宝石、展示しました!

2014年10月29日 (水)08:39

ハロウィンねたでも登場しましたが
3階のアマゾンコーナーに

 派手派手な
カエル「キオビヤドクガエル」がやってきました!!

ヤドクガエルという言葉、聞いたことがある方も多いのでは??

ヤドクガエルにはいろいろな種類がいます。
コバルトヤドクガエル、イチゴヤドクガエル、 アイゾメヤドクガエルと
他にも数種類が知られています。
熱帯雨林に生息しており、宝石と称されるほど
色鮮やかなものばかりです。

 GAOに
来たのは「キオビヤドクガエル」。
その名の通り、「黄色を帯びている」からでしょうか。

「ドク」という名が表すとおり、ヤドクガエルは皮膚から「バトラコトキシン」という毒を
出すことができます。
この毒、なんと0.00001gで人を倒すことができるというものすごい強い毒なのです。

ヤドクはその通り「矢毒」。
かつて、矢にこのカエルの毒を塗って使っていたことから
この名がついたといわれています。

・・・ちょっと待て。
 そんな生き物が
GAOに来ちゃっていいのか?!と思われた方もいるはずっ!

実はヤドクガエルの「毒」は元来備わっているものではなく、野生に生きるヤドクガエルが
ある特定の種のダニやアリを食べ、体内に取り込み変性貯蓄されていくものなんです。

今回展示しているのは、兵庫県にある須磨海浜水族園生まれのキオビヤドクガエルたちで
コオロギなどを食べて育ったため、毒を持っていません。

本来持っていないものを取り込み、それを毒にするっていうのはすごいと思うのですが
それが自身にとって毒にならないのが不思議でしょうがない。  

脱線してしまいますが、そもそも毒っていう言葉にあまり良いイメージは付きにくい
ものですが、人の場合、人にとって支障をきたす、あるいは受け付けることができない
物質であって、それが他の種の生き物にも同様だとは限らないんですよね。

と考えると、ヤドクガエルが持っている、私たちが「毒」と称しているものも
ヤドクガエル自身にとっては特になんともないものかもしれませんし、
というか最強の武器なんですよね。


それにしても・・・こんなこと言ったら怒られそうですが
 作り物みたい。。
きれいなプラスチックみたい。
ガラス細工でもいいかもしれない。

今って、めちゃくちゃ精巧なフィギュアってたくさんあるじゃないですか。
ヤドクガエルコレクションっぽいものも見たことあるし。

水槽の中に1個、入れてみたいなあ・・・・
と、いつも思ってしまうのです。 

キオビヤドクガエルは3階のアマゾンコーナーに展示しています!
小さいので、探してみてくださいね。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

コメントフォーム

カレンダー
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
  • 子を起こさぬ気遣い
     母子の愛情が満ち溢れる映像です💓 人間以上じゃないか、と思... しろくま応援団 (1/17)
  • うしどし
     綺麗なウミウシちゃんだ〜〜〜、、、、、、、 カーペット (1/15)
  • うしどし
     3年前まで秋田にいました。 今は茨城県に住んでいます。 ... 三浦惠子 (1/13)
月別で記事をみる