‘おすすめ“男鹿”’ カテゴリーのアーカイブ

男鹿の道の駅 オープン!

2018年07月03日 (火)13:26

7月1日、男鹿市に

 道の駅
「オガーレ」がオープンしました!

オープニングイベントということで、

 お出かけ水族館
お邪魔してきたんですが、今回はスペシャル!

 秋田市の
大森山動物園、山形県鶴岡市の加茂水族館からも応援にきて
いただきましたよ!

加茂水族館からはクラゲ、大森山動物園からは
オモリンでしょ、

 骨・・・
左からチンパンジー、オオカミ、トラ。
うん、なんとなくわかる。チンパンジーはまあヒトよりでしょ、
オオカミはイヌよりでしょ、トラはネコよりでしょ(そーでも
ないかも)

一番びっくりしたのが

 やっぱ
これでしょ。
そう、書いてあるとおり「キリン」!

頭が大きいのはわかるんだけど、頭のツノ?コブ?って
 がっつり骨入ってたんですね。
(↑前にどこかで撮ってた)
てっきりぷよぷよしてるんだと思ってたんだけど・・・。

キリンは、特にオスの場合、長い首をムチのようにふって
相手に頭ごとぶつかっていきます。これをネッキングというそうです。

テレビで見たことしかないのですが・・・
首をふってぶつかりあう時には
「がこーーん!!!」という、強靭な骨と骨が
ぶつかりあう音がします。
ですので、野生には首の筋肉が隆々なマッチョキリンも
存在するとか。

そんなキリンの首攻撃、ヒトにとっちゃあ一撃必殺ですね。


さてこの新しい道の駅「オガーレ」ですが
最近の道の駅はすごいですね。

道の駅というと、主にドライブとかの途中で
遠くから来た人が利用するためのものと思っていたのですが

 中には
野菜や海産物、男鹿のお菓子など
近くに住んでてもお買いものしたくなるスペースが充実です。

 ジェラートも
やってるし。これからの季節にいいですね。

道の駅「オガーレ」はGAOからなまはげライン経由だと30分程度です。
男鹿にお越しの際にはぜひお立ち寄りください!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:おすすめ“男鹿” |投稿者: | コメント (0)

期間限定 1千数百万年前の海の底

2018年03月23日 (金)18:20

GAOから車で30分くらい行ったところに

 「鵜の崎(うのさき)」
という場所があります。

冬から春の初め、限られた時期だけ

 海の底が
姿を現します。


ここ鵜の崎は、この時期以外
今目に見えている岩の部分はほとんどが海の中です。

 こんな感じ。
岩の露出度が少ないですよね。

そしてこの時期、とはいっても朝から午後3時くらいまででしょうか。

 こーんなに
海水が引いて、岸から数百メートルくらいまで歩いて海の底を
歩くことができるんです!

今回、ここである調査を行うということで
特別に同行させてもらいました。

その調査とは
潮が引いて、本来見えない海の底が見えるような時期しか
できないという・・・主に対象が
 こういう
形をした岩です。半分下、色が変わっていることから
普段半分は海の中、ということです。

え?作ったんだろって?

違いますよ。

 ど天然ですよ。
ここ鵜の崎は、海水が引くと
こんな丸い岩が

 ごろごろ
姿を現します。

この岩、「小豆岩」と言われており
「日本の奇岩百景」というのに選ばれているんです!
(正直「そういうジャンル百景あるの?!」程度の知識でしたよ)


 これだって・・・
(隣にいるヒトとの差に注目)

 あ、
これもかな・・・てか、山じゃん・・・(隣にいるヒトの大きさに注目)


ぼけーっと見ていたら、
これはほんの一部が表面からでているだけで
地面より下にどのくらいのものが埋まってるかわからないそうで。
・・・確かに。


 これなんか
もうてっぺんしか出てないけど
どのくらいの球状の岩が埋まってるのか・・・

さて、この真ん丸岩群、
一体どうしてこんな形になったのか?

この真ん丸岩、地質学的には
「コンクリーション」というものだそうです。
こうなるには「核」になるものが必要で、
中心部分から外側にどんどんどんどんいろんな物質が重なって
丸くなっていくんだそうです。

小さな雪玉転がしていけば大きな雪玉になるみたいな
ものだよと教えてもらいました。なるほど。

ん?ということは・・・

この真ん丸の中にも、何か入ってるということですか?

