• Home
  • GAOっと!ぶろぐ

33年

2016年05月26日 (木)13:03

今日5月26日
 よく晴れて
少し風があるせいか、海には小さな波が立っていました。

今日5月26日は日本海中部地震から33年になります。


1983年5月26日午前11時59分。
震源は男鹿半島沖、マグニチュード7.7の地震が発生。
秋田で記録された震度は強震の5。

自分はそのころすでにこの世に生きており、経験しているそうですが
記憶はなくてい当然な年頃でして。
親に聞いたところ公園でお弁当を食べていたそうです・・・。
もちろん無傷です。(どうでもいいんですけど)


地元の先輩スタッフに当時のことを聞いてみました。

「I川さんって、地震のときどうしてたんですか?」

「外で仕事してた。揺れはすごかった。津波が来るのが見えて。
砂浜にあるテトラポットがみーんな流されて」

「テトラポットって動くんですか?」(写真に残っていました)

「んだー。砂浜に打ち上げられて。漁船も2、3打ち上げられて。家が心配で、
すぐ家さ帰った。子供生まれたばかりでよ、まずは家が心配で」
「誰も信じねんだけど、電線さとまってたカラス。」

「何かしたんですか?」

「止まってたカラスが地震が来た途端、ぼたっと下に落ちた」
「とびたたないで?落ちたんですか?!」
「うん、誰も信じてくれないんだども」
「でも、地震のときって何があるかわからないですからねー。」
自分は信じますよ。
水族館の生き物だって、「ええっ?!」なんて瞬間
ありますから・・・(誰も信じてくれないけれど的な)


にしても。
うーんどうやって書こうかな。

そういえば、GAOの駐車場にはマリア様の像がある。
日本海中部地震で亡くなった方の慰霊のために建てられた、というのは
聞いたことがあったので、行ってみました。

行ってみると、

 マリア像の前には
地元の方たちが数名、集まっていました。
聞くと、有志の方たちがこうして毎年慰霊に訪れているとか。

このマリア像が男鹿水族館付近にある理由とは、日本海中部地震で起こった津波により
ここで亡くなったスイス人女性のためということでした。

当時のお話を聞くことができました。
旦那様とともに観光で訪れたところ、地震、津波が発生。
旦那様は岩場にしがみつき助かりましたが、奥様は残念ながら
亡くなられたとのことです。

そのとき、地元の観光業をしている方が直前までこの夫婦と
一緒におり、直前まで楽しく会話をしていたそうです。

そのためか悼む気持ちは強く、毎日のように海に手を合わせていたそうです。

その後1986年、募金によりこのマリア像が建てられました。

 男鹿では
他の地域でも津波によって亡くなられた方が多数います。
沿岸部にはところどころに慰霊の碑が建てられています。

10年以上、GAOで働いてながら
まともに面と向かったことなんてなかったなあ。(失礼ですよ)

どうぞ献花を、と1本の白いお花をいただいたので
手を合わせてきました。

途中、大きな花束を持ってバスから降りてきたおじいさんがいました。
花束を供え、数珠を取り出して長い間手を合わせていました。

なんと日本海中部地震発生時の、旧男鹿水族館の副館長さんでした。
これにはびっくり!

GAOも見ていくつもりで来たということだったので、ちょっとだけ
お話を聞くことができました。

マリア像を建てる再に募金はしたものの、実際に来て
手を合わせるのはこれは初めてということ。
なかなか来れなかった、だけど今日があの日から33年目というのを聞き、
また、最近日本では地震も多い。そう思い立って来た。

なかなか来れなかった。

その一言には計り知れない、その場にいた者しか知ることがない思いが
あるんだろうな。

 この岩場
(GAO入り口のそばにある岩)はぜんぜん変わっていない。
とがった岩の先が出るほどの高さまで津波が来た。
あの岩にしがみついて運よく助かった人もいた。

津波は、第一波はわからない。
波がせりあがってくるのではなく、海面全体が少しずつすこしずつ静かに高くなってくるから
見ていても気が付かない。
岩の、海から出ている部分がなんとなく少なくなっているような感じだ。

