2020年07月 のアーカイブ

放流しました

2020年07月30日 (木)18:56

昨年2019年10月31日に保護したアオウミガメ、
30日に再び海へ泳ぎだしました。


水族館に搬入した直後は
水温が低かったせいもあって動きが鈍く
かつ好みのエサがわかるまでが大変でしたが・・・





無事、放流の日を迎えることができました。
この水槽で過ごすラストショットです。。





水槽から取り上げて、






車で海まで運びました。


今回は地元の漁師さんに協力してもらい、湾の外の辺りまで
運んでもらいました。




天気も良くてよかった。






海から見るGAOです。


湾を出て、網もないポイントまで来たら
(また迷い込んじゃうと大変なので)


いよいよ放流です。

重さ約70㎏(なかなかでかい)、






ちゃんと






沖に出るんだよ!!!

























あっという間に泳いでいってしまったとのことです。
天気は良かったのですが、海は濁っており
泳いでいく後ろ姿をじっくり見送るはできなかったのですが・・・

引き返してくることもなく
沖へまっしぐらに泳いでいく姿が一番安心です。

どうか元気で。



アオウミガメは水族館などで目にすることも多いですが
野生では絶滅の恐れがあるとされる種です。
海藻も食べますが、クラゲも食べることもあります。
海で漂うビニール袋をクラゲと間違えて飲み込んで
しまうことも報告されています。


今はもはやどこを泳いでいるのかわかりませんが
ずっと元気に世界の海を泳ぎ回って
次の世代を担う存在になってくれますように!





※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:“うらばなし”, ☆お知らせ☆ |投稿者: | コメント (1)

特にストーリー性もないですけど

2020年07月28日 (火)11:50

カリフォルニアアシカのたんぽぽ嬢が




個別撮影会に応じていました。
最近はほとんど





トン吉と一緒にいます。
この写真はラブラブですね。

さぞ仲良しなのでしょう と思われるでしょう。

基本的に、たんぽぽは




相手を思いやることはしないようです。
(通路ふさいでるのでトン吉が入れない)








すっかり水中寝が上手になったあんず姫。
しかもお客様の目の前で・・・

寝姿までもお見せになる、すばらしいです姫様。




謎ポーズ。












豪太の朝のひと泳ぎに遭遇。





かめらのひと、おはよ。





貯金箱。





おっさん。
(考えてみれば豪太もいい歳なんだよな・・・)





貯金箱。






※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:アザラシ, アシカ, ホッキョクグマ |投稿者: | コメント (3)

青い?

2020年07月26日 (日)10:30

6月に孵化したニホンザリガニ
「ちびザリ」ですが





無事、母ザリさんのお腹から離れたので





個室に移動にさせました~。





ちびザリハイツ・・・


大きさは



2㎝にもなりませんが




形はすっかりザリガニです。

ザリガニの色、というと赤を連想しますよね。


赤を連想するのは、アメリカザリガニの方を目にする機会が
多いからなんじゃないかと思います。

ニホンザリガニの色を現すと




赤・・・というよりは、茶色みがかかったというか
赤褐色、なんていう言葉もありますが、二ホンザリガニの赤とは
ちょっと違いますよね。


写真のちびザリがそのまま大きくなると、このような色になるわけですが




なぜか青みかかっている個体がいるんです。


アメリカザリガニはエサで体色が変わります。
サバなどの青魚を与えると体色が青っぽくなってきます。
(体色の変化には様々な理由が考えられますが)


ここで疑問なのですが

「GAOで孵化したニホンザリガニは、みな同じエサを食べている。
なんで2パターンの体色がある?」



これからも体色の変化に注目していきたいと思います。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!!, “うらばなし” |投稿者: | コメント (0)

本日のジェンピー

2020年07月24日 (金)13:19

今日はタイミングよく
7月13日に孵化したジェンツーペンギンの
ヒナ「ジェンピー」の体重測定をみせてもらいましたよ♪

孵化した体重はちょっと軽めだったとのことですが




順調に大きくなっております。

一番最初の写真が




これでしたので、ちなみに使っているボウルも
同じなので、成長度合いは一目瞭然ですね・・・




ドアップ撮影だって動じません。

突然ですが、ペンギンの耳って・・・
意識したことあります?

