2014年12月 のアーカイブ

2014男鹿鰰祭

2014年12月08日 (月)14:45

12月7日、GAOから車で10分ほどの
男鹿温泉郷の中の
 男鹿観光ホテルで

 「2014 男鹿鰰祭~おが ハタハタフェア~」
が開催されました!

12月に入ってから男鹿市内の港ではハタハタがあがっています!
水揚げされたハタハタの直売の他イベントもやってるよとのことで
ちょっとだけお邪魔してきました~。

 ハタハタを使った
オリジナルメニューや今回初めて出品されたものもありました。

 噂に聞いていた
「はたはた昆布〆丼」が一番気になる存在だったのですが・・・

 う~ん残念
来るのが遅かったか・・・。。

以前のネタにもありましたが、ハタハタというと煮たり焼いたり漬けて保存食にしたりと
「生」で食べるイメージがないんですよね~自分は。

最近はこのように生のハタハタを味わえるようなメニューも増えてきたということで、
とっても興味があったのですが・・・ましてや、今が旬の魚ですからね。
旬なものは、生が一番おいしいというじゃないですか。

あ、でも
 これも
美味しかった。
こちらはハタハタのすり身の団子を揚げた「ハタハタあんぷら餅」というそうで、
もちもちでホクホクしてて美味しかったですよ。
ちゃんとハタハタの味もしていましたし。

会場には
 大漁旗も
かざられてましたよ。
なんか、かわいいデザインのもあるんですね~。個人的にこれ好き。

ん?
 はたはたバーガー。
これはまだありそうですって?それでは

 いただきましょう!!
トマトの下にあるのはハタハタのフライで、チーズがあって
その下にあるハンバーガーみたいのが、これもハタハタ!
なんでもハタハタのつくねの照り焼きだそーなんですが・・・

食べてみてびっくり。
つくねがあっさりでおいしい!
ハタハタはそもそも身が淡泊なので、油で揚げても
ぜんぜん油っこくないみたい。サクサクしていてこれもおいしかったですよ。

 こののぼりを
見かけたら、ぜひ一度ご賞味あれ!

なんか食べ物ばっかり?と思われるかもしれませんが
 ハタハタは
男鹿に昔からある、とても貴重な食材なんです。
加工された食品もたくさんありますが、地元の方が一番買っていくのは

 なんといっても
とれたて新鮮なハタハタ。
こちらはオスのハタハタなんですが、卵(ブリコ)を持ったメスとは
たいてい分けて売られています。
なぜなら、ブリコをもったメスのハタハタは今しかとれないとても貴重な存在。
ですので

 メスは
すでに売り切れ。
なんでも準備した分がすぐに売り切れちゃって、急いで次のものを準備して集めたそうなんですが
それもすぐに完売!

きっと毎年、この時期を楽しみにしている方がたくさんいらっしゃるんでしょうね。
それぞれのおうちの味に仕込んでいくんでしょうね~。

この季節、男鹿市内を車で走っていると
荷台にハタハタの入った箱をたくさん積んで走るトラックや
夜遅くまで灯りがついている港を見ることができますよ。

秋田県の名物として、秋田県の食文化に深く根付いている
 ハタハタですが
その年ごとに漁獲枠が決められており、かつその年の漁獲はその枠の中でしっかりと
守られています。

毎年順調に漁獲されているように思われる水産資源、ハタハタですが
平成4年から3年の間、ハタハタの漁は全面的に禁止されました。

禁止が決まったとき、漁業を生業にしている地元の方からは
当然反対の声が上がったそうです。

しかしこのままでは資源としてのハタハタ、生物種としての
ハタハタが秋田に来なくなってしまう。絶滅の道をたどってしまうということで
多方面からの協力のもと、3年間の禁漁に踏み切ったそうです。

結果資源は回復し、しかしその後も
年ごとの漁獲枠を守ることで
ハタハタは毎年産卵の場として男鹿を選び、海が荒れた
後に大群となって男鹿の浜に押し寄せます。

近年、ウナギやマグロといった日本人になじみの魚も
数が少なくなったことで今世界的に問題になっていますね。

ハタハタの禁漁から資源回復の例は、今後さらに世界中から
注目されることになるかもしれません。

今こうして、12月にハタハタが市場に並び
おいしくいただけることを
感謝しなくてはいけませんね!

この時期男鹿市内のスーパーには新鮮なハタハタが並んでいます!
食堂やレストランでもオリジナルメニューが並んでいますので、食べたことが
ない方はぜひ一度食べてみてくださいね!

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!!, おすすめ“男鹿” |投稿者: | コメント (1)

クリスマスディナー開催!

2014年12月07日 (日)11:11

12月6日、今年1回目の

「GAOクリスマスディナーバイキング」が
開催されました!

写真を見るとわかるように・・・

 会場は
男鹿の海大水槽前♪

通常通り、4時に閉館した後
大水槽前が一気に変身します。

テーブルやいすが設置されたら・・・
 料理!!

