• Home
  • GAOっと!ぶろぐ

おめでたのお知らせ

2018年10月17日 (水)18:15

たまに、
 アザラシ
展示場に現れる


 なんか



 つくりもの・・・。

今年の春、ゴマフアザラシ展示場では
ゴクウと他のメス個体との交尾が確認されていました。


ということは・・・

そうです。

妊娠の可能性があるのです。

というわけで「にせものエコー」の登場です!!!

ゴマフアザラシは神経質な動物です。
医療機器等、いつもないものが突然展示場にあったりすると
よってこなかったりします。

なので、似たようなものを検査やらない日でも
置いておいたりします。

 みずき
(練習中)



 こまち嬢
(調子いいときの体勢)

にせものにも慣れてきて、エコー検査でございます。

この時期になると、妊娠していた場合
おなかにエコーの機械を当て、
胎児の姿を確認することができるようになります。

そんじゃやってみましょうか!
・・・あ、私?
エコー対象外個体をよせておく係?

とゆーわけで・・・

結果、


 「いますね。」


こちら
 9月30日
みずきのエコー検査!
おおっとこれは・・・自分でもわかるぞ!(てかこれでいいのか?)
小さいアザラシが見えませんか?!

こちら
 こまち嬢!
こっちもわかるぞ!
背骨が!背骨がああ~!!

というわけで、みずこま「おめでた」です!!


昨年はゴクウを別の部屋に移動させていたので
繫殖はありませんでした。

生物種によると
それまで繫殖していた個体を
移動させたり環境を変えると
次の繁殖期に性格が変わる・・・ことがあると
後から聞きまして(もちろん個体によると思いますし
移動が原因とは断言できません)

やばい!!と思っていたのですが

・・・すごいですね。ゴクウさん・・・。
ありがとう、ゴクウさん・・・。

順調にいくと、これまでの例では
3月中旬ころから出産予定かと予想します。

今後は2頭の状況を見ながら
対応していくことになります。

そっと見守っていただけたら幸いです。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, アザラシ | 投稿者: |コメント (1)

丸太の件2

2018年10月14日 (日)16:26

ちょっと前までの

 丸太の

 姿。
10月中旬、
 掘削開始。

 何のために

 掘削を

 始めたのか。

 自分好みの

 型にして

 かゆいところに

 手がとどく的な

 ものに

 するのかなと

 思って

 いたのですが・・・

 ちょっと待てー!!

なんでそこで丸太削ってる?
なんでそこに丸太がある?!

そうなんです・・・
ついに豪太、丸太を移動させることに成功しました・・・
 しかも

 なんかもう

 動いているし。

 かめらのひとー。
ぼく、このおっきい木動かせたよ!
 頑張って
削ると

 動かしやすく
なるの、ぼくわかったの。

 ほっ。

 よっ。

 ごろーん。

(鳴り響く丸太の音)

 こっち押すと、

 そっちが
もちあがるでしょ、

 勢いつければ

 どっぼーんて

いくと思うんだ!
プールに巨大な丸太を落としてほしくないと願うと同時に
その瞬間を見たいという願いも持ちつつ
見守る自分。

 頑張る
豪太!
ですが・・・
プールにせり出している方が軽い方だったせいか、この日は

 丸太は

落ちずに済みました。
にしてもですよ。
豪太が以前から丸太を削っていたのは
丸太をプールに落としたくて
軽くすれば落ちるかもしれないからと
前々から削っていたのか

削っていたことは削っていて
動かしたくて動かしたのか(削ると動かすは
豪太の中で特に結びついていないのか)

ただの偶然なのか・・・。
さてこの先どうなるか・・・

もと丸太があった場所を見てみたら
 代わりのものが
置いてあって、ちょっと笑いました。


※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ホッキョクグマ | 投稿者: |コメント (1)

サツマイモ収穫しました

2018年10月13日 (土)10:19

10月10日、
男鹿市の美里小学校にある
 美里農園に
やってきました!