すなわち今回の調査はそれ!

長い年月をかけ、中には割れてしまった小豆岩も見られるのですが
その断面に・・・

 一部
色が異なる部分、ありますよね。


 これなんと
骨の化石なんです。大型の海棲哺乳類の背骨だそうです。
1千数百年前くらいとのことでした。

ここ鵜の崎の小豆岩には大型の海生哺乳類の化石があることが2015年に
判明したそうです。

 海水が
引いたおかげで、こんなふうに露出してくる化石も見ることが!
これも大型海棲哺乳類の骨とのことです。

 こちらも
骨の化石だそうですよ。

一千数百万年前に生きていた生き物の化石が
どうして地中深く掘ることもなくこうして現代の地表とほぼ同じレベルに
見ることができるのか。

そもそも、ここ鵜の崎は
一千数百万年前に海底だった地層が隆起によって持ち上げられ、その後
波に削られて現在の形になったと考えられています。
 この
あたり、その地層が目に見える場所かな?



宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の中で
ジョバンニとカンパネルラが訪れた場所の中にプリオシン海岸という場所を
訪れるシーンがあって。
そこでは学者や助手さんが化石の発掘をしているんです。

ジョバンニとカンパネルラは120万年前の大きなクルミを手に取ったり
化石や地層の話を聞いてるうちに時間が経ってしまい、
汽車に乗り遅れないようにと懸命に走ります。
風のように懸命に走り、汽車間に合います。

私が好きな「銀河鉄道の夜」のアニメ映画では
この汽車に間に合ったときに
カンパネルラが
「ぼくたちは今、120万年を一気に走りぬけてきたんだ。風みたいに」
と言います。
(このセリフ、原作に無いんですよね)



 こうして
自分が立っている地面が、1千数百万年前、海の底だったのだ。

どんな生き物がどんな海を泳いでいたんでしょうね。
そして今自分が見た骨の主は、どんな姿なんだろう。


自分は1千数百万年を戻るため
数回海にはまり
長靴の中をちょっと海にしました。


ここはこれから、さらに調査が進むのでしょう。
もしかしたら、この骨の主の姿も知ることができるかもしれない。

でももう
 自分が
さっきまでどの小豆岩を見ていたかわからない・・・。。


化石を見ることができる小豆岩を見つけるのは、
専門家の方がいないと難しいです。
ですが、この鵜の崎はなかなか見ることができません!

ここは駐車場もお手洗い等も完備されており、
晴れた日にはドライブ・ピクニックに最適の場所ですよ!
自分が小学生のころ、よくここで磯遊びしてましたが
まさかそんな場所だったなんて微塵も知りませんでした。
「カニいっぱいいたな~」くらいしか考えてませんでした。

1千数百万年前の海を、想像してみませんか?




すてきな形の岩を見つけたので、勝手に命名しました。

 にゃんこ岩。


もうどれだかわからない。。




※興味があるからと言って岩を傷つけたりすることは
絶対に止めましょう。長い年月をかけて自然が見せてくれた
貴重な歴史です。


※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:おすすめ“男鹿” |投稿者: | コメント (0)

海からのぞく達磨

2018年02月22日 (木)18:22

今日22日は

 穏やかな
天気でした。
寒かったですが、青空をこんなに見れたのは久しぶりだったかも。
最近は日も長くなってきましたね。

これは今日は夕日が撮れるかな?でも雲多いかな~。。

日没ちょい前。

雲の下から、

 夕日が
見えました!

よくよく見ると、水平線側にも見えますね!

ん?これはもしや・・・




 雪だるま!

 だるま夕日だ!
う~んどうだろう?!

このように、海面からだるまが顔を出しているように見える夕日(朝日もあり)
を「だるま夕日」と呼ぶそうです。
何でも、蜃気楼現象の一種だそうですね。

海面付近にあたたかい空気の層、その上に冷たい空気の層ができたときに
光の屈折で太陽がこのように2つ連なってみえることを言うんだそうです。

確かに今日は風もないけど寒かったからな~。

もうちょっと待てば、もっとだるまらしくなるかな?

