 まずは採血。
写真はキタイワトビペンギンのピンクさん(翼帯色:GAOにいるメスの
キタイワトビの中ではおそらく一番凶暴ではないかと噂されている)。
タオルで巻いて、フリッパーがばたつかないようにして
dscn4582 脚に注射針
さして血とります。

dscn4586 血が
来てますね~。
このとき、脚をあまり強く抑えすぎると血がなかなか流れてこなくなるし
そうすると時間がかかってしまう。
だからといって体をゆるく抑えると
フリッパーでばたついて
採血どころじゃないよっていう事態になる。

こうして治療等のために動物を抑えたりすることを
保定っていうんですけど
以前自分がやっていたときは獣医に
「(ペンギンの)採血は9割保定で決まる」といわれたことがあります。
(てことはたぶんそんなにうまくなかったんじゃないかしら・・・)


採血が終わったら、

dscn4591 次はいよいよ
レントゲンでーす。
手前の機械からエックス線がびーっと出て、壁側にあるあの板の中に
骨が映し出されるわけですね!

それではれんとげーん
「あ、あと出ててもらえますか」

ヒトでもその他動物でもレントゲンはエックス線ですので
撮影される動物、補助するニンゲン
しっかり回数や量が守らなくてはいけません。

補助してるヒトはこのあとエックス線の影響がないように
専用の服を着用してレントゲンを使用しましたよ。

まあ、エックス線が目に見えてびーっとでるわけではないので
実際撮影してる最中に見ていても
この写真と何ら変わりはないんですけど・・・。

dscn4593 ピンクさん
はい終了!
おつかれさまでした~。

2017年も健康第一でお願いしたいものです。


※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

 

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

夢のもふもふパラダイス

2016年07月28日 (木)19:30

先月の記事で
ジェンツーのヒナたちは歩けるようになると
ヒナ同士で集まると
そんな状況
もふもふパラダイスだと
お伝えしたのですが
(http://www.gao-aqua.jp/blog/?p=18289)

DSC_0830 どこにも
ありません。(↑夏なんで氷入れてみました)

というか、ヒナがどれだかもうわかりません。

DSC_0853 いた!
1羽発見!隣にいるのが親なんです・・・が・・・

そうなんです、もうこんなにおっきくなっちゃいました・・・。


6月に孵化したジェンツーペンギンのヒナたちはもうすっかり大きくなり、
毎年「早すぎるよ!」とつっこみたくなる時期になってしまいました。

今年は5羽のじぇんぴーが育っています。

DSC_0825 1羽で
たたずむ者。

DSC_0863 明らかに
親とそんなに変わらないのにエサをいまだにねだる者。

DSC_0852 1羽で
たたずむ者。

DSC_0865 親に
べったりな者。

1羽1羽、やっぱり性格はあるみたいです。


結局「ヒナ同士集まる」姿を見ることはできなかったのですが・・・

よくよく考えてみると、野生でヒナが集団になるのは
親がエサを獲りに行っている間です。親不在のときです。

水族館だと・・・・・

うーん、そうだよね。
親がいつも一緒にいれば、わざわざヒナ同士集まる必要なんてないよね。

というわけで、自分のなかで
もふパラでの夢に区切りをつけたのでした。

成長したじぇんぴーたちですが、まだ泳いでる姿を見ていません。
DSC_0844 ヒナ特有の
ふわふわした羽根も抜け始め、もうそろそろ泳いでも大丈夫そうなんですけどね・・・。

ふわふわした羽根では泳ぐことはできませんが、こうしてみると
すでに大人と同じ羽根が生えそろってきています。

ということは・・・あとは度胸のみ!ってところでしょうか。
頑張ってほしいところです。



以下、写真に独り言。

個人的に
DSC_0866 ぽよんとした
この時期特有の脚の部分が好き。

氷にのったジェンツーが
DSC_0869 なんか
合成ぽい・・・。
(白い色は遠近感をつけにくくするっていうけど、そのせい?)