だから「津波が来る」なんて予想していなかった。
海よりも、山が崩れてくるんじゃないかとみんな山の方ばかりを気にしていた。

気が付いたときには水辺がすぐそばに来ている。
いったん波がくると、次は引いていく。
水族館前の磯はすべて海水がなくなり、岩場が露出する。

第二波からは、引いて行った水が戻ってくるので
立ち上がった、はっきりとした波が見えてくる。
あとはその繰り返し。

もっと海の方を気にしていれば・・・。

その方は当時の地震時の状況を記した原稿を持っており、
少しだけ見せてくれました。

内容は少しくだけているところもあるかもしれないけれど、そうした方が少し
読みやすく、地震というものを身近に感じてもらえるのではないかなと思って。

日本に生きている以上、自然災害はあるもの。
予知はできないけれど、起こってしまったときに正しい対処が
すぐにできるような準備はできるんじゃないかな。

大切なのは、何かが起きてから。
予防・予知できないものならなおさら。
そこに生きることを自分で選んだならば、すぐに周囲に何かしてもらうことを
求めるのではなく、それと向き合って、対応して
生きていくべき。
向き合えなければ、自分がどうするかを考えるべき。

大災害を経験していない自分にとって
あーだこーだ言うのは簡単ですが
今生きている場所だって100パーセント安全とは
言えないわけで

じゃあどうするか、自分で何をしなくちゃならないかを
考えるきっかけをもらえた気がします。

考えて、いっぱい考えろ。
そうすれば何か出てくると
ついこの間言われたばっかりで

世の中はいろいろなつながっているんだなあと
思いました。


日本海中部地震から33年。
起きた事実は変わらないので

そこから学べることや気がついたこと、
自分でやれることを
大事にしたいと思います。


「当事者ではない自分には関係ない」ことは、ありません。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 | 投稿者:gao-aqua |コメント (0)

海型川型

2016年05月23日 (月)10:49

サケは川で生まれる。
で、海へ行く。
大きくなって、次の世代を残すために
川へ戻ってくる。

これはわかるんですよ。

サケ科の魚というのは、淡水で生きる時期と
海水で生きる時期を持つ種類や、
淡水の環境下で生きる個体と
途中から海に行き、産卵のため川に戻ってくる種がいたりと
海と川、海水と淡水環境を行き来できる種がいます。

自分は「この種類が海に行ったら〇〇になる」が
ほんっっとうにわからなくて・・・。
何度やっても覚えられないのです。
そういうのって、ありますよね~。

というのはおいといて。

現在、、2階の円柱水槽は
 こんな感じに
魚が泳いでおります。

 淡水魚の
ヤマメか?にしては模様が薄いような・・・

実はこちらの魚、水槽に入れたときは淡水に生きる魚「ヤマメ」でしたが
水槽の水はというと、淡水から少しずつ海水の濃度を高くしている状態です。


ヤマメは淡水魚として広く知られていますが
海に行くとどうなるか・・・

ヤマメは海に行くと「サクラマス」になります。
海で成長し、産卵のため再び川に戻ります。

この水槽では、ヤマメからサクラマスになる「途中」の魚を
展示します。

 この姿は
完全に淡水の水槽で飼育しているヤマメ。
縦に長く黒い楕円形の模様が特徴的です。ずっと河川で生きる型です。
すっと淡水の環境下で生きるヤマメもいるのですが海に成長の場を求める個体もいるんですね。


 こちらが
冒頭の写真の円柱水槽で飼育しているヤマメ。というかヤマメと言っていいのかどうか
正確にはわかりませんが・・・・・
この個体には黒い楕円形模様がありますが

 こちらの個体には
黒い楕円形模様はほとんどありません。
銀色がかってきています。
降海型で、海で成長し、産卵は川行います。
河川に活きるヤマメが20~30センチほどなのに対して
サクラマスは60センチほどにもなります。
黒い楕円形模様は消え、銀色がさらに強くなってくるそうです。

淡水で生きるか海で大きくなるかを決めるスイッチって・・・
どこにあるんでしょうね?
本当に不思議です。。

さらに海水と淡水の環境の違いにどうやって体を慣らしていくのか・・・


今この円柱の水槽ではまさにサクラマスになろうとしているヤマメたちが
います。
日々変化していますので、ぜひ見に来てくださいね!