頑張って待ってましたが

 雲~!!
いっちばん肝心なくびれに雲!!!
こーゆーとこなんだよなー自分。


このだるま夕日、海水温と気温の寒暖差で見れるそうですね。
寒暖差が生まれるのは秋~冬といいますから、
季節限定なんですね。

それに晴れてないと夕日自体見ることができないといいますから、
「幸運の夕日」なんて呼ばれることもあるそうです。

機会があればまた狙ってみようと思います。

こういう状態を、オメガサンとも呼ぶそうです。

「オメガサン」てどういうことだと思ったら
記号のΩ(オメガ)に見えるから、だそうです。。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:おすすめ“男鹿” |投稿者: | コメント (0)

告知!イオンモール秋田(秋田市御所野)限定販売「まるごと!男鹿福袋」を狙え!

2017年12月25日 (月)13:57

告知の場所がうまく決まらなかったので
この場を借りて告知させてください。

2018年1月1日まであと少し!
秋田市御所野にある「イオンモール秋田」は
1月1日はもちろん「初売り」。

その初売りにて、「まるごと!男鹿福袋」なるものが
初登場します。

中身が面白いんですよ。
 こちらの
なまはげ米袋の「男鹿産あきたこまち300グラム」はもちろん
入っております。

他にもGAOのオリジナル人気商品を入れてもらったりしてます。

この福袋、商品だけではなく
男鹿市のなまはげ館・伝承館の入館券、
GAOの入館券も入っております!

そしてですね、初の試み

 GAO
1日飼育係チケットも入っているのです!
こちらはスペシャル版のみに入っています。
価格は税込10000円。
もちろん個数限定ですので・・・って3個限定?!
どおーーーしてもほしい!という方は
元旦のイオンモール秋田にお並びくださいませ。


ちなみに、もう1種類5000円の男鹿福袋もあります。
こちらには飼育係チケットは入っていませんが
GAO、なまはげ館の入館券や
男鹿のお土産等の詰め合わせとなっております。
10個限定です。


そうそう、新聞とかで見たけど
体験型の福袋って増えてるんですね!
福袋オリジナルのツアーが入ってるわけでしょ?

福袋をゲットして
それを体験するまでのワクワクはもちろん
いざ体験してるときの楽しさでしょ。
そんで思い出話までゲットできちゃうんだから。
モノが残る福袋もいいけど、こういう形の福袋も
素敵ですね。

お値段以上それ以上ってやつかな?
あ、プライスレスってやつ?


お正月はGAOにも来てほしいけど・・・
こちらの福袋、よろしくお願いしまーす!
秋田市御所野にあるイオンモール秋田の
1階セントラルコートですよー!!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, おすすめ“男鹿” |投稿者: | コメント (0)

秋、おすすめ「男鹿」

2017年10月08日 (日)19:23

秋ですね。

この時期おすすめなのが、「夕日」です。

GAOの閉館時間は17時なのですが、ちなみに本日の日没は
17時11分。

最近の日没時間、ちょうどいいんです。
夕日を見るのに。


 本日の夕日は

水平線に
 まんまるの
太陽が沈むのが見えましたよ。

秋は空気も澄んでてとってもきれいです。
午後にゆったりGAOを楽しんでみるのはいかがですか?


今日のお題とは関係ないけど
 ハロウィンぽい
ゴクウの写真が撮れてご機嫌♪




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:おすすめ“男鹿” |投稿者: | コメント (0)

朝7時30分からやっております。

2017年05月03日 (水)11:28

今日朝イチで取った電話が

「ホームページで見たんですけど、朝7時30分から
やってるんですか?」
「はい、今日から5日まで朝7時30分からに
なっております。」
「本当に、朝7時30分からやってるんですか?!」
「はい。駐車場は朝7時30分より前に来ても入れることが
できますよ。また、館内ではレストランも朝から営業
してますので、朝食などもご利用いただけます。」
「へえ~~~。わかりました!ありがとうございます!」

ちょっと「本当?!」って思われるくらいの早さなのかしら・・・

GAO恒例早朝営業、今日から5日までやっております!

