誰のオタマジャクシ?

2015年06月15日 (月)09:18

 お~たまじゃ~くし~は

 か~える~のこ~♪

ということで、キオビヤドクガエルのオタマジャクシ、卵から生まれて
すっかりオタマジャクシになりました~!

黒い真ん丸に

 何か出来てきて

 ぐぐぐっと
オタマジャクシになって!

この写真を見て、「あれっ オタマジャクシって水の中で生まれるんじゃないの?」と
思っちゃいますよね。

キオビヤドクガエルは自然下では葉っぱのすきまなどに卵を産み、そこで
オタマジャクシになります。
その後、オスがオタマジャクシを背中にのっけて運び水場まで「引っ越し」させるんだそうです。

確かに、今まで見たことのあるカエルの卵とはなんかちょっと違う印象。
黒い真ん丸自体がオタマジャクシの形になっていったような成長の仕方だったような
気がするんですが・・・
今回のは黒い真ん丸の上にちっさなオタマジャクシが出来て、
その部分がぐんぐん大きくなって・・・みたいな。。

それに、透明のゼリー部分が多いような気が・・・。。
水のないところでオタマジャクシになるからかな?

 こうしてみると
特徴的な黄色い模様もありませんし、よく見るオタマジャクシですが
ここからどういう成長をするのか、とても楽しみですね!


キオビヤドクのオタマジャクシは
 3階の
キオビヤドク水槽のとなりに展示しています!
まだとても小さいので、そ~っと見てくださいね。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

コメントフォーム

カレンダー
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
  • 雪かきのお誘い
     幸せそうで良かった😄 シオ (2/09)
  • 地吹雪の中の出発
     わらび!元気でね。応援してるよ!和歌山のみなさんに愛される日... menchoco (2/06)
  • ゆきゆき
     雪ですねぇ。やっぱり降るんですねぇ。すごーく楽しそう!ユキさ... menchoco (2/05)
月別で記事をみる