エダアシクラゲ

日本各地の藻場に生息し、海藻の上に付着して生活をする。
大きさは4mm程度の小型のクラゲで、つりがねのような形をした傘をもつ。
触手が途中で枝のように何度も分かれることから、この名前がつけられたといわれている。
その触手にはそれぞれ吸盤がついており、これを使って海藻にくっついている。

気がつくと他の水槽を泳いでいることもあるが、どこから入ってくるのかわからない。

 

学名
Cladonema pacificum
英名
Athecate Hydroid

エリアガイド

クラゲ
増設水槽クラゲ1

関連の生き物たち