‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

2019年のGAお泊ま 終了しました

2019年09月15日 (日)14:32

9月14日、GAOに泊まろう
略して「GAお泊ま」この日は初!大人(20歳以上)限定
バージョンで開催しました~。

 ねむい。


今回も、講師の方に来ていただき


 星空
観察会実施しました。

日中は雲が出ていて、「これは無理かも・・・」とも
あきらめかけていましたが、夜になるときれいに
雲がなくなり、土星の環、木星がはっきり見えましたね!


ちょっと難易度高めの

 工作教室も
男鹿市内で手作りの作品を制作している講師の方に来ていただき
各々オリジナルのクリアキャンドルを作りました!

皆様大人ですので、

 完成度
高いです。


宿泊企画恒例の

 裏側見学も
いつもより長めに実施しておりました。


この日のスタッフは

 こんな
うちわを持ってうろうろしており、
「これは大っぴらにできないという話をするときは
裏話面を掲げる」というオリジナルルールで楽しんでいました。


 これは・・・
うーん、うちわ掲げてないから
たぶんまじめな話していたんだろうな・・・


 こまち嬢
なんで後ろ鰭だけ水につけないのかな・・・(寝ている)



 トン吉、
もうちょっと分身豪太に何か
リアクションがあってもいいんじゃないかな・・・

そうね、そんなことより眠いのね。




2019年のGAお泊ま、3回とも無事終了しました。

特に最後の回、大人限定企画は初の試みでしたので
参加者の方が集まってくれて本当によかったです。

また来年のGAお泊まをどうぞお楽しみに。
参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 |投稿者: | コメント (0)

星みえました

2019年08月04日 (日)18:46

今年は

 大丈夫
そうでーす!!

8月3日、「GAOに泊まろう!2019」開催しました!
天候に恵まれなかった昨年に打ってかわって
今年はいい天気!

前回できなかった「星空観察会」を実施することが
できました!

とはいっても、もうちょっと暗くならないとなので
館内では

 海藻で
押し花教室。
その名の通り、海藻で押し花の真似をし
いわゆる「押し海藻」を作ります。
スタッフが持っているこの作品ですが

「はい何でしょう?」
「シカ!」

 「トナカイでーす」
絶対準備してきてた。


人気だったのが

 こちらの
ボディペイント。
専用の絵具で、GAOスタッフが作った生き物モチーフを
肌にのせることができるんです!

実はこれ、ハロウィンでもやりたいな~と思っていまして
今回初お目見え。

 いい
感じじゃないですか?!

そーこーしてるうちに

 暗くなって



 まいりました!
今年は懐中電灯で探検気分を味わってもらおうと、
いつもの宿泊よりも暗めにしておりました。
ですので

 裏側見学も
ちょっと暗かったです。


イベントに参加したら、

 そろそろ
なんじゃないか?!
星が見えてきましたよ!!
ちなみに明るいのは漁船の光です。こんな景色が見えるのも
またいいですね!



 天体望遠鏡で
見えたのは・・・土星と木星でした!

専用のカメラなんて準備してませんでしたので

 すみません
これが精一杯・・・
光って見えるのが木星です。肉眼で見ると、筋も見えたのですが・・・
うーん難しいなー。

ちなみにね、土星は
ちゃんと輪も見えたんですよ。
最初見たとき思わず「すげー!!」って
言っちゃいましたよ。

この日、一緒にいて
やっぱり初めて土星を見たスタッフなんて
話しかけたら
「土星!」と答えられましたよ。
(ほんとは「はい!」と言ってるつもりだったらしい)


 月も
綺麗に見えて、天体観測あたり日でしたね!
神様ありがとーう!!!


 毎年恒例
爆睡アザラシ(注:生きている)を見て


 おやすみ
なさーい。

こんな感じで今年の宿泊企画、無事終了しました!