顔の両側についていることは間違いないとは思いつつも
明確に「これが耳です」って、なかなかわからないですよね。


実は・・・ジェンピー時代の時がいちばんわかりやすいんです。

目のななめ下、







これです!
他の種類のペンギンでも、ヒナの時というか
ヒナ特有の羽根(幼綿羽)の時代は耳の切り込みがわかります。
成長すると、




わかりにくいです。

ただ、言われてみると
なんとな~~くへこんでるかな~~って部分がありますので
探してみてください。

ささ、それではジェンピーを親元に返しましょう。





おなかをぐぐっと持ち上げて




ささっと足の間にヒナを戻します。


ヒナがいない間どうしているの?と聞かれますが
そのまんまです。代わりのものを入れておいたりはしません。

体重測定は数分で済みますが、その程であれば
親はヒナを抱いたままの姿勢を維持しています。
長い時間離していれば、親も巣から離れてしまうと思いますが。

また、ここのペアは経験者同士ですので、初めての子育てとか
不安定な要素がある場合は代わりのものを入れておいた方が
良いかもしれませんね。
いずれにせよ、みなさん優秀です。




親ジェンツーの足元にうまくはまりましたね。



と思ったら





ちょっと待てー!





ヒナヒナヒナヒナ!!!
なんか危ない体勢になってるって!!!!





気づいたパパ。





自らポジショニングをする子。





何か?


パパが大雑把パターンなのかしら、このペア。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (2)

銀のもふけつ

2020年07月20日 (月)11:20

先に、他のSNSでお伝えしていますが
7月13日の開館日にジェンツーペンギンのヒナが孵化しました~。


1週間ほど経ってしまいましたが、ジェンピー(GAOで孵化する
ジェンツーペンギンのヒナのこと)ちゃんと成長しております。


12日、





ヒナが卵の殻を割る「ハシウチ」が確認され、
13日無事に卵から出てきたとのこと。

最初の体重測定時の写真が





こちら!
相変わらずかわいいですね~ジェンピーは~。

体重測定はヒナがちゃんと親からエサをもらえているか、
成長できているかを確認するため重要な作業です。

初日は線が細くてなんか心配なんですよね・・・


さてそれでは自分は自分の目でジェンピー2020を見ていないので
ペンギン展示場へ行ってみましょう!









15分待ちましたが
親のガードが堅い。

今回の親ペンギン、オスが「じぇじぇ」。島根県の水族館、
しまね海洋館アクアスで産まれてGAOにやってきました。
そしてメスがバンド茶+赤色の「グランピー」です。
このペア、恒例のペア名をささっと考えるとなんと
「ジェンピー」なんですよ!!
このネタ過去にも出しているとおり、ジェンピーペアは初めての子育て
ではないので、何事もなければまあ育ててくれるんだろうと
思っていたのですが・・・






巣を作った場所がこれまた・・・

最近、ペンギン展示場では個体数が増えてきており
強い個体から巣を決めていきます。

また、新しいペアの組み合わせもできてきたりで(キタイワトビも)
巣の位置が変わったりしています。

今年、無事孵化したのはこの1羽のみでした。
開館から16年経過して、それまで繁殖を担っていた
個体の高齢化、個体数の増加からくる密度の変化、
若い個体が台頭してきたりと、世代が移っていく過渡期なのかも
しれません。

にしてもじぇじぇ君、ぜんっぜん動かない。
今までなら待ってれば結構ちょっとお腹持ち上げて
くれたりしたんだけどな~。。




相方のグランピーちゃんが帰ってきました。

ヒナだっこ係交代するかな?と思ったのですが・・・
(その瞬間なら確実にヒナを見れるので)





小石を選んで









巣にぽとん。





またも小石を選んで







巣に・・・

何をしているかというと、巣材である小石を
ヒナが孵化したあとも追加しているんです。

こうしていくと、どんどん巣が高くなっていきながら
ヒナをあたためている場所がすり鉢状になっていくようなんです。
今はまったくわかりませんが、ヒナだっこ係のおなかの下は
全くぬれていません。乾いています。

巣がすり鉢状になっていくと、ヒナが巣からころげおちる
確率はとても低くなります。
ヒナをだっこしていない間も、こうしてサポートするわけですね~。


とか思いながら眺めてたら





なんか背後から圧を感じる・・・何もしないって・・





ガードされました。

結局、この日自分が見れたのは





わずかな銀のもふけつ。

というわけで、必殺お願い担当者!









