粘土作家現る

2012年05月01日 (火)12:47

ふと見ると、

事務所に、

 粘土作家がいた。。

油粘土なんてなつかしいですねえ。
って、何をしているのかというと。

 「アザラシプール」
これ、現在新しく建設されている「アシカ・アザラシ新館」の模型(*スタッフによる手作り)!
ちなみに
 現在着々と、
全貌を表しつつある新施設!
模型に粘土で何をしているのかというと、

 アザラシプールの中に

人工の岩をつけるのですが、
さてその岩の形状をど~するかなあ??と
 粘土こねながら悩み中なわけです。

岩の作り次第でアザラシ達に心地よい寝場所ができたり、おもしろスポットができたり、
外から見て面白いつくりにもなるわけです。

ただ、アザラシ達が嫌がる作りというのは絶対に避けなければいけないこと。
アザラシ達が楽しんで面白がって、かつアザラシ達の活き活きを泳ぐ姿を引き出さなければ
いけません。
それを可能にするのは、やはりアザラシを一番長く見ていて、アザラシの事を一番考えている
担当者。

アザラシがどうやって泳ぐかを考えながら粘土造形中なわけですね。

となると、この広さに対してアザラシがどのくらい大きいのかを知りたい。
というわけで
 粘土用ヘラを巧みに使い

 「マリーです!」
クオリティー高っ!!!

 粘土マリー。
鰭やしっぽまで忠実に再現されています!

え?

右にいるのは何かって??

 私が作った、
みずきと思われる物体です。

多分、みずきじゃないです。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

コメントフォーム

カレンダー
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
  • おおきくなりました
     こんにちは。ペンギン成長情報ありがとうございます &g... 十月女 (9/18)
  • 水張り中こまち嬢
     こまち姉さんをみる、あんず。(だよね?)。 心の声が、ツボ... まゆみ 九州より (9/17)
  • 放流しました
     こういう取り組みもされているんですね。 素晴らしいです!!... Chaso (9/15)
月別で記事をみる