この日は農園に植えられたサツマイモの収穫をするということで

 分身豪太も
お邪魔してきましたよー。

毎年、美里小学校ではこの農園に
サツマイモを植えて秋に収穫をしているそうですが
今年はホッキョクグマ豪太にもプレゼントしてもらえるとのこと!

サツマイモの苗植えはこちら

いっつも思うんですが

 分身、
そこは校長先生の隣です。
(VIP扱いだな・・・)

さあそれではサツマイモの収穫です!


 みんな
頑張ってねー!


 ぼくは
もろもろの理由があって畑のそばまでいっちゃだめだって
かめらのひとがいうから、ここで応援しているからね!


 サツマイモ
確認!

どれくらい大きいんでしょうね。

 !

早速大物!


 ねえねえ、
早く蒸かして食べようよ!
(本体は蒸かしたサツマイモが大好き)


だめだよー、これから泥を払ったりしないと・・・
楽しみはもうちょっと後にとっておこうね。


 なんか
今年は育ちがいいとか、大きなものがどんどん収穫されてきます。

 「まあ、
毎年だいたいこのコンテナで足りるくらいですかねー」と先生。


 ですが・・・


 最終的に・・・


 分身
びっくり!こーんなに収穫できました!
「いや~、今年は豊作だ!」ですって。

収穫したおイモはこれから泥を払ったりするそうですが、


 特別に

獲れたてを

 いただきました!


 みてみて


 箱も
かわいく作ってくれたよ!


 最後は
みんなで


 記念撮影!


 この
おイモ、来月にGAOで豪太とみんなでいただこうと思います!

当日来館された方も一緒にどうぞとのことで、
「秋だ!おイモを食べようイベント(仮)」立案中です☆
詳細は決まり次第お伝えします!

みんな、お疲れ様でした!


写真見てて気が付いたんですが
 分身、

あなた

 ピース
できるんだね。。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆, ホッキョクグマ | 投稿者: |コメント (0)

かぼちゃマンでした

2018年10月09日 (火)13:44

何かやりたくてもなんだかうまくいかなくて
部署が違うところに相談したら
これまで大変だったことがすんなりいっちゃうことって
あると思うんですよ。

さまざまな方面の業種が集まってる水族館で
それはたま~に実例としてあるんですね、はい。

今回はその一例をご紹介します。

数年前
(自分)「それふくらますの、めっちゃ時間かからない?」
(営業のSちゃん)「はい、でもこうするしかないかなーって・・・」
(自分)「・・・大丈夫!」
(数分後)
(営業のSちゃん)「えっ!早っ!!(笑)」

今年
(営業のSちゃん)「〇〇さーん、これ・・・」
(自分)「あーはいはい。(ちょっとにやっ。)」
(営業のSちゃん)「ありがとうございます!」


(展示側バックヤード)
 まずは
現在空気を拝借しても何ら影響のないエアーのバルブを確認します。
本来であればここにチューブをつなげ、あのぽこぽこと
空気が出てくるエアストーンとかをつなげ、水槽に入れます。

そのチューブを

 エアブローに


 つなげておきます。


 なんということでしょう。
あんなに時間のかかっていたエアブローが


 みるみる
間に膨らんで完成★
こうして


 ハッピー
ハロウィーン★
あっという間にエントランスに装飾が完成!
もちろんお化けもおんなじ方法で膨らませましたよ!


というわけで、10月6日に開催した
G☆HALLOWEEN NIGHTの
館内の装飾品はこうして膨らませていました。

今年は台風25号の影響で、7日は終日休館となりました。
台風は過ぎ去っても波が高いのが残るのが海側の特徴ですね。
当日は波高が数メートルあり、海沿いの道も
波がかかっていました。

幸い水族館に影響はありませんでした。
心配してくださった皆様、ありがとうございました。

6日も少々天候に不安がありましたが
ご来館してくださった皆様、ありがとうございました。

 前回
新人スタッフが作っていたのは


 分身豪太の
仮装アイテム!今年は「かぼちゃマン」だったんですね。
首からさげてるカボチャのポシェットがかわいいぞ!


 ハロウィン
ダイブもご覧のとおり満員御礼!

 空から
降りてきたように見えたかな?