無事、大きくなっているとのことです。

今回の巣、残念ながら観覧側からは
ひじょ~~に見えにくい位置にあるので
銀のジェンピーは見ることができないのですが

そのうちふわふわのジェンピーが展示場内を
駆け回ると思います!




【お知らせ】
7月23日~26日、GAOの営業時間は9時~17時となります。
入館は16時まで可能です。

4連休ということもあり、ある程度の混雑が予想されますので
ご来館の際には皆様にご協力いただければと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。



★ジェンピーが卵の殻から出てくる様子を動画で公開しています★






※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

 

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン |投稿者: | コメント (2)

郷土食で体力回復

2020年07月19日 (日)15:07

「そろそろ、かえさなきゃいけないんすよ・・・」

某スタッフはつぶやいた。

何をかえさなきゃなのかといいますと、
アオウミガメです。

昨年の10月末、男鹿市内でアオウミガメが保護されました。

その時の様子はこちら

GAOで飼育しているアオウミガメは海藻のかわりに
キャベツなどの葉物野菜を食べさせています。
新鮮な海藻をGAOでは常に準備できないので・・・

しかしそれは飼育されているアオウミガメの話。
保護されたアオウミガメにいきなり野菜食べろといっても
食べるわけがありません。
(まれに搬入した初日からエサ食べる生き物もいますけど)

しかし食べてくれないと体力は回復しません。

保護当初は



点滴したりしていましたがずーっとそういうわけにもいきませんし
一番良いのは口から食べ物を摂ってくれることです。

担当者、磯で海藻を採集したりコンブやワカメを漁師さんから仕入れて試したり
しましたが食べず。

何かしらの野菜を食べてくれないかと色々試したりしましたが
やはり食べず。

しかし。
ある日ついにお気に入りを見つけたのです。



それがこちら!「アカモク」という海藻です。
秋田県では「ギバサ」でおなじみです。

水族館そばの岩場でこれを採集して試した初日、
それまで何も口にしようとしなかったのに
すぐに食べてくれたとか。
それ以来主食はすっかりギバサになりました。
今は



秋田県産のギバサを




もりもり食べて体力をつけてもらっています。

最近では



ギバサに紛れていれば、ワカメも食べるようになったとか。


アオウミガメは結構大食漢なので、ギバサも大量に必要です。
水族館の前にたまに流れ着いてきますが、「たまに」なので
なかなか安定して採ってくることができませんでした。


じゃあどうしているのかというと




漁師さんが、ウミガメのためにとギバサを採っておいて
くれるので、それを仕入れています。

夏の終わりころから、海水温は低下していきます。
そうなると、アオウミガメにとっては厳しい海水温に
なっていく一方です。

ですので、夏の間に放流しないと
暖かい場所まで行くことができなくなってしまいます。




再び大海原を泳ぐときまで、
秋田の郷土食「ギバサ」で体力つけてね!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:“うらばなし” |投稿者: | コメント (0)

姫様、御鰭を拝借

2020年07月18日 (土)16:40

今をときめく




ゴマフアザラシの




あんず姫。




好奇心旺盛なのか、水槽の中にいても
ヒトを見つけると寄ってきてくれます。




謎ポーズ。


最近、姫様には




前鰭を動かす練習に励んでもらっています。


ゴマフアザラシは嫌なことがあると前鰭でお腹をたたいて威嚇したり
前鰭をさわろうとすると振り払おうとする動きなのか、前鰭をぶんぶん
動かします。

そこでほめまくることを続けると、「あれ?これでいいの?」と
前鰭に手を近づけると自らヒレを動かしてくるようになります。
(個体差があります)

手をわざと動かして、動きに合わせて振ってくれるようになれば
バイバイができます。

また、手で前鰭を触ってOKにし続けると
自ら手に前鰭を合わせてきます。これで握手が完成します。

前鰭を触らせてもらえると、爪を切ることもできるようになるので
とても助かります。





それでは姫様、御前鰭を・・・





はいっ!!
素敵です姫様。
そのきゅーとさに皆メロメロです。!!