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!! | 投稿者:gao-aqua |コメント (0)

見てる?

2016年05月18日 (水)09:25

アマゾン研究小屋に
最近、白いまあるい何かがいるといううわさを聞いて
やってきました。



 !
いる!
なんだこれは!
ついに新種発見か?!
宇宙人か?!

 エイちゃんでした。
3階のアマゾンコーナーには、窓に見立てた水槽の観覧窓があるのですが
最近ここにこの淡水エイ「モトロ」(オレンジスポットタンスイエイ)がこうして
姿を見せるのです!

なんていうか、
 こうしてみると
窓から覗いているように見えるんですが・・・

 これ、
顔ではありません。
口は口ですが、両側のは目ではなく
いわゆる「鼻の穴」なんです。

エイの目は反対側にあります。

 これが
モトロの反対側。目がしっかりついていますね。

口の横に2つの孔があるので、どうしても目に見えてしまうのですが
あれは顔ではないんですね~。


とは言いましても

 顔に見えて
仕方ないです・・・。

ちなみにこの状態、どうなっているのかというと

 こんなふうになってます。
誰が教えたわけでもないんですが・・・・・。


このモトロちゃんは3階のアマゾンコーナーにいますよ!




※このサイト内の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!! | 投稿者:gao-aqua |コメント (0)

王子

2016年05月17日 (火)11:34

数日前の新聞(県内版)で、

 取り上げて
いただきました。

丸々とした姿がロングセラーの氷菓子を彷彿とさせるという
個人的妄想から勝手に呼んでいた
 雪見王子。

 (撮影4月17日)
4月4日に生まれたゴマフアザラシみずきの子供、(勝手に)通称「王子」。
由来はもちろん「オスだから」。
このネーミングがなんか面白い、ということで記者さんに記事にして
もらったんです♪

王子様、あなたのおかげで
このブログのことが記事になりましたよ~。。

というわけで、お礼を伝えに謁見です。
王子は白い毛がすべて抜け落ち、きれいなゴマ模様になりました!

 王子様~。

あのですね~

 王子様のおかげで

 ブログが
・・・

 怒ってらっしゃる。
この顔は、お怒りでいらっしゃる。

 どうも
わたくし、嫌われているようで・・・

お付きの者・・・担当者に聞くと、
プールにエサの魚を投げ入れると食べるけど、手からは直接食べない。
個室に入るとにらまれる(ような顔↑)をする。

ということで・・

今をときめく王子は、かなりの硬派なようです。

王子の展示場再デビューまで、もう少しお待ちくださいね。



※このブログ内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:アザラシ | 投稿者:gao-aqua |コメント (2)

巣から出てる疑惑

2016年05月16日 (月)18:57

 4月20日
イワトビペンギン孵化。

ヒナちゃん、小さかったよね~。

時間は経過し

 おっきくなっちゃいました。
4月20日に孵化したイワトビペンギンのヒナは、ご覧のとおりすくすく成長し
孵化直後100グラム程度だった体重は

 1キロを
超えました。こうしてみると何の物体なんだかわかりません。
まだまだ、親の足元にこもっていたいのでしょうか・・・。

ちなみに、ここの親はバンド色が黒のオスとピンクのメスなんですが
個人的にこのペア、めっちゃ怖いんです。

もう少し近くで見たいな~なんて近づこうとすると

 おうおう、
近寄るんじゃね~よ

といわんばかりのにらみっぷり。旦那様も奥様も怖いんだから・・・。。

気づいたら
 ヒナちゃん
自分で立てるようになってたのね。 

・・・・・

ここで思ったのですが

 巣が
明らかに手狭です。

イワトビペンギンのヒナはある程度大きくなると
やっぱり動き回ります。
ジャンプ力も出てくるようで、このくらいの段差であれば
ぴょーんと下りたり登ったりすることができます。