閉館間際
 仮装した
分身豪太とはいチーズ!
あ、これ2020年のカレンダーにしよう!

2019年は
 できて
おります。ただいま売店で販売中ですので買ってください~
お願いします~。。(1200円税込)


 たくさんあって
選べないこまち嬢。


閉館間際
 ひょっこりはんが
いた。

「町内の盆踊りで作った衣装なんだけど、1回しか使ってなくて・・・
でもこんなところで役に立つとは思わなかった~」

ストーリー性抜群。


 今年は
豪太のエサのじかん当番でしたので
かぼちゃがぶっの画像がなくてごめんなさい。


 最近は
「去年も来たんだけど、楽しかったから」という方や
これまで作った缶バッジをつけてきてくれる方がいたりで
なんだかうれしいですね♪

天候が悪い中、ご来館いただきまして
本当にありがとうございました!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 | 投稿者: |コメント (0)

10月7日「夜水」中止のお知らせ

2018年10月06日 (土)13:35

大型で強い台風25号の接近が危惧されますが
ここ秋田県でも7日はかなりの悪天候が予想されています。

7日に予定していました「G☆HALLOWEEN  NIGHT」
夜の水族館は中止が決まりました。

ご迷惑をお掛けしてしまいますが、
ご了承ください。

GAOは海に面した水族館ですが
それゆえ、受ける影響もあります。
特に海の状況は、台風が去った後も
風や波のうねりが残り
天気が良いのに海が荒れていることも
あります。

自然相手であれば、それに合わせてできることを
していければと思います。

本日6日は予定通り18時から開催します。


かぼちゃバルーンに(今年は手に入った)
怪訝な表情を見せていたみずきも


 はいっ!
上手にタッチ★


 絵になる
体勢も作ってくれました。さすがだな~。。

このかぼちゃばるーん運びは10月中のエサのじかんにもやろうと
思います。

営業スタッフが
 かわいく
作ってくれました今年のスタンプラリーの缶バッジ。


 黒い
とんがり帽子に、何かつけている・・・。。
何する気だべ。


ここ最近自然災害が集中しているような気もしますが
その時々でベストな選択をできるようなヒトになりたいと
思っております。

台風の影響を考慮し、今日6日18時より
県道男鹿半島線 門前~加茂青砂間の通行止めが
予告されています。

夜間お帰りの時にはなまはげラインをご利用くださいね。
不安な点等ありましたら、スタッフにお声掛けください。
(仮装してるかもしれないけど・・・)


※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆イベント情報☆, ☆お知らせ☆ | 投稿者: |コメント (0)

隙間好き

2018年10月02日 (火)12:56

朝の
 サンゴ
大水槽。

 ん?
よーく見ると


 岩じゃ
ない。


 サメ
3匹でぎゅうぎゅう。

こちらのサメ、イヌ年に入れたその名もイヌザメ。大きくなると
150センチほどになるサメです。

 若いときは
しま模様がはっきりしていますが、成長するにつれてしま模様は
消えていきます。
GAOのイヌザメ達は1メートル近くまで成長しているので、
しま模様はすでに消えています。

イヌザメは海中を泳ぎまわるというより底や水槽の壁を
つたうように泳ぎます。このとき胸鰭も動かして泳ぐ姿が
泳ぐというより4本足で歩くイヌのようだ、とのことから
イヌという名前がついたと言われています。
(諸説あるようですが、実際に底を這うように移動する姿は
見ることができます)

活発に動き回るというよりは、岩陰などでじっとしていることが
多いサメとのことです。

だからといって大水槽にいる3匹が
 3匹とも
みんな同じ場所にいなくても・・・
もっと他にも隙間あるんですけどね・・・

サンゴ大水槽でイヌザメが見当たらなかったら、隙間か
この岩の下を探してみてください。



全然関係ないですが
ある朝撮影できた写真が

大福か中華まん。


 なんか
CDジャケット風だった。

ばっちりくるタイトルありましたらコメントください。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!! | 投稿者: |コメント (0)

来年へ向けて

2018年10月01日 (月)17:42

分身豪太 IN
 セリオン!!!

