キアンコウ

北海道以南に生息するアンコウの仲間。
水深560mまでの砂泥底に生息し1.5mほどまで成長する。
市場で出回っている「あんこう」は、ほとんどがキアンコウのことを指している。
冬が旬で、あんこう鍋やあん肝などで食べられる。

学名
Lophius litilon
英名
Yellow goosefish 

エリアガイド

日本の海水魚
日本の食卓

関連の生き物たち