新ペア誕生

2018年06月25日 (月)09:48

「この間、ホテルの朝食バイキングに行ったんですよ」

「うん」

「ホットプレートの上にあっためられた石がおいてあって、その上に
シャケの切り身があったんですけど~」

「うんうん」

「なんか~
 これにしか
見えなくて~」
「・・・・・」

うちの広報は大丈夫だろうか。


昨日24日、ジェンピー(ジェンツーペンギンのヒナ)の
体重測定をするということで、見せてもらいました。


 あれ?
なんかこう、ちっちゃいのがぴよぴよ~って・・・

今年一番最初に孵化したジェンピーは
 すでに
貫禄背中。
体重も2キロほどにまで増え、自立心が出てきたようです。
これが第一ジェンピー。

 こちら
第2ジェンピー。
実はこちら里親さんが育てています。

卵は孵化直前まで孵卵器にいた卵でした。
元のペア、産卵はしたものの巣への関心が薄く、
巣の形もしっかりしたものではありませんでした。

ヒナをもとのペアに戻してみたものの、ちょっと不安でしたので
巣はがっちり放卵しっかりのベテランさんに預けています。

卵から急きょヒナになり「?!」みたいな瞬間はあったものの
すぐにおなかの下にヒナを入れ、以後ちゃんと育ててくれています。

もうぴよぴよジェンツーはいないのか?


 こちら~!
6月23日にもジェンピーが孵化しましたよ!!
これで4羽目です。

ちなみに

 こちらが
3羽目。

3羽目と4羽目は同じ親元で孵化しました。
その親というのが

 この
2羽なんですが、手前の茶色赤色バンドがGAO生まれのメス、
「グランピー」(自分的に名前がわからなくなってきた世代)
奥のが島根県の水族館から引っ越してきた「じぇじぇ」クン
(当時のNHK朝ドラ参照)なんです。

同じ血統ばかりが増え、かつその兄弟姉妹ばかりに
なってしまうと、血が近いペアができてしまい、いわゆる
「血が濃く」なっていってしまいます。

ジェンツーペンギンではどうかわかりませんが、
動物によっては血の近いペアから生まれた個体で繁殖が
続いていくと、中には特定の病気に弱い個体や動物に
よっては生まれたときの体重が軽い、等のことが
起きるそうです。

そうならないように、今いろんな動物で
動物の交換や貸与が行われているんですね。

じぇじぇ君もその一環で、GAOで生まれた個体との
交換でやってきたのですが・・・

これはうれしい出来事です。
新しい血筋の誕生なんですから。


ただちょっとね~
気になることがね~

 両親の
目が怖い。


 2羽育雛
(いくすう…文字通りヒナを育てる)
大丈夫でしょうか。

新米パパママの誕生です。

あっ!気がついたら・・・

じぇじぇ + グランピー って・・・
 じぇンピー!!
じぇンピーから2ジェンピー。
うっわややこしー。。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

コメントフォーム

カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
月別で記事をみる