先日9月29日、道の駅あきた港で開催された
「地魚フェスティバル」にお出かけ水族館出展して
きました!

この地魚フェスティバルは、来年秋田県で開催される
「第39回全国豊かな海づくり大会 あきた大会」の
1年前プレイベントなんです。


豊かな海づくり大会とは、
「魚食国である日本人の食卓に
安全でおいしい魚を届けるために、水産資源の保護・管理と
海や湖沼、河川の環境保全の大切さを広く国民に訴えると共に
つくり育てる漁業の推進を通じて、明日のわが国の漁業の
振興と発展をはかること」を目的に(ホームページ読んだ)
各県で1年に1度、昭和56年から開催されています。

そして来年の第39回、ついに
秋田県で開催されることになったんですね!

日本は四方を海に囲まれた、水産資源豊かな国ですね。
スーパーに行くと当たりまえのように新鮮な魚が並んでいて
美味しくいただけるわけですが

これは日本ならではなのかもしれませんね。

 来て見て


 いろんな
イベントが開催されていて、楽しいのはもちろんですが

 屋内では
秋田県で漁獲されたり、育てて放流されている生物展示コーナーや

 秋田県の


 漁業、
水産資源の保護のためにどのような活動をしている人たちがいるのか、
秋田県で行われている稚魚の放流や調査研究等、水産資源の保護のため
どのような活動が行われているのか・・・等々、お勉強コーナーも
あります。

この大会は水産に特化していますが、
考えてみれば自分が食べる一口に
どれだけのエネルギーが費やされているのかを
考えると・・・

たとえばですよ、秋田県ではマダイの稚魚をある程度の
大きさになるまで育てて、放流します。

海で大きく育ったマダイが海で育ち、そのマダイを
獲ります。

ヒトが食べる用に処理されます。とれたて新鮮に
食べてもらうために各地に運びます。
加工されるかもしれない。

私たちが口に入れるまで、どれくらいの
ヒトが関わっているんでしょうか。

ということも改めて考える機会なのかもしれませんね。


 はあっ!
んだッチだ!
秋田県PRキャラクターの「んだッチ」だ!!!

今回はんだッチと分身豪太の2ショット撮影が
一つの任務なのであります!!

いけ分身!!


 距離感
縮まらず・・・

まあ、んだッチイベント中だからね・・・。

 お腹
すいたな・・・


そのときは突然やってきた!





 両者
互いに歩み寄り、ハイ(?)ターッチ!!!!

 これから
よろしくね!

 29日も
たくさんの方が来てくれたのですが、翌30日は
待ち合わせハチ公ガールズが来たり
稚魚の放流や記念事業がもりだくさん!


・・・とご紹介したかったのですが・・・


残念ながら30日は台風24号の影響が懸念され、
予定されていたイベントは
すべて中止となってしまいました・・・。

「自然相手ですからね、このイベントも。」

確かに。

というわけで、ここから1年後の本大会に向けて
色々と歩んでいくことになります。

今回、GAOもお手伝いさせてもらうことになりましたので、
色々と紹介していきたいと思います。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:☆お知らせ☆ | 投稿者: |コメント (0)

かっちかちなもの

2018年09月26日 (水)13:27

こ、これはああ~!!
秋田県民が熱望してもなかなか手に入れることができず
売り切れが続出したというあの!

9月25日より大手コンビニにて東北6県で復活限定発売の!
 金農パンケーキ
じゃないですかー!!

夏の高校野球、すごかったですね!準優勝の金足農業高校は
9月30日の福井国体にも出場されるとのことで、頑張ってくださいねー!
金農パンケーキ食べて応援しています。


夏の高校野球が終わって季節は秋ですね。

今年の企画展「夏のGAO球場2018」
おかげさまでたくさんのお客様にご来場いただきました。
ありがとうございました。

企画展が終わり、あの部屋では
 ケヅメ
リクガメの展示を始めましたよ。
 カメの
甲羅って、ごつごつ硬いよね。

というわけで、

 かたいもの
集めてみました!

え?水がないじゃないかって?大丈夫!

