2012年05月 のアーカイブ

白ヘル集団

2012年05月27日 (日)12:18

男鹿水族館GAOに、
 怪しい白ヘルメット集団。
こんな大勢で白ヘルかぶっていずこへ??

この日は某所に初めて足を踏み入れることができたんですよ!

 こちら現在建設中の
アシカ・アザラシ棟☆

現在工事中ですので、中に入るときは白ヘルメット必須なのです!

 コンクリが未だ
乾いていないところもあるし、思わぬところに穴が開いていたりするので
足元には十分注意が必要です。

 ここは将来
アザラシプールになる場所の底!

将来、ここは床になっちゃいますからね、もちろん今しか見ることが
できない場所なわけです。

 この写真だと
将来どこになるのかわかりませんが・・・。

 ここはアシカ用プールの底!
ううむ、何かおもちゃを置けそうだぞ・・・。
何を置こうかしら。。

いつもは上から見ていただけですが、こうして中に入るとまた違った見方ができますね!

こうしてどんどん無茶な注文を増やしてしまうのでした。。

それにしても。想像がふくらんでふくらんで・・・。
このプールでアシカとアザラシが泳ぐ姿を早く見たい~!!

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:アザラシ, アシカ |投稿者: | コメント (0)

考える北極熊

2012年05月22日 (火)14:31

5月21日。
朝、金環日食でしたね。
男鹿でも金環日食の影響を受け、朝なのに夕方みたいな
感じになっていました。

動物達って、やっぱり何か特別なものを感じ取って
いつもと違う行動をしたりするのでしょうか・・・。
みんな元気だろうか・・・。。

などど思いながら会いに行きました。

すでにもう展示場へ出ているクルミ姉さんのところに行ってみました。
 あらおはよう。

 なんか今朝、

 朝なのに
ちょっと夕方みたいになったわよね。

 あれって、何十年に一度とかの
太陽が月に隠されて、金のリングみたいに見えるんでしょ。

なんでそうなるのかしらね・・・。

 太陽が・・・


月に隠れて・・・

 ・・・・・

 ・・・・・


難しいわ・・・。

 ま、いいか。。

 私それより、

 これで遊びたいわ。

 これ、豪太はつぶせるけど

 私つぶせないのよ。

 レディーだもの。

 



 ちょっと向き変えてみようかしら。

 ちょっとごめんなさいよ。



 あら?

 思ったよりでかいわ。

 ・・・

 やっぱりこの向きがいいわね。

え?他の生き物??

 遊んで~。。

うん、元気。

以上、金環日食の朝でした。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ホッキョクグマ |投稿者: | コメント (0)

旬クラゲ。。

2012年05月20日 (日)12:45



 クラゲコーナーが
熱い。。

GAOの裏にはクラゲ採集スポットがあり、そこで採集したクラゲをどんどん
展示しています!
まさに旬クラゲ。。

しかし、クラゲ採集というのは簡単ではありません。
今日は採れたのに次の日同じ場所にいったら全くいないのがほとんど。
もちろん突然現れるパターンもありますけどね。
まさに一期一会なのですよ。

ましてや透明でちいさなクラゲを大海原で見つけるっていうのもなかなか・・・
(クラゲ担当になると、クラゲを見つけることのできるクラゲ心眼を養うことができるらしい)

一番上の写真はミズクラゲ!


ふわふわみずくらげべびーです♪
大きさは3センチくらいでしょうか。

このみずくらげべびーたちはGAO生まれ!
以前この水槽を見ていた方が、「宝石みたい」とか、
「マシュマロみたい」と言っていました♪なるほどなるほど。。
私はミズクラゲゼリーなんてできないかなあなんて思うんだけど・・・。

さてそれでは最近の旬クラゲ!

 キタカブトクラゲ。
光を反射してきらきら光っているように見える部分は「櫛板」といいます。
青や赤にきらきら光ってみえて、とってもきれい!

そして一押し!
 こちらの水槽。

 ぼんやり・・・
「オワンクラゲ」!
ブラックライトを当てているため、このように見えるんですが、

 この傘のふち!