 皆様、
ありがとうございました☆



※9月14日宿泊の「おとな(20歳以上)限定版」まだ
募集中です!
14日開催日も星空観察会は開催の予定です。
詳しくはこちらをクリック




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 |投稿者: | コメント (0)

ニホンザリガニ搬入しました

2019年07月26日 (金)19:21

ついに・・・

 この日が
やってきました。


GAOに

 ニホンザリガニ
搬入です!

ニホンザリガニはその名の通り日本固有のザリガニ!
生息地は非常に限られており、環境省レッドリストの中の
絶滅危惧Ⅱ類、というのに分類されています。
「絶滅の危機が増大している種」というのが
カテゴリーの定義です。

秋田県内では大館市にこのニホンザリガニの
生息地が確認されていますが、一時期はほとんど
生息が確認できなかったそうです。

しかし一部で生息していることが判明し、以降
保護活動が行われています。

大館市にある大館郷土歴史博物館では保護活動と並行し
水槽内での繁殖が確認されており、ニホンザリガニが再び生息できる場所を
数年かけて作り上げる事業が始まっているそうです。

このニホンザリガニを紹介できたらな~・・・なんて、
数年前から思っていました。
だって、ニホンって名前がついていながら
今はそうそう見ることができない生き物なんですから。

ニホンという名がついていながら、今や日本各地
展示はもちろんですが、飼育施設が増えることで
メリットもあります。何かあったときの危険度の分散です。
また、飼育している間の情報の共有を積極的に行い、飼育繁殖
技術向上につなげることもできます。

何年かかるかわかりませんが、
本来生きる環境で安定的に生息できるようにすることが
目的です。

さて、ニホンザリガニは飼育の際に
水温は20度以下にしなくてはいけません。

かつ、
 個室飼育
が絶対なんだそうです。

なんでも、共食いもしちゃうとか。

さらに、脱皮するときに不全が多い種でもあるし
脱皮するときに他の個体がいるとそのときに食べられる可能性が
高いとか。

というわけで、GAOでも当然
個室飼育しているわけですが・・・


「脱皮しました!」

 本体。



 脱皮殻。
個室脱皮、うまくいったみたい・・・


到着してから早すぎない??
うまくいってよかったけど・・・

さらに、別個室にて

「稚ザリがついてました!」

 大きさ
1㎝にも満たないちびザリガニが


 ついて
きたようなんですね!

メスは自分の尾の付け根に、オスの精子が入っている
「精包(せいほう)」をつけておくところがあり、繁殖期になると
オスからそれを取るそうです。

その状態で冬を越し、その後自分の卵と授精させます。

卵から生まれた稚ザリガニはある程度の大きさになるまで
母親のおなかについた状態で過ごすそうです。

どうやら搬入してきたザリガニの中に、ちびザリをもった
メスがいたようなんですね~。


 小さいけど、

パーツはすでにザリガニです。すくすくそだちますよ~に!


ニホンザリガニは26日から
淡水魚コーナーで展示しています!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 |投稿者: | コメント (0)

サザエさん

2019年07月24日 (水)18:14

本日の話題は


サザエです。

「サザエって二足歩行するらしいんですけど」と耳にしまして
なんのこっちゃと思ってたんですが
 なんと!
 二足歩行の
予感がする!
水槽の底や壁に張り付いているこの部分、正確には「腹足(ふくそく)」と
いいます。サザエはこの腹足が左右2つにわかれていて、交互に動かして
移動するようです。
(自分は「腹足」と言うと思っていたのですが、
今は「足」と言われていることもあるようですね)

というわけで、動画チャレンジしました。
なかなか動かないサザエさんと格闘して撮影したものです。

サザエさん歩く

傍目から見ると動かないサザエにカメラを回している姿なので
(というかもしかしたらサザエかどうかわかってもらえなかったかも)
「こんにちは~」とそばを通るお客様に挨拶をしても
ちょっと不思議そうな顔で通り過ぎられました。

「近寄っちゃだめよ」的な・・・。




※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 |投稿者: | コメント (0)

そうか今日は新しい元号が発表されたんだった

2019年04月01日 (月)19:05

4月1日、今日の出来事。

朝。
 ぽこっ。
あら~みずきの姫様~
すっかり泳げるようになったんですね~

最近、みずきが丸くなったのか(性格的な話)

 このくらい
接近しても、そんなに襲撃されなくなりました(my足)。

姫様、そろそろ体重測定しないと・・・
 娘の
体重測定を見守る母。



 あら~
こまちの王子様も元気そうで・・・

ってあれ?泳ごうとしてる?!

