ホッキョクグマ クルミ親子の展示について

2013年05月21日

21日、クルミ親子の展示を中止した件に関して

 ホッキョクグマクルミの仔グマですが、おしりのあたりに血がついていることが確認されました。

 数日前にも同じようなことがありましたが、すぐに血のあとが消えてしまったり、はっきりとした原因がつかめず、今朝一時的に母親クルミと離して詳しく診ることにしました。

 診ると、仔グマのおしりの皮膚が一部ただれており、かゆくなってその部分を気にして自分でこすり付けたりかいたりしたことからの出血のようでした。

 おそらく、何らかの理由でおしりの皮膚が汚れてしまい、その部分がただれ、かゆくなって仔グマが自分でこすり付けたりかいたりしたことで出血したのではないかと思われます。

 注射と消毒で治療をし、念のため本日は親子一緒に裏で休ませることにしました。
 
 親子共に裏の部屋で元気に動き回っています。

 22日は通常通り展示場へ出す予定です。 

 ブログのほうでも紹介しています
 http://www.gao-aqua.jp/blog/?p=8018

 急な展示中止でご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。
 たくさんの心配の声をいただき、ありがとうございました。