島根県立しまね海洋館アクアスとのジェンツーペンギンの交換とイワトビペンギンの搬出について

2014年12月14日

12月10日、11日にかけて
島根県の水族館「アクアス」とGAOの間で
ジェンツーペンギンの交換および
イワトビペンギン1ペアの搬出を行いました。

≪ジェンツーペンギンの交換に関して≫
アクアスからの搬入個体
 
個体名「じぇじぇ」 オス
2013年7月1日 アクアス生まれ

GAOからの搬出個体
 
個体名「ドッグ」(バンド色:茶オレンジ) オス
2013年6月24日 GAO生まれ

いずれも両施設で生まれた個体です。
将来、繁殖期を迎える際、同じ血筋の個体同士で
ペアを組むと血が濃くなっていく可能性があります。

今回はジェンツーペンギンの血統管理の一環として
両施設で繁殖した個体同士を交換することにしました。

互いに新しい地でペアを組んでくれることを
スタッフ一同願っています。



≪イワトビペンギンの搬出に関して≫
GAOからの搬出ペア
 
タグ色:白(オス)とタグ無(メス)のペア

現在、京急油壺マリンパーク、しまね海洋館アクアス、男鹿水族館GAOの
3園館での「キタイワトビペンギン飼育繁殖計画」に基づき、BL(ブリーディング
ローン)を積極的に行っています。

現在、アクアスでは神奈川県の京急油壺マリンパークと当館で
繁殖した若い個体を飼育展示しており、将来新たなペアの形成が
期待されています。

今回当館から搬出したペアは過去10羽のヒナを育てたベテランペア。

このペアが若いペンギンたちの「お手本」になることで、アクアスで
新たなペアが組まれ、繁殖行動が盛んになることが狙いです。



いずれも、新たな世代の誕生が期待されています。
今後とも見守っていただければ幸いです。