ウマヅラハギ

水深100m以浅の砂泥底や岩礁域に多く生息し、小型甲殻類などを食べる。
若魚のころは群れをつくるが、成魚になると単独行動になる。
食用種で刺身、チリ鍋、煮付けなどして食べる。

学名
Thamnaconus modestus
英名
Black scraper

エリアガイド

日本の海水魚
藻場

関連の生き物たち