 脱皮した


 殻なんです。

GAOの中で「かたい」からものを集めてみました。
特に、エビやカニの脱皮したあとの殻はほとんど
そのままの形で残されていますから・・・

今にも動き出しそうだけど・・・。

魚も展示しています。
 こちら
「マツカサウオ」といいます。

どこが硬いなのかというともうすでにお分かりかと思いますが

 ・・・ん?
これ、標本です。
死んでしまったものを乾燥させて、標本にしたものなんですが・・・
さわれるくらい、硬いです。あれ骨?くらい。

マツカサウオのウロコは
 黒縁の
非常に硬いウロコなんです。また、体の大きさに対して
ウロコ1枚が大きいのも特徴です。
確かに、イワシとかのウロコって
小さいですよね。

この硬いウロコで身を守っているんですね。
その名の「マツカサウオ」は、見ためのまつぼっくり感から
来ています。

確かに

 松ぼっくり感
ありますね~。

個人的に一押し・・・というか、見てもらいたいのが

 リクガメのとなり
 カミツキガメ。
実はこのカミツキガメ、過去に捨てられていたものを発見され、
当時GAOに受け入れる水槽があり、保護した個体なんです。

カミツキガメは本来、カナダ~エクアドルに生息していた種です。
ということは外来種はもちろんですが、
「特定外来生物」に指定されている種です。
「特定」とは何なのかというと、
ヒトに大きな危害を及ぼす可能性がある生き物ということです。

カミツキガメは性格は獰猛で、目の前に近づいてきたものには
基本的にかみついてきます。
しかも首が伸びます。そしてヒトの指くらいならば
簡単に切断されてしまいます。

外来という言葉やカミツキガメ自体は、最近テレビでも取り上げられる
ことが多いように感じられますね。
それだけ関心が高まっていることと同時に
国内にいるはずのなかった生き物がヒトの手で増えているという
現実が浮き彫りになってきているわけですが。

カミツキガメの飼育を始めるには、各都道府県に相談したり
環境省に必要な書類を提出し、許可が必要です。
というか、「許可が必要でした」。

現在はというと新規の飼育は基本的にできません。

それまで飼育していたものに限っては、
申請すればそのまま飼育を続けることが
できたのですが・・・。

特定外来に指定されたのが2005年。
指定された後に捨てられたカミツキガメが
発見されることが多くなったそうです。

それまで飼ってた命を
本人たちにとっては全く見ず知らずの世界に放つんです。
許可申請の必要が出てきたから。
申請の有無とは別にこれまでも捨てられたペットは
たくさんいますから、すべてがそうとは言いませんが。

正式な申請をすれば、飼育できたんです。
その「許可申請の必要がある」と何を天秤にかけて
捨てたのかは捨てた本人しかわからないわけですけど。
あ、話が脱線しましたね。

捨てた理由はいろいろあることでしょうが
でもね、カミツキガメは
 かわいい
ですよ。

だからといって容易に飼育する生き物ではないんですよ。

どんな生き物であれ、その生き物を飼育する上で
何が必要か、何をしなければならないかは
よく考えましょう。

そして、捨てるのは絶対にダメです。


ある獣医さんが

飼うと決めた生き物を捨てるのは一番残酷。
飼育すると決めた生き物を捨てるのであれば
自分で殺して自分で食べること。
それが動物を飼育するということです。
と何かの本に書いていました。

残酷ですかね。
自分は、こういう覚悟が
「ペットを飼う」ということなんだと思います。

※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 | 投稿者: |コメント (0)

丸太の件

2018年09月25日 (火)12:47

 4月2日。



 4月14日。
ん?と思った。

そして今日(9月25日)、

 がっっっっつり
丸太が減っている・・・

 えへっ。

目的があることはいいことだと
担当者が言っていますが
その目的が何なのか知りたくてしょうがない今日このごろです。


お知らせにもありますように、
国内のホッキョクグマ繫殖における取組の一環ということで、今後


兵庫県姫路市にある姫路市立動物園のメスのホッキョクグマ
「ユキ」を当館に搬入する方向で調整を進めていくこととなりました。
詳しい日程等はまだ未定・・・というか、そうかそういうことも
これから調整していくことになるんだもんね。