ここまででかくなると、もう巣から出てお散歩してもよい時期なのですが・・・

 自分は、
まだ見たことがありません。

「一瞬、巣の外にいたけど次の瞬間には巣にいた」という噂があるんですが・・・

 過保護すぎるのも
よくないですよ~。

でも絶対、巣から出てると思う。。




※このブログ内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン | 投稿者:gao-aqua |コメント (4)

魚食べてる疑惑

2016年05月08日 (日)13:03

5月5日はこどもの日。

今年、GAOでは
ゴマフアザラシみずきが4月4日に
オスの赤ちゃんを産んだので、数日前から

 こいのぼりを 
掲げていました。

連休中はあいにくのお天気な日が多くて
青空に泳ぐ姿はなかなか見ることができなかったのですが
曇り空でも
 なかなか
い~んじゃな~いと言っていましたが


肝心の4日、5日は天候が荒れ模様で
わずか2日間のこいのぼりとなってしまいました・・・。。


さて、当の本人というか
本アザラシは
 あらますっかり
ゴマ模様。

現在裏の個室にいる、みずきの子供
通称「王子」は白い毛がすっかりなくなり、ご覧のように
ゴマ模様!

  個室にいるのは
なぜかといいますと、魚を食べれるようにするためなのです。

ゴマフアザラシの子育ては3週間~1か月ほどしかありません。
その短期間の子育てで、生まれた子供は母親からのお乳で
ぐんぐん大きくなります。
王子の場合9キロから35キロにまで成長しました。

その後、親は子から離れ
お乳も出なくなります。

そうなったら、子は自力でエサを食べなくてはいけません。
魚をつかまえて呑み込むまで、口からとる栄養はありません。

野生では、自力で捕食ができなくて衰弱した場合は
生きることができません。

春頃、日本の沿岸で衰弱したゴマフアザラシの幼獣が
保護されるのは、エサをとれないで衰弱したというのも
理由の一つです。


王子は水族館で生まれたゴマフアザラシなので
水族館でエサをたべてもらわなくてはいけません!

というわけでまずは
 エサの魚と
エサ用の活きた魚を入れておきます。
おさかな様、王子の成長のために命をいただきます。

活きた魚を入れると
 初めは
おそらく興味本位で追いかけます。
うまくいくとそのうち歯でつかまえます。
さらにうまくいくと口でかんだりあぎあぎしているうちに
のみこみます。
順調にいくとそのうちのみこんで「これは食べるものなんだ」と
エサをたべるようになります。

文であらわすとこんなもんですが、これが実際大変な個体は大変なんですよ。

王子はどうでしょうね。

早くおさかなごっくんしてほしいものですが・・・


これは関係ないのですが
 王子の目つきが

 あまり良くない。
人を見るときの目が、怒っているような気がする・・・

個室に入れたこと、そんなに怒ってらっしゃるのですか・・・。


エサ用の魚を入れて様子を見続けることほんの数日。

「なくなっているんです。」

エサ用の魚を入れて時間を空けて見にくと、魚がなくなっているそうなんです!
これはきっと食べてる。

ところが
 人が見てると
食べないそうなんです・・・・・。

ついさっきも影から見ていたのですが
気づかれてしまい、
エサの魚に鼻をつけたと思うと放してこちらをじろっと見て
「食べると思ったでしょ~ そう簡単に食べないよ~」
的な視線を送られました。
入れていたエサの数が減っていたので、見えないところで
食べたんだと思います。

お願いですから
 スタッフの手から
エサの魚を取って、人前であむあむと食べていただけませんか?!