 蛍光グリーン。。
「緑色蛍光タンパク質:GFP」というそうです。
1960年代に発見され、生化学の分野で「蛍光標識」として使われているそうです。
2008年、このGFP発見により下村脩博士がノーベル賞を受賞しましたね!
このときに注目されたのが、この「オワンクラゲ」。
ブラックライトを当てるとこのように蛍光グリーンに発色しているのがよくわかります。。

こうしている間にもクラゲの展示種類が増えているかも?!
ぜひぜひ旬クラゲを見にきてくださいね!!

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!! |投稿者: | コメント (0)

展示再開までの道のり

2012年05月19日 (土)15:57

当館ホームページの「お知らせ」に記載されているように、
5月11日の夕方、サンゴ大水槽で突如、展示生物の突然死が
発生しました。

閉館間際の水槽掃除中の出来事で、魚が突然倒れて死んでいきました。

スタッフの目の前で、あまりに突然の出来事でした。

このままではどんどん死んでいってしまうと判断。見ているだけでは
何も変わりません。

その場でできる、最大限のこと。

まずは生物をサンゴ大水槽から違う水槽に移動させることにしました。

一刻を争う非常事態です。

 生きている魚を優先的に
取り上げ、移動させます。

 サンゴ大水槽には、
大型の魚もいるため、人手が必要。



 他の部署の方も
駆け付けてくれました。

 水槽の水を最速で
抜きながら魚を取り上げます。小さな魚も多いため、どこか隙間に隠れてしまっているかも
しれません。

 
いつもの仕事が終わった他部署のみなさんも、表側から生物が取り残されていないか
探してくれました。
(今回のこの写真も、駆け付けてくれた方が「自分にできることはないか」と探し、
撮影してくれていたものです。後に重要な記録となります。)


生物の移動を終え、水槽を空にし、水槽内の徹底的な消毒を行いました。

 移動できた魚たちは

 しばらく裏の水槽に。
しかし、死んでしまった生き物は決して少ない数ではありませんでした。
この日は夜遅くまで作業が続きました。

裏の水槽に移動した魚達は翌日元気で、エサも食べていました。
失われた命もあることは忘れてはいけない事実ですが、今ある命に
感謝です。

さて、これから大切なのは「なぜそうなったのか」。
はっきり「これだ!」という確証はこの時点で(このブログを書いている時点でも)
つかめていませんが、いくつかの推測を上げることはできます。
おそらくこれが原因ではないか、と考えられる事象もあります。

あらゆる可能性を挙げ、それに見合った対処をすること。
そして同じことを繰り返さないこと。そのためにしなくてはいけないこと。

当時の水槽内の海水の検査や、死んでしまった魚の解剖で生物の死因を
つきとめること。
もしも突発的な病気ならば、病気の原因が残らないよう水槽内の消毒などなど・・・。


「魚たちを入れても大丈夫」という確証が持てるまで、サンゴ大水槽での生物の展示は
お休みさせていただきました。

数日を経て、
 サンゴ大水槽に
再度、海水を入れ始めました!!

外の海水はまだ冷たいので、すぐに魚たちを入れるわけにはいきません。
海水の温度が上がったのも確かめ、かつ、再度水槽内の水の検査を行い、
5月17日、魚達を少しずつ水槽に戻しました!

 ハナミノカサゴも元気そうです。

 個人的にチョウハン大好き。

 人気者ハリセンボンも
戻ってきましたよ!
 (なんか笑ってるように見えるんですよねえ)

そして5月19日!

サンゴ大水槽、展示再開です☆

ぼ~っと水槽を見ていると、
 !
どうしたんですかニセゴイシウツボ君。
いつもはあんまり泳ぎまわらないのに、今日この日は
 機嫌がいいのか…
サービス精神旺盛というか・・・
実際、海の中でこの大きさのウツボと鉢合わせしたら、さぞ怖いでしょう。(顔も)

 うら~ん。。
普段、ウツボとナポレオンフィッシュを両方同時に全身とることなんて
ほとんどないのに、

 今朝は両方いいところで
撮影ポイントを作ってくれました☆

こうして5月19日、サンゴ大水槽の展示は再開されました。
数日の間、たくさんの方にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

華やかなサンゴ大水槽、ぜひぜひ見にきてくださいね!!!