たぶんね、今更?!って言われるかもしれませんが

 11月26日
豪太と誕生日おんなじ!!!運命かしら。


現在のところ、今後調整することとなった、という
ことですが、ホッキョクグマも生き物です。
何があるかわかりませんし、状況次第で
臨機応変な対応が求められることですので、
今後の状況につきましては適宜お知らせさせていただきます。


「うれしいニュースです」と速報でお知らせしてくれた
テレビ局の方、ありがとうございました!!
驚きましたがうれしかったです(←リアルタイムで見ていた)。


生物の状況もそうですが、国内のホッキョクグマの現状も
ご理解いただき、今後も見守っていただけたら幸いです。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

 

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:ホッキョクグマ | 投稿者: |コメント (1)

秋田県じゃなきゃ

2018年09月20日 (木)14:14

9月に入って、
GAOの外でのお仕事の機会をいただき
いってきました♪

秋田市の
 勝平中学校
文化祭にお邪魔して、
 消しゴム
はんこ教室。
小学生の方がほとんどだったんですが、

 「うちの子
こんなに集中できるんだ・・・」
と驚いていたお母さんや

彫刻刀を初めて使うにしてはあまりに上手で
我が子の秘めた能力を驚きながら
見守るお父さんがいたりで・・・

 確かに
学校でやっていることをお父さんお母さんが見る機会は
あまりないかもしれませんね。

さて9月15日は
秋田のJ3チームブラウブリッツ秋田ホームゲーム!
 なんですとー!
元日本代表の!
野人・岡野選手が!

 来るとおおー!
(若いスタッフに聞いたら「?」なリアクションでしたので
最近ギャップを感じます)

この日は対戦相手が鳥取のチーム「ガイナーレ鳥取」でした。
現在はガイナーレ鳥取の代表取締役GMをされているそうですから・・・

鳥取から秋田なんてめっちゃ遠いじゃないですか!
これは直接売ってもらいたい~。

と思ってたけど
 行けなかった・・・。
(運よくカニ汁はゲットできましたが)

この日はご覧のとおり通常のお出かけ水族館に加えて
消しゴムはんこ教室もやったんですよー。

途中ブラウゴンが来てくれたのに
 なんか
そっちのけで・・・
いや、今ブラウゴンの消しゴムはんこ作ってるはずなんだけど・・・

ごめん・・・
 リクガメに
エサあげていってね。

お出かけ水族館はスタジアムの外でやっていたので
試合は直接見ることができなかったのですが

 応援歌や
歓声が届き、なんとな~く何が起きているか想像できましたが・・・
この日の結果は2-2の引き分けでした!う~ん、惜しかったー。

片付け際、
 リクガメ
 日光浴・・・
シュールだなー。

すると
 なんともかわいい
お散歩中の豆柴ひめちゃん!
これは癒される。
というかどっちも動じないのね。

こちらは仙北郡
 千畑小学校。
こちらの小学校では今年の春、

 GAOスタッフが
出前授業したり、この地域の清掃をお手伝いしたりしてるのですが
そんな交流ができたのは

 この魚
トミヨ属雄物型!

大きさ7センチほどのこの小さな淡水魚は水のきれいな、流れのおだやかな
場所にしか住むことはできず、かつ生息地も
この美郷町の湧水があるところ、山形県の一部と
日本国内でもごく限られた場所でしか見ることができない種です。

千畑小学校には、湧水を活かしたビオトープ
 「ドリームトープ」
があります。

以前お邪魔したとき
 水が
すごくきれいで、よ~く見ると

 いた!
トミヨ属雄物型です~。

このドリームトープではトミヨ属雄物型が繁殖しているんですって。

年に一度、この池の水をほぼ抜いて大掃除をするのですが

微力ながら
 お手伝い
させてください~。って、行ってきたんです。

さて、池の水をほぼほぼ抜いたら

 残っている
生き物を一時避難させます。

このとき、他から入ってきた生き物がいないか
いたらちょっとごめんなさいねと
取り上げます。
また、トミヨ属雄物型が生息しているか
繫殖しているかの確認もできます。