この世に生まれて2日目、
 初泳ぎ
しました。

自力で上がるところも確認できたとのことで、安心です。


 ホッキョクグマ
豪太とユキ、同居してます。
茶グマがユキ、白が豪太です。

今日4月1日、交尾行動が確認されました。
いい雰囲気のようです。

同居は2頭の様子を確認しながら行うので、
同展示場OR別展示場の繰り返しです。
同居シーズンが始まったから、いつも一緒にいるわけでは
ないので、ご了承くださいね。

とりあえず、ユキさんは豪太を投げ飛ばしたりは
していないようです。

あっ!

 キタイワトビ
産卵したんでしょ?

今で何個あるの?

 もはや
わからん。
しかもペアによっては三角関係が出来つつあるっていうし・・・
しかも

 ジェンツーも
産卵始まったって言うし・・・

うーん自分はどうしたらいいんだ。
(別に何かすればどーなることもないくせに)


極めつけは、

 なんか
2頭でいちゃいちゃしてエサ食べてました。
何だこの画像。。



そんなこんなで新年度1日目は終了しました。

エイプリルフールだからといって、画像にウソはありません。
(特に最後)


とりあえず駆け足で紹介してしまいましたが
近日中に一つ一つちゃんとご紹介したいと思います。

にしても。

こんな一日、幸せでした。





※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 |投稿者: | コメント (3)

1年

2019年01月28日 (月)20:19

1月28日ですね。

 ホッキョクグマの
クルミ様が天国に旅立って1年です。
まだ1年だし、もう1年経ったのですね。
27日は、ちょうど1年前
帰りにクルミを見た時間になったとき
あああれがクルミの生きている姿を見た最後の瞬間だったんだと
時計を見ながら思い出していました。


水族館には
 クルミ様へと
お花が届いており、


 受付の
スタッフが水族館のエントランスに置いてくれました。

1月28日朝、クルミの死亡が確認され
その後にはたくさんのお花やお供え物を持ってきていただいたり
届いたり


 これが

全てではありませんが、本当にたくさんの気持ちが届けられました。


現実、いつまでもお花がそのままで
あることはできませんので
献花台をお片付けしなくてはいけません。

添えられていたメッセージカードを読みながら
送り主の方はこんなクルミを見ていたのかなあとか
クルミ様クルミ様って
どんなイメージの色でお花を選んだのだろうとか
一つひとつの贈り物に勝手な想像をし
気づけばすこしにやけながら
ラッピングを外していました。

自分の書いていた記事も
クルミ様の事を知る手段として
少しは役立っていたかなと。

クルミ様がいなかったら
自分はこれを書き続けていることが
できていなかったかもしれない。
ちょっとあんたキャラ付けしすぎよと
言われているかもしれないけど・・・



アレンジメントの水受けのバケツのラッピングを
外していると



ラッピングに覆われていた、クルミへのメッセージが
見つかりました。
反対側にももっとたくさん、気持ちが
込められていました。


ラッピングを外さないまま片付けていたら
私はこれを見つけることができなかった。

もしかしたら、クルミ以外
誰にも知られないかもしれなかった。

クルミだけに向けた言葉だったのだと思います。

本当に、クルミ様のこと
好きでいてくれたんですね。
















改めてクルミ様、ありがとうございました。
また、何等かの形でこの世で会えるでしょうかね。


または、この世のホッキョクグマ界が
よりよいものになっていくよう
見守っていてくださいませ。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 |投稿者: | コメント (1)