 ご覧ください
この青空!
水族館の外ではこのように美味しいものが集まった屋台もやっております。

また、朝ご来館の方には
 GAO
輪投げ&ヨーヨー釣り体験コーナーもつくりました!
1人200円で、どちらも遊ぶことができますよ。
こちらは朝と夕方に出店予定です。


 こいのぼり
いっぱい計画も進行中!
最初は1家族くらいしかいませんでしたが、少しずつ増えております!
押入れや物置に眠っているこいのぼり、あったりしませんか~??
返却はできませんが、いただいたこいのぼりは随時あげさせて
いただきます!

さてさて、人気を集めているのがやっぱり・・・
 ゴマフ
アザラシ。
あれ?ちょっと違う!

実は・・・

 大人
プールと

 子供
プールに分けました~。

みずきの子供はすでにお乳をもらっていないらしく、そろそろ
エサを食べる練習期間です。
さらに今年はもう1頭ちびもふ姫がいますので、
展示場を2つに分けました。

 もふ姫様、
いかがでしょうか?
(あれ?なんだか目つきするどくなってる??)


 あたし、
もうあかちゃんじゃないんだから!
こどもあつかいしないでよ!!

と、「出せ~~~」アピールをすることがたまにあります・・・。

8時15分からのホッキョクグマのエサのじかんでは

 クルミ様が
朝からとばしてくれます。。

朝のGAOも面白いですよ!!
GWはぜひ早起きしてご来館ください。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆イベント情報☆, おすすめ“男鹿” |投稿者: | コメント (0)

花便り

2017年04月24日 (月)12:57

春ですね。

ここ最近は男鹿もあったかくなってきました。
桜開花、というニュースをよく聞きますが

男鹿でも桜、いい時期です。

GAOに行く途中、大きな立派な桜の木があって
毎年、いつ咲くかなと楽しみにしているのですが
今朝通りかかったら

満開!
今年もきれいですね~。
いいタイミングに出勤日でした♪

桜もいいですが
男鹿の春の花といえば、
 椿です。
椿は男鹿市の花に制定されており、
言われてみればいろんなところに椿があるんですよ。
そうそう、マンホールにも椿の花が描かれているんです。

写真は水族館に行く途中に咲いている椿の木です。
毎年、椿が咲くにつれて木が赤く染まっていくのも楽しみです。


 ハチだ。

よ~く見ると

 !
花粉ダンゴだ!!!脚に椿の花粉の花粉ダンゴが作られています。

この花粉ダンゴは、
 働きバチが
花の蜜を吸おうと花に潜り込んでいるうちに
花粉が体に付き(よく見ればお腹も黄色い花粉だらけ)、体についた花粉を
足で一か所に集めるんだそうです。

その場所が脚のこの部分で、「花粉ダンゴ」と呼ばれています。
この花粉ダンゴは巣に持ち帰り、他の働きバチがダンゴを砕いて巣に
貯蔵されるそうです。
働きバチは今は大忙しですね。

実は椿には

 八重咲き
というのもあって(知らなかった)、とてもきれいです。
色も赤だけではなく写真のように少しピンクがかかったものも
あり、とてもきれいです。


男鹿市内には能登山地区というところがあるのですが、
その地域は国内において自生している椿の最北限とのことで
「北限の椿」として国の天然記念物に指定されています。

そのうち、そちらも紹介したいと思います。

GAOに来る際には、男鹿の花めぐりもいいかもしれません。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:おすすめ“男鹿” |投稿者: | コメント (0)

男鹿のあじさい寺

2016年06月26日 (日)09:24

「あじさい寺」という言葉
この時期になるとよく聞きますよね。

境内に多くのあじさいがあるお寺、神社のことを言うんだろうなーとは
思っていましたが
イメージ的に京都、鎌倉にあるんだろうなーなんて
思っていて

が!

近くにあったのです。
GAOから15分程度のところに。

それではご覧ください。
DSC_0290 このきれいな青!

境内のまわりはもちろんですが
少し歩くと

DSC_0265 辺り一面青に囲まれちゃうくらいのあじさい!