展示水槽において生物の突然死が発生したことはまぎれもない事実であると共に、
他の水槽でも起こる可能性があるわけです。

今生きている命もありますが、失われた命があることは忘れてはいけないこと。

このような事が起こると、必ず思うことがあります。
あのとき、自分たちの対処はあれでよかったのか。
できる限り最大限のことをしたのか。最善だったのか。
正しかったのか。

あとから、ああすればよかったこうすればよかったあれが悪かったと口で言うのは簡単です。
「後悔」というのは、後に悔むから後悔なわけですが、悔むことを口実にいつまでも立ち止まって
いていいわけではありません。
今生きている命があるんです。やらなきゃいけないことは無数にあるんです。

なんでも、後悔はしまくったほうがいいと思います。
後悔しない程度の出来事だったら、真剣に取り組んでいなかった証拠です。

ああすればよかったこうすればよかったあの時のあれが悪かったとばかり言って
いつまでも先に進まず動かないでいるのは本当の後悔ではありません。言い訳です。

後悔を山ほどして、原因を突き止め、事実を受け止めること。そして自分で動くこと。
少しずつでもいいから自分で動き、変えていくこと。
簡単そうに思えるかもしれませんが、そんなに簡単なことではありません。
つらい思いもしなくてはいけません。
ただ、それらを地道に乗り越えたとき、それまで知ることのなかった何かを
得ることができると思います。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!! |投稿者: | コメント (0)

〇〇の上にも・・・。

2012年05月17日 (木)12:39

世界最大のカニさん、

 タカアシガニさん。。

こうもたくさんいると、こう、ぞわぞわ~って、ちょっと怖くなるんですけどね・・・。

ぞわぞわ~って・・・って、見ていると、
「これ、かわいくないすか?」と、パティシエの子分現魚類担当のとどちゃん。。

ん?

 !

タカアシガニの上に、


おさかなさんが・・・。。

この魚、「ニジカジカ」という魚!
あまり派手に動き回る魚ではなく、普段は砂利や石の上でじっとしていることが多いのですが・・・
どうやら、このタカアシさんの甲羅の上が気にいってしまったようですねえ。。

 時間おいてもこのまんま。。

タカアシガニはゆ~~っくり動きますからね。
これぞ「癒される」瞬間ではないかと思います。。

動物の背中に他の動物が乗るというニュースを見たことがありますが、
このコンビもそうならないかなあ…。

と、思っていたら。。

翌日、ニジカジカはタカアシガニの甲羅ではなく、石の上に乗っていましたとさ。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!! |投稿者: | コメント (0)

独り占め。

2012年05月14日 (月)11:26

某日。
豪太のお昼のおもちゃは・・・。

 あ!
この黄色いタンクは、

 ぼく覚えてる!

 このタンク、
前ももらったことがあるんだ。

クルミちゃんと同じ部屋にいたときにももらったんだけど・・・。

 はじめてもらったから、

 ぼくも遊びたかったんだけど

 クルミちゃんにぶんどられちゃって

 ぼくも遊びたかったのに、

 クルミちゃんてば

 一頭で夢中になっちゃって、

 ぼくはホースで遊んでたんだ・・・。
そのあともクルミちゃんてば、

 すっごく楽しそうで、

 いろんなことして

 遊んでたの。

 ほんとはぼくも
遊びたかったの。

でも、きょうは

 ぼくが独り占め!
おっきなおもちゃの遊び方といえば、

 やっぱりこれだよね!

 なかなかつぶれないぞ!
 でも
 ぼくに
 こわせないものは
 ないってよく言われるんだ!
 向きかえて、
 もう一回!
 

 ちょっと熱くなりすぎちゃったかな。。

夕方、展示場にはひしゃげた黄色いタンクがありました。。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ホッキョクグマ |投稿者: | コメント (0)

超レアなお花

2012年05月11日 (金)12:47

今朝、気が付いたらね、
3階にある
 水槽の
オオウミウマさんたちがなんだかあわただしくて、

よ~く水槽を見てみると、

 !