カメラに気づく姫様。




あたし、がんばる。




(一生懸命振ってる)




(力んでる)





この、ぴーんと頑張ってるのがたまりませんな~。

姫様、頑張ってくれましたから



OKでございます!!

姫様、




よだれが・・・

ご褒美たくさんもらってくださいませ。






※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:アザラシ |投稿者: | コメント (2)

16周年です

2020年07月13日 (月)15:11

2020年7月13日、無事
16周年を迎えることができました~。。

色々と言葉を考えましたが
とにかく色々な形で支えてくださっているたくさんの方々の
おかげです・・・。。



16年目に入った今日、豪太に朝会いに行ったら



ふふふ~んな感じで朝のひと泳ぎ。

暑くなってきたので、プールで泳ぐ時間が増えてきました。





にかっ。




豪快なぶるぶるっ!





これからもよろしくね♪


豪太はオープン直後はGAOにまだ来ていなかったのですが
来た直後の写真があったので・・・



ちょこーん。(確か体重150㎏程度だったかな)




どーん。




ちょこーん。。




どーん。。


ここで大きくなってくれて、うれしいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。。


さて、おとといの寝相がちょっとバズってる
ユキさんですが、豪太がダイビングしている一方で




またも個性的な寝相を見せてくれました(寝ています)。
新作、待ってますよユキさん。


おまけの今日のあんず姫は



最近バイバイを教えていたら
やたらほめられるので
そればっかりやろうとする姫様。

可愛さにかなう者無し。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, アザラシ, ホッキョクグマ |投稿者: | コメント (2)

頭隠して尻隠さず

2020年07月10日 (金)11:10

7月10日、本日朝10時30分頃。

ユキさん




こんなんなってました。


裏側から見ると







爆睡・・・


ぜんっぜん起きません。




・・・

仕方ないので




もふけつ。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ホッキョクグマ |投稿者: | コメント (2)

シンクロダイブ

2020年07月04日 (土)17:57

カリフォルニアアシカの



トン吉(大)とたんぽぽ。
ちょっと前まで、2頭で休むといえば



ほとんど通路だったのですが




この日はこちらの陸場(岩側)で仲良しでした。
見えやすいし、破壊力抜群なのでうれしいです。

実はこの直前、たんぽぽがトン吉の背中に
ぴったりとくっついて、トン吉とおんなじ寝相で寝てたんですよ。
発見して、「カメラカメラ!」とかやってる間に
起きちゃってたんですね~・・・。。

しかし、




も~、なんで起こすの~!たんぽぽちゃんだって寝てたのに~!!

体勢は崩さないトンちー。もしや、まだ眠いんだな・・・。





あ、たんぽぽ出てきた。





どうなるのかな・・・

と思っていた次の瞬間!



















ぴったりシンクロダイブ!
見せ場をたんぽぽが作ってくれたのでしょうか?!きっとそうだ!!

この後も




バケツを持ったスタッフに




2頭で熱視線を送っていたりと

何かと仲の良い2頭でした。


ちょうどこの時期、カリフォルニアアシカは発情期なのです。
2頭の交尾は確認できていませんが、仲が悪いわけではなさそうなので
相性的には見ていてとりあえず安心できますね。





発情期が終わったとたん
大ゲンカしたらどうしよう。。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:アシカ |投稿者: | コメント (1)

カレンダー
2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
  • ボールトス練習中
     ボール遊びはあんずだけでないんだね。ゴウウパパも楽しそうだね... ゆうこ (10/19)
  • ペンギン通信
     2001番ちゃん、しばらくは見事な上陸失敗も見せてくれそうで... 春紅葉 (10/16)
  • おみずないとおこる
     あんずと、みずきのお姉さん(去年生まれの)かおが、そっくりで... まゆみ 九州より (10/13)
月別で記事をみる