見つからないハート

2019年01月25日 (金)17:04

ここ最近
あるものを探してアオリイカの水槽をじ~~っと眺めていますが
全く見つかりません。

 先日
お客様の声に「ハート印のアオリイカがいました!バレンタインの
企画にぜひ♡」という声があったのですが・・・

全く見つけられません。。

写真の個体

 これか?
いや~・・・

 言われてみれば・・・
ハートをさかさにしている・・・ような・・・

違うんじゃないかなー。。

この画像のは、おそらく他の個体に噛まれたあとなんですよね。

アオリイカはけっこう獰猛です。
共食いだってします。

体の大きいものが小さいものを襲うことは当然あるもので
エサもたくさんあげないといけません。

書き込みがあった後から、移動とかはしていないって言ってたし・・・

ヒットするハート模様は、現在のところ見つかっていません。


これは・・・ほら、あれじゃない?心がきれいなヒトしかとかの
やつじゃないか?


さて、そんな水槽では

 産卵が
始まりましたー。

白い房が

 アオリイカの
卵です!


 今は
白い細長い房ですが、日が経つと
くびれがぽこぽことできてきて、4つくらいの部屋ができます。
その中で1匹ずつ、アオリイカが育っていきます。

水槽の中にあるのはつくりものの海藻ですが、野生でも
このような海藻の枝分かれしているところなどに卵を産みつけるそうです。

産みつけたあとのアオリイカは、まったく世話をしない・・・わけでは
ないんですねー。

 ふよふよっと
近づいて・・・

 新鮮な

海水を吹きかけるんです。
または、どんどん卵を産み付けていこともあるので・・・

これはどっちかな?と思って観察していましたら

 左から



 ぐぐっと
こーいう時に映り込んでくるのがアオリイカ界にもいるんだなー・・・



 離れちゃった・・・



 卵、
増えたかな・・・

結局、世話をしに来たのか
産み付けにきたのかわかりませんでした。



写真撮ろうとおもって邪魔しにくるのをよくやるのは

 この人たちです。



アオリイカの卵は2階の海水魚コーナーで見ることができますので
是非ご覧くださいね。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 |投稿者: | コメント (0)

空気読むタコ

2019年01月19日 (土)14:48

訳あって、

 タコを
撮影しに行きました。

現在GAOで展示しているのは「ミズダコ」。
タコ類の中では最大の種で、腕を広げて3メートル、大きいものだと
5メートルを超える場合もあるとか。


今日19日・20日はセンター試験とのことで
これから受験シーズン突入ですね。

タコは英語で「Octopus」そのまま読んで「オクトパス」。

おくとぱす

置くと パスする オクトパス

とゆーことで。
試験にパスするようにとお守りグッズとかが
展開されていたりもしますね。

GAOでも過去にタコグッズコーナー作ったりしてましたし。

昼間、特に明るいとそうそう動き回る種類でもないので、これまでも
写真撮ろうとしても水槽の端の方でじ~~っとしていることが多かったのです。

ですが

 今朝は



 動く!



 動く!

 舞う!!!


 ちょっとどうしたの


 逆に

 自分
何か余計なことした?!と思うくらいに
動く動く。

これは・・・今頑張っている受験生へ捧げる舞だね?!
そうなんだね!!
と解釈し、できました



「おくとパスするお守り画像」!!!
緊張した時はこれを見てちょっとくすっと笑って
リラックスして臨みましょう!!

そういえば
 タコの目って
まじまじ見ると・・・
ヤギみたいだと思いません?

タコは軟体動物ですが、目の構造はヒトのものとよく似ているそうです。
「カメラ目」といい、カメラ同様レンズがあって、見たいもののピントを
調整し、遠近感がわかるようになっているとか。

ひろく物事をとらえることができる目で
問題をしっかりと理解し、回答を導けますようように!