あなた誰ですか?!
というか生物なのかそうじゃないのかも全く見当がつきません!!

これはウミウシの一種で、「ハナデンシャ」といいます。
赤、黄色の斑点が鮮やかですね~。。

ハナデンシャ、という名前はそのまま「花電車」。
華やかな装飾を施した電車(路面電車)を「花電車」というそうで、この華やかさから名前の由来は納得。
GAO初展示の生物です!

 にしても…
動いてくれないし、さらにどこが何なんだか・・・。。

目撃者の話によると、底に沈まないで浮いているときもあるそうで。

このハナデンシャ、と~~ってもレアなウミウシなんです!
私も初めて見ました☆

そういえば。5月13日は母の日。
感謝の気持ちを込めて、お花を贈るのもいいのではないでしょうか。。
(いいタイミングで現れてくれるものです・・・。)

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!! |投稿者: | コメント (0)

恐るべし成長スピード

2012年05月09日 (水)14:09

ここ数年、この時期になると
ど~しても物理的に納得できない事象があるんです。

今年もめでたく、イワトビペンギンのヒナちゃんが2羽、誕生しました。
 こちら4月21日撮影の、
イワトビペンギンの「シロ」旦那と「ナシ」奥様、通称「いわしろ夫妻」。
ぽよんとしたお腹の下にすっぽり守られている2012年第1号ちゃん。

翌日、第1号ちゃんがしっかりエサをもらえているかをチェックしたかったので、
ちょっと失礼して親のお腹の下から取り出して、
 はいボウルイン。。
ちっちゃ!!
 このときの体重約80グラム!!
(写真ではボウルの重さを引いていません)
このあと、体重がきちんと増えているのかどうかを確認するため
1日おきに体重チェックを行いました。

いわしろ夫妻は子育てベテランなので、毎年ヒナちゃんはどんどん大きくなっていきます。
この、「どんどん大きくなる」が半端じゃない。

 半端じゃない。。
この写真は卵から孵化して11日目。

 80グラムが520グラム…。
(怪獣みたい・・・)
このとき、ボウルの重さは引いてあります。
ということで、体重520グラムということになります。

ここ数年、日々ヒナの様子を見ているわけですが、
このヒナの成長スピードは信じられないくらい早いです。

というわけで、親のお腹の下にすっぽり入ることなんて

 できるわけない。。
この成長の速さが、物理的に納得できない。

ちなみに今日の朝見てみたら、巣にヒナちゃんが1羽でしっかり立っていました。
1日2日見ないだけで、あっという間におおきくなっちゃうんだもの。

それにしても、この成長スピード。
ヒナをじ~っと見つめていたら、ちょっとずつ大きくなる様子がわかるのかなあ・・・。

もう1ヶ月くらい経つと、泳ぎはじめて巣立ちを迎えることと思います。
うれしいけれど、本当にあっという間。
ヒナの姿を見ることができるのは、本当に一瞬なんです。。

今年もヒナの姿を見ることができて、本当に感謝、感謝です☆

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (0)

ら・くろす

2012年05月04日 (金)09:36

ラクロスというスポーツには縁が全くない自分です。

ラクロスに関する知識がない私がラクロスとは?という問いに答える場合は
長い棒の先に網(かご?)がついてて、それでボールを奪い合い、ゴールに
入れると点数になる競技です、としか・・・。
(正直言うとゴールがあることすらうやむやだった自分)

そもそも起源は、北米のインディアンが儀式の一環として行ったり、
部族間の争いとして用いていたものだそうです。起源が、ですよ。。

これを元としてフランス系の移民の人々がスポーツを考えたそうです。
用いていたその棒が、キリスト教の僧侶が持つ杖に似ている!となったそうです。
その杖が、「クロス」。
フランス系の移民の方達ですので、フランス語の「La」を、杖「クロス」につけて、
「ラ・クロス」へ~。。。

そうえいば、小さいころの何かのアニメで「マジカルクロス」って聞いたような気が
するけど、あれってそのまま「魔法の杖」だったのね。。

そもそもなぜラクロスかっていうと、以前ペンギンにからまれていた、
匠(予定)の新人とみーがラクロス経験者だというのですよ。

これまで扱っていたそのラクロスを

 持ち替えました。(長っ!!)