あんまり画像ありません。

なぜなら
 一緒に
なってやってたから。

最初カメラ持って写真撮ろうと思ってましたが
「これ何ですか?!」なんてキラキラした顔で聞かれたら
一緒にやりたくなっちゃうじゃないですか。

「先生(先生じゃないけどたぶん勢いでそう呼ばれてた」!袖に
泥ついたー」
「よーしそれじゃあ袖をまくっちゃおう!」
「先生(先生じゃないけどもう呼び方なんてどうでも)髪の毛おちてくるー」
「じゃあ落ちてこないように結んじゃうよ!」
「ありがとう!」(といって網を片手に池に突進していく小学生)

それで腕とか泥だらけで
あーもういいやってなって
本来の目的を忘れていました。

長靴だったので、次回はもっと完璧に胴長とか持ってきたいと思います。
 こちらは
アカハライモリ!これがいるわいるわ。最終的にはこのバケツが埋め尽くされており
底の黄色が見えなくなっていました。(×2)

ちなみにこのときとれたアカハライモリはGAOにもらってきました。
トミヨ属雄物型の小さいのを食べてしまうかもしれないとのこと。
他、ドジョウとかもいただいてきましたので近々、館内でお披露目できればいいですね。

肝心の・・・トミヨ属雄物型は・・・
 いましたよ~。
今回嬉しかったのは、今年の春に孵化しただろうという小さな個体も
確認できたことです。

実は
 この
写真、GAOで孵化した稚魚たちなんですよ!

孵化について詳しくはこちらトミヨ属雄物型、孵化は4年ぶり。
今のところ数十匹が順調に大きく成長中です。


これまでトミヨ属雄物型の展示は
ここ美郷町からいただいていましたが

繫殖技術を確立させて
水族館で繁殖が見られるように(展示できるように)なって
孵化個体が大きくなっていくのを見ることができて

将来的には数が増えて
美郷町の湧水や水路に稚魚が増えて
トミヨ属雄物型が田んぼや湧水、ヒトが生活している環境の中で
普通に見られるようになれればいいな。と思います。
 ドリームトープは
2001年、当時の千畑小学校の校長先生が
水のきれいなこの土地に生きる魚、トミヨ属雄物型を守るには
その土地の子どもたちが学ぶことを大切にしており

そのためにはこういう場が必要だという想いから作られたそうです。

構想は20年前。3年かけてこのドリームトープが完成。
ここには地域の人はもちろん地元の工事現場の人や市や県の職員の人、
たくさんの人が関わっているそうですが

今回この清掃にも、小学校以外の職員の方やボランティアの方が来ていて
20年経った今もこうして地域の人が関わっていることは
簡単そうでもなかなかできないことだと思うのですが
ここではそれができている。

地域の人が大事なこと、大切なこと、そして大きな問題だと
思っている証拠であり
また、次の世代に想いをつなげていくことが
環境を守るということに大切なことだという
当時の校長先生のお話が
残りました。



水族館の仕事って、どういうイメージでしょうかね?

生き物の飼育・接客はもちろんですが
水族館の外の世界を知り、一緒に活動できるなんて
自分は思ってもみなかったです。

いろんな形で、いろんな想いで

 秋田で
 明るく
 生き生きと
 活動している
方たちに会えるなんて

 ここ、秋田県の
水族館ならではかもしれないですね。

千畑小学校からの帰り際、もうすぐ刈り取りが始まる水田。

この雄大な景色を見ながら思うのは

あ、新米が楽しみだ。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:!!!!魚っち!!!! | 投稿者: |コメント (0)

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
  • おめでたのお知らせ
     ゴクウ。ありがとう😉👍🎶。ミズ、コマ。おめでとう🎁🎂🎉。丈夫... tenten (10/18)
  • 丸太の件2
     代わりのもの!ププッ rararara (10/16)
  • 丸太の件
     姫路のユキが搬入されるとのこと、本当に嬉しいです。広い環境に... アディクト (10/04)
月別で記事をみる