こちらは水族館から車で15分程度のところ、北浦という地区にある
雲昌寺(うんしょうじ)。
こちらの副住職さんが一株のあじさいから始めたとか。

身近にこんなすごい場所があったなんて知りませんでしたよ。
(すみません・・・)

DSC_0296 こちらのあじさいは
おもに青だったんですけど、紫のあじさいもありますよね。
土の状態で色が変わるそうですよ。

でも、男鹿のあじさいなんだから
DSC_0262 やっぱり
海の青が、ぴったりですよね。

お寺の反対側を見ると

DSC_0287 あじさいの海の向こうに
ほんとうの海が臨めるんです。
あいにくこの日は曇り空で・・・ちょっとくすんで見えてしまうのが残念!
晴れた日や、夕日に照らされるところは
とてもきれいなんだと思います。

お寺の本堂へと続く道は
DSC_0272 なんかもう
花の種類は違えど千と〇尋の神隠しみたいです。
あ、ちょっと道幅が広いくらいかな。(↑え?わかりにくい??)

GAOに来たら、ぜひ立ち寄っていただきたい
DSC_0351 男鹿の名所です。
あじさいの花が終わる前に、再び
行ってみたいと思います。



※このサイト内の画像の無断転用、転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:おすすめ“男鹿” |投稿者: | コメント (1)

2014男鹿鰰祭

2014年12月08日 (月)14:45

12月7日、GAOから車で10分ほどの
男鹿温泉郷の中の
 男鹿観光ホテルで

 「2014 男鹿鰰祭~おが ハタハタフェア~」
が開催されました!

12月に入ってから男鹿市内の港ではハタハタがあがっています!
水揚げされたハタハタの直売の他イベントもやってるよとのことで
ちょっとだけお邪魔してきました~。

 ハタハタを使った
オリジナルメニューや今回初めて出品されたものもありました。

 噂に聞いていた
「はたはた昆布〆丼」が一番気になる存在だったのですが・・・

 う~ん残念
来るのが遅かったか・・・。。

以前のネタにもありましたが、ハタハタというと煮たり焼いたり漬けて保存食にしたりと
「生」で食べるイメージがないんですよね~自分は。

最近はこのように生のハタハタを味わえるようなメニューも増えてきたということで、
とっても興味があったのですが・・・ましてや、今が旬の魚ですからね。
旬なものは、生が一番おいしいというじゃないですか。

あ、でも
 これも
美味しかった。
こちらはハタハタのすり身の団子を揚げた「ハタハタあんぷら餅」というそうで、
もちもちでホクホクしてて美味しかったですよ。
ちゃんとハタハタの味もしていましたし。

会場には
 大漁旗も
かざられてましたよ。
なんか、かわいいデザインのもあるんですね~。個人的にこれ好き。

ん?
 はたはたバーガー。
これはまだありそうですって?それでは

 いただきましょう!!
トマトの下にあるのはハタハタのフライで、チーズがあって
その下にあるハンバーガーみたいのが、これもハタハタ!
なんでもハタハタのつくねの照り焼きだそーなんですが・・・

食べてみてびっくり。
つくねがあっさりでおいしい!
ハタハタはそもそも身が淡泊なので、油で揚げても
ぜんぜん油っこくないみたい。サクサクしていてこれもおいしかったですよ。

 こののぼりを
見かけたら、ぜひ一度ご賞味あれ!

なんか食べ物ばっかり?と思われるかもしれませんが
 ハタハタは
男鹿に昔からある、とても貴重な食材なんです。
加工された食品もたくさんありますが、地元の方が一番買っていくのは

 なんといっても
とれたて新鮮なハタハタ。
こちらはオスのハタハタなんですが、卵(ブリコ)を持ったメスとは
たいてい分けて売られています。
なぜなら、ブリコをもったメスのハタハタは今しかとれないとても貴重な存在。
ですので

 メスは
すでに売り切れ。
なんでも準備した分がすぐに売り切れちゃって、急いで次のものを準備して集めたそうなんですが
それもすぐに完売!