 GAOレストランの
シェフが腕によりをかけて準備したメニューです☆

 こっちも
おいしそ~ですね~。。

この日一番目を引いたのは・・・

 こちらでは
ないでしょ-か!

 男鹿の幸
盛り合わせ!
いいな~食べたいな~・・・。。

準備が出来たら
お客様をお迎えします。

お待たせしました!

 満員御礼☆
予約してくださった皆様全員、ご来館ありがとうございます!
この日は雪も降って、道路状況も良いわけではなかったと思うのですが・・・。。
ご来館、ほんと~にありがとうございますです!

 クリスマスディナーですから、
もちろん

 サンタ登場!!

 ちょっと早いけど
メリークリスマス☆

ちょっと早かったけど、
 GAOのクリスマス
楽しんでいただけたでしょうか??
ご来館、ありがとうございました☆

さてさて、こちらのクリスマスディナーですが
2回目は12月13日。この日も満員御礼ありがと~ございます。

ちなみに・・・
GAOでは
 団体様向けの
お食事会・パーティーの受け入れを随時行っております!!!
もちろんこのような大水槽前のディナーも可能ですよ~。
上の写真は立食のバイキング形式でのパーティー。

メニューは人数やご予算に合わせて調整可です。
季節によって内容は変わりますが
 当館のシェフが
腕を振るいます!

ゆったりと泳ぐ魚たちを見ながら
 時間を忘れて
みんなと美味しい料理を楽しむ・・・なんて、いかがですか??

団体様向けお食事会・パーティーの受付詳細はこちら↓
http://www.gao-aqua.jp/restrant/party.html

気になった方はぜひお問い合わせください。
電話 0185-32-2221

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆イベント情報☆ |投稿者: | コメント (1)

ふぁーすとこんたくと

2014年12月06日 (土)12:50

11月26日、山形県の加茂水族館から来た
 カリフォルニアアシカ
たんぽぽ。

・・・なんだか水に入ったらすっかりアシカになってしまった。。

 ←26日
完全に乾いてたたんぽぽ。

さてさてそんなたんぽぽちゃんは
現在は裏の部屋にいます。
みなさんの前にデビューするのは、もう少しお待ちくださいね。

裏の部屋では、

 はいっ!

 はいっ!

 はい~!!!
(↑声出してる)
こんな感じで、元気です!

先日、GAOの先住アシカにも慣れてもらわないとということで
トン吉と扉越しで初対面しました!

 でででで~~っと
展示場から階段降りてきたトン吉。
たんぽぽちゃんは来てくれるかな?!

 ・・・・・
トン吉、特に意に介さず。。
「うん、ちいさいのいるね~。ぼくわかるよ。で次は何するの?」的な感じで
しっかりこちらに集中していました。

トン吉はもともと名古屋市の動物園の生まれなのですが
そこではほかにもたくさんのアシカと同居していたので、それほど
驚くこともないことなのかもしれませんね。

一方たんぽぽはお母さんしか知らないので、どうなるかな~と思っていたのですが
最初はちょっとおどおどしながら扉に近づいてきたものの、回数を重ねるごとに
落ち着いてきました。

同居の予定は現在ありませんが、お互いの存在は知っておいてほしいですからね。

にしても、初顔合わせはおだやかに終わり、一安心でした。。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:アシカ |投稿者: | コメント (1)

新ネタ

2014年12月05日 (金)16:10

ここ数日、天気は荒れ模様でした。
おととい(3日)なんか波も高く、雪も降りました。
うっすらと雪が積もったのは、男鹿市内では今年
初だったのではないかな?
そうなってくると、もうそろそろかな~なんて声が
いろんなところで聞こえてくるのです。

 ハタハタ!
今年もついに、「季節ハタハタ」の漁が活気づいてきたようです!!
(ニュースやテレビを見ると、どうやら3日から4日にかけて水揚げがあったようです。)

ハタハタは本来、水深200メートルより深い所に生息している魚です。
この時期になると、男鹿付近の沿岸に産卵のため、本来の生息している
深い海から浅いところまで上がってくるんです。

この付近には、ハタハタが卵を産み付けるために必要な海藻が豊富にあるそうで、
ハタハタたちは産卵のため一斉に上がってきます。

そのときのハタハタが「季節ハタハタ」といわれるんです。

もちろん、この時期以外にも網にかかることはあるのですが
そのときとれるハタハタのメスに卵はありません。
産卵前に卵を持ったメスは特に価値が高いのです。
 不思議なことに、
「海が荒れるとハタハタが来る」と昔から言われているように
今年も大荒れの天気が2日続き、その後ハタハタが水揚げされるようになりました。
「波多波多(はたはた)」や「雷魚(かみなりうお)」という字があてられて
いるように、ハタハタは時化のあと産卵場所に一斉にやってきます。

産卵に来たハタハタを獲りすぎてしまうと、ハタハタがいなくなってしまいます。
ですので毎年漁獲量はきちんと定められているんです。

さてさて。
当館レストランにも、新鮮なハタハタが届きました。

というわけで、新メニュー開発のコーナー!!
 こちら!
まー美味しそうなお寿司。

 こちらの
軍艦。これ、なんだかわかりますか・・・??
いくらではないし。

実はこれ、ハタハタの卵なんです。「ブリコ」といわれるやつです。

ということはこちらは
 なんと
ハタハタのお寿司!