DSC_0858 氷に囲まれて
ご満悦。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (3)

ジェンツーライン

2016年07月13日 (水)19:34

DSC_0647 ないがしろに

DSC_0649 していたわけでは

DSC_0657 ありませんよ。
クルミさまのチップごろごろは、相変わらず無駄がありませんね。

本日2016年7月13日、男鹿水族館GAOは
12周年を迎えました~。。

12周年ですからね、1年に1度必ず「周年」ってのはあるもので
今年は12だしまあふつうに祝おうかみたいな感じで・・・

まあ、そんなわけで。

12周年の今日は

DSC_0691 じぇんぴーです。

今年孵化したジェンツーペンギンのヒナですが、ご覧のとおり
かなり大きくなっちゃいました!
孵化して1か月程度ですが

DSC_0693 体重は
3キロほどと、大人の半分くらいです。
毎年思うんですけど、なんでフリッパーからおっきくなるんでしょうね・・・

DSC_0707 目の上には
ちょびっとだけ、白いもようが・・・
ジェンツーペンギンの特徴である白いラインにはまだならないけれど、
なんだか微妙にあるんですよね~。

しかも、

DSC_0708 横から見ると
なんとなく、頭へこんでません??

これまでじぇんぴーを何羽か見てきましたが、どーもここに
あの「白いバンド」ができてくるようなのです。

自分はこれを「ジェンツーライン」と呼んでいます。

現在、展示場では5羽のじぇんぴーが
親ジェンツーに育てられています。みんなすくすく大きくなっています。


いやいや、それにしても・・・
DSC_0711 12年前は
ジェンツーのヒナが生まれるなんて、思いもしなかったよ。
というか、考えもしなかったかも。

ペンギンのヒナが見たい!とは漠然と思っていたかもだけど、まさか
こんな目の前で見れるとはね・・・。

この写真の左側の個体は12年前からいる個体なんですが、
ここ数年の間に数羽のヒナを立派に育てました。

DSC_0714 こちらは
今年初めて子育てをしている個体です。
最初は心配でしたが、今ではしっかり子を守っています。

今でこそこうしてヒナが生まれていますが
ジェンツーペンギンの繁殖が続くようになったのはここ最近のことです。

この12年、生まれた生き物もいれば死んでいった生き物もいるわけですが
GAOが12年この場所に成立していることに感謝するとともに
この先13年、14年と
変わっていくけど変わらないGAOであるよう
スタッフ一同努力していきます。

水族館というのは、来館される方はもちろん
水族館の発信する情報を見てくれる方がいないと
成立しない場所です。

この先も、男鹿水族館GAOを
気にかけていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

DSC_0718 ぼくも
がんばるー。。
(↑この姿勢でなぜか数分突っ立ってました)



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

じぇんぴー 孵化ラッシュ

2016年06月19日 (日)14:23

はーいそれじゃあ
恒例の体重測定しまーす。

DSC_0124 1羽目。

DSC_0126 2羽目。

DSC_0129 3羽目。

DSC_0131 4羽目。

DSC_0133 5羽目!!

というわけで、今月の初めからはじまったジェンツーの孵化ラッシュ。
今年は現在5羽のヒナが全員ペンギンの子育てのもとですくすくと
成長しております!!

DSC_01062 初の子育て
みどりちゃん。
ほんの数日前、ヒナに傷が出来ててハラハラしたけど、

DSC_0114 薬を塗ってもらって
今は元気です。
(写真何番目かもうわからないけど・・・)
ヒナたちはある程度大きくなって歩けるようになると、
ヒナ同士で集まるといいます。
そうなるともうもふもふパラダイスです。

・・・・・楽しみですね。


※このブログ内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

じぇんぴー2016

2016年06月08日 (水)15:09

数日前、ネット上で
「ペンギンの赤ちゃんの体重測定が激カワ」というのを
見ました。

激カワ。

海外の動物園で。

ほほう。

それならこっちだって。

PIC_0290 どうだ
激カワ!
こっちのほうが激カワだもんね!
というわけで、ジェンツーペンギンの赤ちゃんです!

昨日7日夕方、ジェンツーペンギンのヒナが孵化しているのが
確認されました!

え?あっちは動画だったって?

そういわれると思ってましたよ。


男鹿水族館GAO じぇんぴーが激カワ☆
(毎年言っているが、GAOではジェンツーペンギンのヒナを「じぇんぴー」と呼ぶのだ!)