もちろんラクロスではないですよ。
この塩ビパイプら・くろすはホッキョクグマ展示場における新兵器!!
何をしたいのかというと

 獣医は雪かき、
その横で

 頑張ってる・・・

セット完了?!
それでは、

 よいしょっと。

 ぺたっとな。
一体これは何かといいますと、

天気がとてもよかったためか
 逆光で何がなんだか全くわかりませんが、
クッキーです。
サツマイモのペーストを塗ったクッキーなのです!!!

そうです。これで豪太がクッキーを泳ぎながらぱくっと・・・ああ~これは見たい!!
目の前でクッキーはむっ!が見たい~!!!

豪太が今いる展示場のガラス面には直接手が届かないので、何とかガラスに
エサをはりつける道具がほしかったのです。
そこで匠(予定)の新人とみーが作りました! 

この新型クロスで見事、ガラスにぺたっとクッキーが張り付いたわけです!!!

さあそれでは豪太!とってもラブリーなクッキーはむっをみせてちょうだい!!
(注:黒い丸がガラスに張り付いているクッキーです)
 クッキー

 はむっを・・・

プールから上がっちゃったし・・・。

 ・・・・・。
ああ、そうですか・・・
これはもしかしてたまにみるホッキョクグマスルーですか・・・

と思っていたら、

 お?

 おお?!

 
おおお~!!!
でました!
クッキーはむっ!!!

ガラス真正面にいた方は超ラッキーでしたね☆

こうして、ホッキョクグマのクッキーはむっ用クロス(長)は見事第1段階をクリアしたのでありました。

前日やってみたら長さがたりなくて届かなかった事実は、私の都合と本人の名誉のため割愛させていただきます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ホッキョクグマ |投稿者: | コメント (0)

粘土作家現る

2012年05月01日 (火)12:47

ふと見ると、

事務所に、

 粘土作家がいた。。

油粘土なんてなつかしいですねえ。
って、何をしているのかというと。

 「アザラシプール」
これ、現在新しく建設されている「アシカ・アザラシ新館」の模型(*スタッフによる手作り)!
ちなみに
 現在着々と、
全貌を表しつつある新施設!
模型に粘土で何をしているのかというと、

 アザラシプールの中に

人工の岩をつけるのですが、
さてその岩の形状をど~するかなあ??と
 粘土こねながら悩み中なわけです。

岩の作り次第でアザラシ達に心地よい寝場所ができたり、おもしろスポットができたり、
外から見て面白いつくりにもなるわけです。

ただ、アザラシ達が嫌がる作りというのは絶対に避けなければいけないこと。
アザラシ達が楽しんで面白がって、かつアザラシ達の活き活きを泳ぐ姿を引き出さなければ
いけません。
それを可能にするのは、やはりアザラシを一番長く見ていて、アザラシの事を一番考えている
担当者。

アザラシがどうやって泳ぐかを考えながら粘土造形中なわけですね。

となると、この広さに対してアザラシがどのくらい大きいのかを知りたい。
というわけで
 粘土用ヘラを巧みに使い

 「マリーです!」
クオリティー高っ!!!

 粘土マリー。
鰭やしっぽまで忠実に再現されています!

え?

右にいるのは何かって??

 私が作った、
みずきと思われる物体です。

多分、みずきじゃないです。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:アザラシ |投稿者: | コメント (0)

カレンダー
2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
  • 茶グマ万歳
     ずーっと気がかりでした。 少しずつ元気になっているというこ... ゆきの (10/20)
  • モフモフ度が高い
     モフモフ感が凄い❗その通りですね✨豪ちゃんの足の短さ。おもち... tenten (10/18)
  • 茶グマ万歳
     良かった!このご報告を待ってました。 飼育員の皆様ありがと... はむちん (10/11)
月別で記事をみる