ハタハタはあまり生の状態で食べることはありません。
というか、「これまでなかった」といったほうがいいのかな?

男鹿の方は煮たり焼いたり、またはつけて保存食にしたりと
何かしら加工して食べるイメージでした。
新鮮でないとできない技ですから、わざわざ生でお寿司にして・・・という
イメージがなかったのかも。。

しかし最近では、生でも美味しく食べられる料理法が試されているとか!

 今日のお寿司は
まだ試作品とのことでしたが・・・
GAOレストランの期間限定新メニューになる日も近いかも?!

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!!, “うらばなし” |投稿者: | コメント (0)

体重割

2014年12月03日 (水)09:11

チャレンジありがとうございます。
 豪太の
「体重割」。
たくさんのご参加ありがとうございます。

かなり惜しい方もいますが、未だぴったり賞はございません。

そもそも390キロって、ハードル高すぎじゃね?という声が続出(?)

というわけで

 クルミ様割

始めました!(ちょっと!レディーの体重ばらすんじゃないわよ!って
どこかから聞こえてきそうですね)

クルミ様の最近の体重240キロも目安にさせていただきます!!

求むチャレンジャーズ!!!!!

「ホッキョクグマバースデー月間」はこちら↓
http://www.gao-aqua.jp/event/index.html

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆イベント情報☆, ☆お知らせ☆ |投稿者: | コメント (3)

ぬぐだまりすぽっと

2014年12月02日 (火)09:09

冬になるにつれて
GAOの館内は暖房仕様になってくる
とは言っても
生き物たちにとっては寒い日もあるわけで

GAOのリクガメ専用
「ぬぐだまりすぽっと」
できました!

リクガメは寒さが苦手。
夜は館内も冷え込むときがあります。
そのため、砂の下にヒーターを敷いて
暖房用ライトを取り付けた

 あったかすぽっと
なのです!

 ビニールもつけて
リクガメぬぐだまりすぽっと♪
気に入ってくれたようで、ここでぬくぬくしていることが多いんです♪

ぬくぬくしているリクガメたちを見ると、こっちもなんだかほんわかですよ。

あ、ちなみに、「ぬぐだまる」は秋田弁で「あたたまる」(あたたかい)というニュアンスの
方言です。。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 |投稿者: | コメント (1)

またも新顔♪

2014年12月01日 (月)11:02

12月ですね。
 館内で
クリスマスものが目立ってくる今日この頃・・・。。


Deep SeaChallengersから沖縄の魚が届きましたよ♪

 こちらの
しゃきーんな魚は「ハタタテヒメ」。
体の大きさのわりに頭が大きいですね~。。

 こちらの
2匹の魚はどちらも青系の魚。GAO初お目見えです。

沖縄の魚は、沖縄の方言が付いていることが多いのでそれを知るのも面白いです。

 こちらの魚は
「アオダイ」
沖縄では「シチューマチ」というそうで・・・

シチュー・・・といえばGAOでは

 しろくまシチュー。
期間限定ですので、ぜひ一度ご賞味くださいね♪

一方こちらの
 個人的に
今お気に入りの魚です。

名前は「ルリハタ」。
ルリはもちろん「瑠璃」この体の青い色でしょうね~。

沖縄の魚というのは色あざやかなものが多い印象があるのですが
よくよく見てみると、「色の法則」にのっとった配色のものがいて
不思議だな~と個人的にツボなんです。

色には「色相環」というものがあり、ある一定の法則で
環になった図式があります。(気になったら検索してみてくださいね)

この色の環を元に、色にはさまざまな法則があって
お互いを引き立たせる色、あたかかく感じる色、見ていて不安になってしまう
注意喚起の組み合わせ等々があるのですが・・・

青と黄というのは、法則にのっとると
 正反対の色、
この2色がくっついていると目がチカチカする、派手目のどぎつい色の組み合わせといわれています。
こういった法則にのっとった色の組み合わせの魚って、けっこういるんですよ。

 岩の間から
頭しか見えないこちらの魚は「ソマリトラギス」。
2008年に新種と認定されたばかりで、生きた状態を見ることができるのは
とっても珍しいんです!!

3階サンゴ礁コーナー、ぜひじっくり観察してみてくださいね!

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!! |投稿者: | コメント (0)

カレンダー
2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
月別で記事をみる