きっと毎年、この時期を楽しみにしている方がたくさんいらっしゃるんでしょうね。
それぞれのおうちの味に仕込んでいくんでしょうね~。

この季節、男鹿市内を車で走っていると
荷台にハタハタの入った箱をたくさん積んで走るトラックや
夜遅くまで灯りがついている港を見ることができますよ。

秋田県の名物として、秋田県の食文化に深く根付いている
 ハタハタですが
その年ごとに漁獲枠が決められており、かつその年の漁獲はその枠の中でしっかりと
守られています。

毎年順調に漁獲されているように思われる水産資源、ハタハタですが
平成4年から3年の間、ハタハタの漁は全面的に禁止されました。

禁止が決まったとき、漁業を生業にしている地元の方からは
当然反対の声が上がったそうです。

しかしこのままでは資源としてのハタハタ、生物種としての
ハタハタが秋田に来なくなってしまう。絶滅の道をたどってしまうということで
多方面からの協力のもと、3年間の禁漁に踏み切ったそうです。

結果資源は回復し、しかしその後も
年ごとの漁獲枠を守ることで
ハタハタは毎年産卵の場として男鹿を選び、海が荒れた
後に大群となって男鹿の浜に押し寄せます。

近年、ウナギやマグロといった日本人になじみの魚も
数が少なくなったことで今世界的に問題になっていますね。

ハタハタの禁漁から資源回復の例は、今後さらに世界中から
注目されることになるかもしれません。

今こうして、12月にハタハタが市場に並び
おいしくいただけることを
感謝しなくてはいけませんね!

この時期男鹿市内のスーパーには新鮮なハタハタが並んでいます!
食堂やレストランでもオリジナルメニューが並んでいますので、食べたことが
ない方はぜひ一度食べてみてくださいね!

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!!, おすすめ“男鹿” |投稿者: | コメント (1)

農業の祭典とは

2014年11月02日 (日)10:29

種苗交換会って、ご存知ですか??
「しゅびょうこうかんかい」と読むんですけどね。

私はこれまで、実際行ったことはなかったものの
農業の人たちが一同に集い、農業に関する器具や
苗等々の販売が行われているんだろうなあと思っていました。

こういうのは、農業の盛んなとことでは当たり前に
行われているんだと思っていました。

が。

それは大きな間違いだったのね。

 第137回
秋田県種苗交換会、男鹿市で開催中!!!

秋田県で毎年秋に開催される、「農業の祭典」といわれるイベントです。
  
始まりはその名の通り、農作物や種子を持ち寄り、品評、交換することを目的として
行われていたそうですが会を重ねるごとに発展し、現在は県内のみならず他県からも
訪れる人がたくさんいるそうです。

しかも、農業の祭典と称されているこのような大規模な種苗交換会というものは
秋田県だけなんですって!

開催地は年ごとに県内を巡回し、今年は男鹿市開催なんです。

市内の数か所で開催されており、一番近場なところに行ってみたところ
写真のようにとってもにぎやか!

 農作業の

 器具を扱っている
メーカーさんが一同に介している!

私にとっては「これ何に使うんだ?」っていうの、いっぱいありましたけど・・・

 お花や
他、果物の苗の販売コーナーもたくさん!

 そして屋台!
県内のみならず、他県の「B級グルメ」がたくさんです。

 美味しそうですね。
実はこれ、イノシシのお肉なんです。イノシシ汁と串焼きでございます。
イノシシの肉は「ぼたん」と言われますね。

クセがあるんじゃないのかと思われるかもしれませんが、そんなことない。
食べるとやわらかくてまあ美味しいこと(←食べてるし)。。

実は今回の種苗交換会に

 GAOもちゃっかり

 看板を
出させていただいちゃって・・・ありがとうございます~。。

種苗交換会は11月5日まで!
この他の会場では、農作物の品評会や販売も行われています!

農業に普段馴染みがない方でも大丈夫!普段目にしている野菜や果物が
こんな風に作られているのかとか、
とってもきれいな農作物にびっくりします。
駐車場やシャトルバスもありますので、ぜひ一度お越しくださいね☆

ちなみに、種苗交換会の
 パンフレットを
お持ちの方は、

 GAOの入館料が
ちょっとだけ安くなりますよ

どうやら、3連休の後半は天気があいにくのようですが、ぜひ


男鹿に遊びにきてくださいね!
 

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆イベント情報☆, おすすめ“男鹿” |投稿者: | コメント (4)

カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
月別で記事をみる