この写真のじぇんぴーは
PIC_0294 画像一番右の
バンド色が青(オス)とみどりちゃん(メス)のペアから生まれました。
青さんは昨年まで違うペアの旦那さんで、みどりちゃんは初めての我が子です。

違うペアの旦那さん、に「ん?」と思った方もいらっしゃるかもですが
ここ最近GAOのジェンツー、ペアの組み合わせががらっと変わりました。
ちなみに青さんの元奥様はバンド色きいろちゃんなのですが
なんと写真の隣(奥)のほうで、新たな旦那様と
卵を温めています。
なんだかなー。

まあ、ジェンツー界では特別なことでもないのでしょうね。
これがGAOだけだったら問題ですけど・・・。

ちなみに体重は

PIC_0291 80グラム。
羽根もきれいで、動画のとおりピイピイ鳴いて元気そうです。

PIC_0293 実は
今日の朝、青みどり夫妻のもう一つの卵からもヒナが卵の殻を
割っているのが確認されました!
順調にいくと今日明日あたり、もう1羽ヒナが孵化しそうです。

ジェンツーペンギンは1つめの卵を産んだあと、3~5日くらいあとに
もう1つの卵を産みます。

産卵日に差はあるものの、2個孵化する場合はほとんど
日数に差はありません。
不思議ですね。

他にも孵化の可能性がある卵が3~4個あるそうです。
みんな無事に孵化してくれるといいなあ・・・。

余談ですが、

PIC_0294 こちらの
ジェンツー子育て団地、黒くありませんか?

巣材である石を敷き詰めて数年、思ったことがあるのです。

ジェンツーたちはなぜか
PIC_0287 黒い石を好む。
(うちだけか?!)

巣材には造園用の丸い石を使っているのですが、色が薄い石は
担当者の判断により取り除かれます。

まあ、白い石の中に黒いジェンツーがいたら
保護色でもなんでもないですもんね。
ヒナ丸見えですもんね。

石の仕分け作業は、しばらく続きそうです・・・。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

巣から出てる疑惑

2016年05月16日 (月)18:57

 4月20日
イワトビペンギン孵化。

ヒナちゃん、小さかったよね~。

時間は経過し

 おっきくなっちゃいました。
4月20日に孵化したイワトビペンギンのヒナは、ご覧のとおりすくすく成長し
孵化直後100グラム程度だった体重は

 1キロを
超えました。こうしてみると何の物体なんだかわかりません。
まだまだ、親の足元にこもっていたいのでしょうか・・・。

ちなみに、ここの親はバンド色が黒のオスとピンクのメスなんですが
個人的にこのペア、めっちゃ怖いんです。

もう少し近くで見たいな~なんて近づこうとすると

 おうおう、
近寄るんじゃね~よ

といわんばかりのにらみっぷり。旦那様も奥様も怖いんだから・・・。。

気づいたら
 ヒナちゃん
自分で立てるようになってたのね。 

・・・・・

ここで思ったのですが

 巣が
明らかに手狭です。

イワトビペンギンのヒナはある程度大きくなると
やっぱり動き回ります。
ジャンプ力も出てくるようで、このくらいの段差であれば
ぴょーんと下りたり登ったりすることができます。

ここまででかくなると、もう巣から出てお散歩してもよい時期なのですが・・・

 自分は、
まだ見たことがありません。

「一瞬、巣の外にいたけど次の瞬間には巣にいた」という噂があるんですが・・・

 過保護すぎるのも
よくないですよ~。

でも絶対、巣から出てると思う。。




※このブログ内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (4)

ヒナマジック

2016年04月29日 (金)19:03

この時期になると
毎回毎回思うネタなんですが

4月20日にイワトビペンギンのヒナが
 無事孵化しまして

ちゃんと大きくなれているかを確認するために

 1日に1回、
親元からちょっとの間取り上げ、体重をはかっています。
凶暴なペアの攻撃を受けつつ・・・。(ここのペアからヒナを取り上げる場合、「親からの攻撃を
受ける役」と「ヒナを取り上げ役」が必要)

ヒナは親が一度食べて胃に入れたものをくちばしうつしでもらいます。
おなかがすくとピイピイと鳴いて親のくちばしをつつき、エサをねだります。
そのため、体重が増えているかどうかはちゃんと成長しているのか、かつ
親がしっかり子育てをできているのかを知ることができるとても大切な指標です。

