ゴクウとたんぽぽ

2020年10月26日 (月)14:59




ゴマフアザラシのゴクウ。






カリフォルニアアシカのたんぽぽ。






ゴクウ。






たんぽぽ。






2者・・・というか、2種というか
分け隔てるものなく






遭遇~。。

たんぽぽ、ゴクウと一緒にエサのじかんです。






こうしてみるとたんぽぽがでかく見える・・・。
それに加えて、アシカとアザラシの体のつくりのちがいが
よくわかりますね。






陸を動くとき、アザラシ(右)はお腹を床につけて
陸場を這うように動きます。
そもそも後ろ足(ヒレ)で床を蹴ることはできません。

アシカは




足がヒレ状でも、前脚と後脚で体重を支えて動くことができるので
(床がつるつるだと前鰭の力で滑ってくることもありますが)
段差も軽々上がってこれるので、陸上移動のバリエーションが
アザラシよりもありますし、機敏性があります。
(怒るとアザラシでもアシカでも陸上を素早く動くので
油断はできない)


ここまでくるのには階段があるので、アシカのたんぽぽに
来てもらったわけです。

もちろんたんぽぽを今日急にとつぜんここまで連れてきた
わけではありません。

ゴクウが展示場の中にいる状態でアザラシのそばまで連れてきたり、
ゴクウが外に出ているときに離れたところから互いが見える位置で
エサをあげていたり、ちょっとずつ距離を近づけていった次第です。






ゴクウをもっと近くで見たいたんぽぽ。






写真ではあまり感じられませんが、ゴクウはほとんど動じない。
たんぽぽはちょっと焦り気味のようでしたね。
お姉さんにしっかりついていますが、動きがせかせかしていました。

でも声をかけるとちゃんと顔を合わせてくれますし、
エサも食べますので、嫌悪感はなさそうです。

それに加えて、たんぽぽにエサをあげてるこのお姉さん






たんぽぽ嬢がものすごく気を許しているヒトなのです。






何でしょうね、自分がこれと同じ事したら
超目を見開いて我慢されたんですけど・・・

「今一番安心できるヒトなんじゃない?」って言ったら
「下僕なだけですよ~」って返ってきました。
でも基本的に下僕であるべきだと思う。。






今は両者を合わせても特に心配はないと思ってもらうのと
慣れが最優先なので、声をかけながらエサを与えていきます。
まずは安心、欲を言えば生き物にとっていい刺激があったり、
楽しいと思ってもらえたらいいんですけど。

ゆくゆくは、






2種の体のつくりや動き方の違いなどを同時に見てもらえるように
したいと考えています。



もし練習時間に遭遇した場合、お客様も大切な
練習要員になっちゃいますので、ご協力よろしくお願いします。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

コメント 1件

アシカとアザラシの体格の違いがよく分かりました! 隣り合って見ることができたらもっとよく分かりますね。今から楽しみです‼️

阿部芳江 |2020年10月27日 (火)

※コメントに問題がある場合は削除する場合があります。

コメントフォーム

カレンダー
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
  • 3月1日の大脱走
     ユキっ子、大きくなりましたね❣️ ユキさんとの比較で見てい... しろくま応援団 (3/05)
  • 3月1日の大脱走
     いつも楽しいブログありがとうございます😊 ユキっ子ちゃん、... himemama (3/05)
  • 3月1日の大脱走
     まるで人間のお母さんが寝かしつけてるように 見えます(^... まりん (3/05)
月別で記事をみる