 豪太に
転がされても押されてもかじられても
未だにプールに落ちないこの木は

 落ちない
丸太 ってゆー方向にして売り出してもいいかもしれないな・・・。。


関係ないけど

 出てきた
メモの意味がまったくわかりません。
何か生き物の名前を書きまちがえたんだろなーと思うんですが

魚系だと海の熱帯魚なんでしょうけど

 熱帯魚の中に
サイがいる可笑しさと
1.5mのサイってどーよというのと

一体何を記したのでしょうか・・・


試験用紙を前にしている受験生の方がいる一方
一向に解答が導き出せない己のメモで悩んでいます。



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 |投稿者: | コメント (1)

かぼちゃマンでした

2018年10月09日 (火)13:44

何かやりたくてもなんだかうまくいかなくて
部署が違うところに相談したら
これまで大変だったことがすんなりいっちゃうことって
あると思うんですよ。

さまざまな方面の業種が集まってる水族館で
それはたま~に実例としてあるんですね、はい。

今回はその一例をご紹介します。

数年前
(自分)「それふくらますの、めっちゃ時間かからない?」
(営業のSちゃん)「はい、でもこうするしかないかなーって・・・」
(自分)「・・・大丈夫!」
(数分後)
(営業のSちゃん)「えっ!早っ!!(笑)」

今年
(営業のSちゃん)「〇〇さーん、これ・・・」
(自分)「あーはいはい。(ちょっとにやっ。)」
(営業のSちゃん)「ありがとうございます!」


(展示側バックヤード)
 まずは
現在空気を拝借しても何ら影響のないエアーのバルブを確認します。
本来であればここにチューブをつなげ、あのぽこぽこと
空気が出てくるエアストーンとかをつなげ、水槽に入れます。

そのチューブを

 エアブローに


 つなげておきます。


 なんということでしょう。
あんなに時間のかかっていたエアブローが


 みるみる
間に膨らんで完成★
こうして


 ハッピー
ハロウィーン★
あっという間にエントランスに装飾が完成!
もちろんお化けもおんなじ方法で膨らませましたよ!


というわけで、10月6日に開催した
G☆HALLOWEEN NIGHTの
館内の装飾品はこうして膨らませていました。

今年は台風25号の影響で、7日は終日休館となりました。
台風は過ぎ去っても波が高いのが残るのが海側の特徴ですね。
当日は波高が数メートルあり、海沿いの道も
波がかかっていました。

幸い水族館に影響はありませんでした。
心配してくださった皆様、ありがとうございました。

6日も少々天候に不安がありましたが
ご来館してくださった皆様、ありがとうございました。

 前回
新人スタッフが作っていたのは


 分身豪太の
仮装アイテム!今年は「かぼちゃマン」だったんですね。
首からさげてるカボチャのポシェットがかわいいぞ!


 ハロウィン
ダイブもご覧のとおり満員御礼!

 空から
降りてきたように見えたかな?

閉館間際
 仮装した
分身豪太とはいチーズ!
あ、これ2020年のカレンダーにしよう!

2019年は
 できて
おります。ただいま売店で販売中ですので買ってください~
お願いします~。。(1200円税込)


 たくさんあって
選べないこまち嬢。


閉館間際
 ひょっこりはんが
いた。

「町内の盆踊りで作った衣装なんだけど、1回しか使ってなくて・・・
でもこんなところで役に立つとは思わなかった~」

ストーリー性抜群。


 今年は
豪太のエサのじかん当番でしたので
かぼちゃがぶっの画像がなくてごめんなさい。


 最近は
「去年も来たんだけど、楽しかったから」という方や
これまで作った缶バッジをつけてきてくれる方がいたりで
なんだかうれしいですね♪

天候が悪い中、ご来館いただきまして
本当にありがとうございました!



※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 |投稿者: | コメント (0)

かっちかちなもの

2018年09月26日 (水)13:27

こ、これはああ~!!
秋田県民が熱望してもなかなか手に入れることができず
売り切れが続出したというあの!

9月25日より大手コンビニにて東北6県で復活限定発売の!
 金農パンケーキ
じゃないですかー!!

