ピラルク

鱗を持つ淡水魚の中で最も大きく成長し、最大4.5mの記録がある。
古代より、姿を変えずに現在まで存在する古代魚の仲間。全身は硬い頭部の骨と鱗で覆われている。
餌を与える際に、口元に落とすと一瞬で空気ごと飲み込むため、ボンッと大きな音が出る
名前には現地の意味で『ピラ=赤い』、『ルクー=魚』という意味がある。
男鹿水族館GAOの中で最大級の魚類である。

 

学名
Arapaima gigas
英名
Arapaima

エリアガイド

アマゾン
アマゾン大水槽

関連の生き物たち