・・・にしても、あまりに順調すぎますので
(個体によってはなかなか口にすらぜず、強制的に魚を食べさせることもあるので)

ちゃんと魚を呑み込めることに一安心です。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:アザラシ, 未分類 | 投稿者:gao-aqua |コメント (2)

ほわいとからぶらうんへ

2016年05月06日 (金)08:48

 ブイの撲滅
ではなく、ブイで遊ぶホッキョクグマクルミ様。

 プールに
落ちそうになっても、がっしりととらえ

 まだまだ~と

 クルミプッシュ!

 5月の連休
いつもより多めにプッシュしております!!

 ちょっと待って。
これ、なかなかしぶといわ。

 かくなるうえは
ちょっとどこかに

 持っていきましょう。

 おほほほほ。

最近、お気に入りのもの、
裏の部屋に持っていきますよね・・・。

ここからだと中で何してるかわからないんだけど・・・

しばらく待っていると

 再登場!

 第2ラウンド

 開始!!

 不敵な笑み・・・

 クルミ様
今日は一段とお強い!

 ・・・って
あれ?

 再び

 裏の部屋へ
消えていくのであった。

・・・一体、何してるんでしょうね・・・。

 あ、出てきた。

向こう側まで

 運ぶのが
めんどくさかったのか
 
 一回
プールにぶん投げて

 向こう岸で
回収。
「すごっ、頭いい!」って、びっくりされてましたよ。

回収後は
 やっぱり
くるみプッシュ。
調子よさそうですね。

気がすんだら

 ウッドチップで
ごろんごろん

 ごろんごろんして

 やっぱり茶グマ。

「大人になったら、茶色くなるんだっけ?」って聞かれましたが・・・

そんなことはありませんよ。

大型連休も真ん中の3連休は終わってしまいましたが、
今日(6日)も

 男鹿の
おいしい屋台が出ています♪(8日まで)

大型連休もあと少しで終わっちゃいますが、
しめくくりはGAOでいかがですか?




※このサイト内の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ホッキョクグマ | 投稿者:gao-aqua |コメント (4)

ほわいと じょーず

2016年05月01日 (日)13:46

 プールに
浮かぶ水色のブイに

 下から

 急襲をかけ

 一瞬
姿が見えたかと思うと

 再び

 水中へと

 沈み込ませる

 それはまるで

 JAWS・・・・・。
白いジョーズ。。

サメではなく
 ホッキョクグマの
クルミ様、最近はブイを下から突き上げの再び水中に沈めのがお気に入りのようなんです。


昨日4月30日もめいっぱいブイを浮き沈みさせるクルミ様に、たくさんの人が夢中!
 でーでん。
(ジョーズの曲のつもり)

 でーでん。
でーでっでっでん 

 でっでっでっでん

 ずわっぱ!


GAOの白いジョーズは

 陸でも
待ち伏せできる!

 容赦なく
引き揚げ 

 逃がさぬように
押さえたら

 クルミプッシュ!!

 手ごわいわね!

 おおっと
得意の水中攻撃か?!

 浮いてきたら

 沈めるべし!

 浮いてきたら

 沈めるべし!!!

 

 

 

 この日
容赦なかったので、続きます。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。 

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ホッキョクグマ | 投稿者:gao-aqua |コメント (0)

ヒナマジック

2016年04月29日 (金)19:03

この時期になると
毎回毎回思うネタなんですが

4月20日にイワトビペンギンのヒナが
 無事孵化しまして

ちゃんと大きくなれているかを確認するために

 1日に1回、
親元からちょっとの間取り上げ、体重をはかっています。
凶暴なペアの攻撃を受けつつ・・・。(ここのペアからヒナを取り上げる場合、「親からの攻撃を
受ける役」と「ヒナを取り上げ役」が必要)

ヒナは親が一度食べて胃に入れたものをくちばしうつしでもらいます。
おなかがすくとピイピイと鳴いて親のくちばしをつつき、エサをねだります。
そのため、体重が増えているかどうかはちゃんと成長しているのか、かつ
親がしっかり子育てをできているのかを知ることができるとても大切な指標です。