しかし個体によっては人がヒナを取り上げるのをとても嫌がり(というか嫌がられないと
困るんですけど)そっちの方に気を取られてしまって、落ち着いて子育てができない
可能性もあると考えられます。
ですので体重をはかる頻度というのはそのペアによって判断するんですけど・・・

ここのペアはもう一時的にヒナを取られても、すぐに戻せば
何事もなかったかのようにヒナをおなかの下にしまい、しっかりとエサをあげ、
人が近づこうものならばものすごい勢いでダブル攻撃をしかけてきます。

というわけで、ここのヒナちゃんは1日に1回、体重をはかっています。
 これ初日。
315グラムとありますが、ボウルとタオルの重さが入っているので差し引いて
正確な体重は123グラムでした。

初日にしては重たい数値です。
ボウルの中にちょこんと黒いかたまり。

 これ4日後。

・・・何かの間違いじゃないかな・・・

と思ってしまうぐらいの・・・。

今回はボウルとタオルの重さはあらかじめ引いてあるので、
この数値が体重なわけですが・・・

容器が小さいのではという声も出てきそうですが
4日前と変わらないプラスチックボウルです。

 うーん、

確かに、4日経過してるんだから変化はあって当然なのですが
 びっくりしますよ。

前に何かで、ペンギンのヒナを初めてレントゲンで撮影した科学者が
現像されたものを見て
体の半分以上が胃袋だったことに対して
爆笑したという話を聞いたか読んだかしたんですけど・・・
(爆笑はどうかな・・・。)

でも、本来の野生下では
こういう成長の仕方じゃないといけない理由があるのでしょうね。

着々と
 増量して
大きくなっていることに、一安心です。

ちなみに本日29日の体重は、426グラムでした。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

孵化しました♪

2016年04月21日 (木)19:28

朝。
イワトビペンギン見てみたら
 なんと!
卵の殻が転がっているでがありませんか!!

そのわきには
 ちょっとだけ
ふわふわの黒い頭とまだ白いくちばし!

4月20日、イワトビペンギン孵化です~!!

18日からここのペアの卵に穴が開いていたのが確認されており、
まだかな~まだかな~と思っていましたが・・・

20日朝、このように殻が蹴りだされていました!

 いやいや、
見たいですね~ヒナちゃん。

とはいっても、ここのペアはGAO最強と恐れられている(というか勝手に恐れている)
バンド色黒の旦那とピンクの奥様。

近づこうものならするどいくちばしでぼろぼろにされてしまいます。。

まあまだ孵化して間もないし・・・と思っていましたが
この日はなぜか運がよかった!

 ひなちゃん
おなかすいた!

 ぴいぴいと
元気いっぱいです!

ヒナはおなかがすくとぴいぴいと鳴いて親にエサをねだります。
すると親は自分が一度食べて胃で消化し、ためておいたものを
与えます。

この「胃袋で消化してヒナのためにためておく」って・・・
すごくないですか?
どういうスイッチが入ってるんでしょうね・・・。

エサを与えている様子がこちらです。
https://youtu.be/_V4rn0T65P4

 このペアは
凶暴だけど子育てに関してはかなり過保護です。
それはヒナが大きくなるにつれてわかるとして・・・

今年は4ペアができていたのですが、孵化の見込みは実はこの卵のみでした。
4ペアのうち1ペアはおそらく高齢、1ペアは卵の状態があまり良くなく途中で
破卵(卵が割れてしまったり、つぶれてしまう)
1ペアは卵はよさそうなものの無精卵でした。

ここ最近は最低でも2羽くらいは孵化が続いていたのに今年は1羽でした。

何かを見直さなくてはいけない時期なのかもしれません。


しかしまずは、今回孵化してくれたひなちゃんの無事な成長を
願いたいと思います!




※このブログ内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (1)

カレンダー
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
  • いまさらだけど
     いつも生き物たちへの愛情溢れるblog楽しみにみています。水... ぽんた (7/18)
  • いまさらだけど
     笑ってしまいました。 動物って本人は真剣なのでしょうが、面... マミー (7/15)
  • ジェンピー近況報告
     ジェンピー情報ありがとうございます。 飛ぼうとしているって... 十月女 (7/11)
月別で記事をみる