夏の高校野球、すごかったですね!準優勝の金足農業高校は
9月30日の福井国体にも出場されるとのことで、頑張ってくださいねー!
金農パンケーキ食べて応援しています。


夏の高校野球が終わって季節は秋ですね。

今年の企画展「夏のGAO球場2018」
おかげさまでたくさんのお客様にご来場いただきました。
ありがとうございました。

企画展が終わり、あの部屋では
 ケヅメ
リクガメの展示を始めましたよ。
 カメの
甲羅って、ごつごつ硬いよね。

というわけで、

 かたいもの
集めてみました!

え?水がないじゃないかって?大丈夫!

 脱皮した


 殻なんです。

GAOの中で「かたい」からものを集めてみました。
特に、エビやカニの脱皮したあとの殻はほとんど
そのままの形で残されていますから・・・

今にも動き出しそうだけど・・・。

魚も展示しています。
 こちら
「マツカサウオ」といいます。

どこが硬いなのかというともうすでにお分かりかと思いますが

 ・・・ん?
これ、標本です。
死んでしまったものを乾燥させて、標本にしたものなんですが・・・
さわれるくらい、硬いです。あれ骨?くらい。

マツカサウオのウロコは
 黒縁の
非常に硬いウロコなんです。また、体の大きさに対して
ウロコ1枚が大きいのも特徴です。
確かに、イワシとかのウロコって
小さいですよね。

この硬いウロコで身を守っているんですね。
その名の「マツカサウオ」は、見ためのまつぼっくり感から
来ています。

確かに

 松ぼっくり感
ありますね~。

個人的に一押し・・・というか、見てもらいたいのが

 リクガメのとなり
 カミツキガメ。
実はこのカミツキガメ、過去に捨てられていたものを発見され、
当時GAOに受け入れる水槽があり、保護した個体なんです。

カミツキガメは本来、カナダ~エクアドルに生息していた種です。
ということは外来種はもちろんですが、
「特定外来生物」に指定されている種です。
「特定」とは何なのかというと、
ヒトに大きな危害を及ぼす可能性がある生き物ということです。

カミツキガメは性格は獰猛で、目の前に近づいてきたものには
基本的にかみついてきます。
しかも首が伸びます。そしてヒトの指くらいならば
簡単に切断されてしまいます。

外来という言葉やカミツキガメ自体は、最近テレビでも取り上げられる
ことが多いように感じられますね。
それだけ関心が高まっていることと同時に
国内にいるはずのなかった生き物がヒトの手で増えているという
現実が浮き彫りになってきているわけですが。

カミツキガメの飼育を始めるには、各都道府県に相談したり
環境省に必要な書類を提出し、許可が必要です。
というか、「許可が必要でした」。

現在はというと新規の飼育は基本的にできません。

それまで飼育していたものに限っては、
申請すればそのまま飼育を続けることが
できたのですが・・・。

特定外来に指定されたのが2005年。
指定された後に捨てられたカミツキガメが
発見されることが多くなったそうです。

それまで飼ってた命を
本人たちにとっては全く見ず知らずの世界に放つんです。
許可申請の必要が出てきたから。
申請の有無とは別にこれまでも捨てられたペットは
たくさんいますから、すべてがそうとは言いませんが。

正式な申請をすれば、飼育できたんです。
その「許可申請の必要がある」と何を天秤にかけて
捨てたのかは捨てた本人しかわからないわけですけど。
あ、話が脱線しましたね。

捨てた理由はいろいろあることでしょうが
でもね、カミツキガメは
 かわいい
ですよ。

だからといって容易に飼育する生き物ではないんですよ。

どんな生き物であれ、その生き物を飼育する上で
何が必要か、何をしなければならないかは
よく考えましょう。

そして、捨てるのは絶対にダメです。


ある獣医さんが

飼うと決めた生き物を捨てるのは一番残酷。
飼育すると決めた生き物を捨てるのであれば
自分で殺して自分で食べること。
それが動物を飼育するということです。
と何かの本に書いていました。

残酷ですかね。
自分は、こういう覚悟が
「ペットを飼う」ということなんだと思います。

※このサイト内の画像の無断転用・転載を禁じます。

クリックお願いします→人気ブログランキングへ

カテゴリー:未分類 |投稿者: | コメント (0)

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
月別で記事をみる