3月に保護したゴマフアザラシについて

2013年06月01日


 3月28日に男鹿市加茂青砂の海岸で保護したゴマフアザラシの幼獣について、6月6日(木)に神奈川県にある新江ノ島水族館に移動することが決まりました。

 現在国内の動物園水族館で飼育されているゴマフアザラシは高齢化が進んでおり、また出生数も減少を辿っています。
 今回保護した個体は生まれて間もなく衰弱したところを保護されました。当初は人慣れを避けていましたが、現在は人の姿を見ると寄ってくるようになりました。
 国内のゴマフアザラシの展示と繁殖を担う大きな存在となってくれることと思います。

 現在は「ひれあし‘s館」の予備プールで飼育展示しています。
 GAO出発は6日早朝(開館前)を予定しています。

*6月6日早朝、この個体は新江ノ島水族館へ搬出されました。