しかし個体によっては人がヒナを取り上げるのをとても嫌がり(というか嫌がられないと
困るんですけど)そっちの方に気を取られてしまって、落ち着いて子育てができない
可能性もあると考えられます。
ですので体重をはかる頻度というのはそのペアによって判断するんですけど・・・

ここのペアはもう一時的にヒナを取られても、すぐに戻せば
何事もなかったかのようにヒナをおなかの下にしまい、しっかりとエサをあげ、
人が近づこうものならばものすごい勢いでダブル攻撃をしかけてきます。

というわけで、ここのヒナちゃんは1日に1回、体重をはかっています。
 これ初日。
315グラムとありますが、ボウルとタオルの重さが入っているので差し引いて
正確な体重は123グラムでした。

初日にしては重たい数値です。
ボウルの中にちょこんと黒いかたまり。

 これ4日後。

・・・何かの間違いじゃないかな・・・

と思ってしまうぐらいの・・・。

今回はボウルとタオルの重さはあらかじめ引いてあるので、
この数値が体重なわけですが・・・

容器が小さいのではという声も出てきそうですが
4日前と変わらないプラスチックボウルです。

 うーん、

確かに、4日経過してるんだから変化はあって当然なのですが
 びっくりしますよ。

前に何かで、ペンギンのヒナを初めてレントゲンで撮影した科学者が
現像されたものを見て
体の半分以上が胃袋だったことに対して
爆笑したという話を聞いたか読んだかしたんですけど・・・
(爆笑はどうかな・・・。)

でも、本来の野生下では
こういう成長の仕方じゃないといけない理由があるのでしょうね。

着々と
 増量して
大きくなっていることに、一安心です。

ちなみに本日29日の体重は、426グラムでした。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ペンギン | 投稿者:gao-aqua |コメント (1)

親離れ

2016年04月25日 (月)19:12

数日前、
ほんの数日前には

 まだ真っ白で
水の流れをせき止めていたのに
24日、見にいったら


 もうすでに
「雪見」な部分がほとんどなくなっているではありませんか!!


 別アングル。
こっち側なんてもうほとんど白い毛、生えてないじゃない!

4月4日に生まれたゴマフアザラシみずきの子、通称(勝手に)「雪見王子」は
もうほとんどゴマ王子になっています。

この写真を撮ったのが24日の午後なんですが、朝はまだほとんど
雪見状態だったらしく、日中水槽を泳ぎまわっているうちに毛が抜けて
いったとか・・・

そういえば水槽の中、毛が舞ってたもんなあ・・・。

 ライオンみたい。

 おなか側なんて

白い毛ほとんど残っていません。

 それにしても・・・
雪見だいふくから

 ゴマもちになるの、

 早かったね。


さて、白い毛が抜けてゴマ模様の毛になるということは
親離れの時期でもあるわけで・・・

実はここ数日、みずきからお乳をもらっている様子がありません。
王子が陸でころころしてても泳いでいてもみずきはそばにいません。

体重も少しずつへっており、これはそろそろ自力でエサをたべるようにならなきゃ
いけない時期・・・

というわけで
 王子様、
一時別室に移動です。
皆様、申し訳ありません・・・。

 今日から
この別室で魚を食べる練習です。

みずきお母さんのお乳もありません。
口からとるものは、自分で魚をエサと認識して呑み込めるようになるまで
何もありません。

野生では自力で魚やタコなどを捕まえて食べるようになるまでは
食べるものは何もありません。
そのため、ゴマフアザラシは親離れまでは母親のお乳から栄養をたっぷりもらって
太っておきます。
何かの理由でエサをとれなかったりした場合には衰弱してしまい、
時々そういった子供のアザラシが
保護されたりします。

王子は、人が与える魚をエサと認識し
自力で食べれるようになるまでは口からとるものは何もありませんが・・・

 みずきの愛で
まるまる太りました。
早くおさかなごっくんできるようになってくださいませ。。

王子の再デビューまで、いましばらくお待ちくださいね。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:アザラシ | 投稿者:gao-aqua |コメント (1)

カレンダー
2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
月別で記事をみる